水の音、無形の雫

アニメやゲームのレビュー、日常の様々な事象に関する考察など。C86・3日目東P21a

FC2カウンター
プロフィール

Peace-AK

Author:Peace-AK
なんとなく気が向いた時に更新していきます。
連絡はpeaceak.mizuonあっとまーくgmail.comまでお気軽にどうぞ。
『シンシアニメ』もよろしくお願いします。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンクリクリ
OTHERS
検索フォーム
RSSリンクの表示
TOP > おっぱい

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画短評 『プリンセス トヨトミ』   2011.05.31

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画 Tag [おっぱい]

たまには映画の話などしてみるのもよいでしょう。
普段あまり映画館に足を運ぶことがないんですが、久々に観に行った映画がなぜよりにもよってコレなのか、というのは、まあ察してください。

toyotomi.jpg


この作品の一番の見所は、やはり最新鋭のCG技術と緻密な演出を駆使して描かれる綾瀬はるかの乳揺れでしょうか。
近年稀に見る神がかり的な作画でした。
思えば我々は、乳が揺れるという現象に対して少々鈍感になってしまっていたのではないか。
アニメなんかでは、明らかに不自然な揺れ方をしたり、不必要なバストアップであったり、妙なSEが入ったりと、ある種「ネタ」的な描かれ方をすることも多々あります。
そうした「つくられた乳揺れ」ではなく、人間本来が持つポテンシャルが過不足なく表現されていたのがこの作品でした。
必要以上のバストアップがあるわけでもなく、しかし押さえるべきところはしっかりと押さえたカメラワーク、鮮明な揺れを可能とする衣装、なにより、引きのカットでもその存在感を主張してやまない巨乳は、我々の心を、そして股間を熱くさせるでしょう。
自然には逆らわず重力には逆らう、このあたりまえの乳揺れがあたりまえのものとして描かれる奇跡。
股間がスタンディングオベーションしないわけがありません。

他の見どころとしては、綾瀬はるかが便所に行くことによって相手方の不正を見抜くきっかけが出来る、という便所論壇的に有用なシーンがありましたし(お花を摘んだあとの綾瀬はるかの妙にスッキリテカテカした表情も必見!)、また、お好み焼きを食べながら「タマ」だの「スジ」だの卑猥な言葉を連呼したかと思えば、二度漬け禁止の謎の奇妙な液体を付着させた棒状のモノを口元に手繰り寄せつつまたしても「スジ」と発言するなど、女優生命に関わりかねないキワドイ演技にも注目すべきものがあるでしょう。
もちろん、物語の大きな核となる女装男子の存在にも目を向けないわけにはいきません。
まるで「放浪息子」に影響を受けたかのようなクリティカルなキャラクター造形は、どうみてもオレっ娘にしか見えない“プリンセス”との対比によって際立ちます。
作中では、「男か女かは関係ないんだ」といったようなメッセージが強調されており、「キャラクター」という観点からみる男女区別不要論、すなわちtnkがはえているか否かは問題ではない、可愛いかどうかがすべてである、という主張に通じるものがあります。
このあたりの発想は割りとアニメ的な部分があるのではないでしょうか。
(そういえば、プリンセスの飛び蹴りのシーンなんかはアニメでよく見られるような構図で、思わずコマ送りでパンツを確認したくもなります。)

と、いったように、全体的には「大阪全停止ってやりたかっただけやろ」感が拭い去れないガッカリ映画でしたが(!?)、前述の乳揺れ、そして女装男子、この二つの要素が(まさにふたなり的に)絡み合うことで妙なオーラを発していたのも事実でしょう。
(女装男子の「性の揺れ」と乳揺れが掛かっていたはずだ!と個人的に解釈しています。)

テーマ的にはプリンセスは結構どうでもよくて、主に父と息子(あるいは乳と愚息)の絆みたいなものがメインだったので、これから観ようという人はぜひお父さんと一緒に観に行くのがよいでしょう。
そして、帰り道、父とともに乳の話で盛り上がる(話題も、股間も)のがよろしいかと思います。


以上。










スポンサーサイト

今期終了アニメの評価をしてみないかい?10・破   2010.11.04



前々回の記事の続きです。
早めにアップすると言っておきながらこの体たらく。
如何せんリア充なもので(^^

嘘だけど。


というわけで早速ぼそぼそと語っていきましょう。
細けぇことは前々回の記事並びに主催者様のページを参照しやがってください。



『ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人』様
今期(9月終了アニメ)を評価してみないかい?10






・ストライクウィッチーズ2

EMT1.jpg


ストーリー:2
キャラクター性:5
画:4
演出:2
音楽:2
総合的な評価:3

総得点:18



劇場映画化が決定したそうで。
普通のアニメ映画扱いになるのかそれとも∨シネマ扱いになるのかが気になりもしますよね。
最大の焦点はやはり映画館で上映されるのが乳首の見えるバージョンなのか否かでしょうか。

この夏に放映されたテレビアニメ二期では、「パンツじゃないから恥ずかしくない」に続いて何か新たに恥ずかしくない部分が出てくるのではないかと期待しておりましたが、結局パンツ以外の部分を見せるのは恥ずかしかったようですね。
ストパンという作品はそのあたりが非常に残念というか、今一歩踏み込み切れていない感じがします。
そういった意味で「演出」の点数は低めにしてあります。

あとどうでもいいですがウィッチたちはいい加減「パンツじゃなくてもイヤラシイ目で見られる」ということを自覚した方がよいのではないでしょうか。

あと、エーリカマジ天使。





・会長はメイド様!

2010730100024.jpg


ストーリー:4
キャラクター性:3
画:3
演出:2
音楽:2
総合的な評価:3

総得点:17



原作のファンなので割りと期待していましたが、特にこれといった面白みもなく、かと言って面白くないと切り捨てるほどでもなく、良くも悪くも「普通」な作品になりました。

もっとも、考え得る限り最良の締め方で最終回を迎えたので、シリーズ構成は巧みな方だったのでしょう。
原作の物語がまだ続いている中で、「途中で切るならここしかない」というベストな位置でのラストでした。
そういった点を評価して「ストーリー」は高めの点数に。

また、会長の腋描写は素晴らしいものがありました。
ハリ、ツヤ、共に申し分なく、相応のエロさも兼ね備えた腋は、まさしく「会長腋メイド様」と呼ぶに相応しいものでした。
間違いなく前期腋アニメ枠の一角を占めていましたね。
(俺は常々「腋巫女がいるんだから腋メイドもいるべきだ」と思っていたんですよ!)





・みつどもえ

nyou1.jpg


ストーリー:1
キャラクター性:4
画:2
演出:1
音楽:1
総合的な評価:2

総得点:11



下品さの演出に失敗していた感が強い作品でした。
一体なぜこんなに面白くなかったのか自分でもよく分からないぐらい決定的に何かが間違っていた感じがします。
演出なのかそれとも脚本なのか。

もっとも、パンツ描写、及びおしっこ描写(作中では“おしっこ”ではなく飽くまで“尿”)に関しては一定の評価をしてもいいかもしれません。
パンツにしろおしっこにしろ「はいているパンツ(≒パンチラ)」や「お漏らし」ではなく、脱いだあと(あるいは穿く前)の状態、あるいは出したあとのおしっこ(検尿)、即ち「物質そのものであれば恥ずかしくない」というスタイルが選択されました。
このこと自体は近年では特に珍しくはありませんが、それに加えて「外部の人間に柄などを語らせる」という手法も採り入れられていたことは特筆しておいてよいかもしれません。

まあ、何れにせよ期待していたほどのものは出て来なかったというのが率直な感想であります。





・あそびにいくヨ!

asoiku1.jpg


ストーリー:3
キャラクター性:3
画:4
演出:4
音楽:3
総合的な評価:4

総得点:21



第一話だけを見たら前期で最も優れた作品でした。
「主人公の周りが全員工作員」という設定の面白さが突出していただけに、二話で早々にバレバレユカイしてしまったのは少し焦りすぎた感があります。
しかしそれを差し引いても、濃ゆいキャラクターと設定を生かした物語構成は中々に良かったのではないでしょうか。

ディープなパロディネタやミリタリーネタなど、ハマる人にはドハマりするような印象でした。
逆に、ネタが細かすぎる反動で「伝わらない」人にはただのエロコメアニメにしか映らなかったかもしれません。

また、狂ったようなパンツ描写もいくつか見受けられ、例えば物質を消滅させる銃(あれ何て名前だったか忘れましたが)を使っての半裸同士の撃ち合いなどは中々に壮観でした。
そういった点もそれなりに評価できるでしょう。

後半の超展開も含め、二話~四話あたりを見て思っていたよりは良いクソアニメでした。






以上が各作品の評価です。
続いて個別の賞の授賞式です。


ベストキャラクター賞:宮本麗(学園黙示録)

16_20100811033028.jpg

オカルト学院勢がかなりのツワモノ揃いでどうしようか迷ったんですが昨今珍しいビッチ系ヒロインの王道ということで麗ちゃんにしました。
こんなエロビッチかわいい女の子に生きるための手段としてビジネスライクにコキ使われたいという願望は誰しもが持っていることでしょう。

また、同じパンツを何日もはき回すその姿に、我々は多くの勇気と希望を貰いましたよね。
ゾンビたちとの熾烈な戦いを潜り抜けてきたパンツも含めての選出です。





ベストOP賞:Utauyo!!MIRACLE(けいおん!!)

こういうところであんまりけいおん!!の名前を出したくないというひねくれた性根の持ち主でありますが、ここは素直に評価しておこうと思います。

けいおんの楽曲は劇中歌はいかにもそのへんのJKが作ってそうな感じを表現していましたがOPやEDの曲はおよそJKが作曲、演奏するには不釣合いな感じがして、そのあたりの対比が面白かったですね。
パンツに例えるなら劇中は普通の白パンなのに対してOPとEDでは黒レースの大人パンツをはいていた的な。





ベストED賞:蒼い春(生徒会役員共)

最初に聴いた時は思わずAngelaどないしたんやと心配になりもしましたが、聴いてるうちに段々いつものAngelaっぽく聴こえてくるあたりが面白かったと思います。
パンツに例えるなら「へぇ、蒼も意外と似合うんだね」的な。





ベスト声優賞・男性:子安武人

オカルト学院での「JK」のインパクトで選出しました。
恐らく他の誰にもあの役は出来なかったであろうし、ベテラン・子安だからこそあそこまで酷い個性的なキャラクターを演じきることが出来たのでしょう。





ベスト声優賞・女性:沢城みゆき

「濡れるッ!」の一言で選出。
ああ、いや、ストパンでのペリ犬さんの変態演技もよかったと思いますよ!







と、いったあたりで締めです。
最後の方すごいグダグダになってる感じもしますがたぶん気のせいです。
>ピッコロさん集計よろしくお願いします。

次回からは新連載:ゼロ年代のガラパゴス化するポストモダンにおけるドラマツルギーの形而上学的な想像力に関する考察が始まります。


嘘だけど。





にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。