水の音、無形の雫

アニメやゲームのレビュー、日常の様々な事象に関する考察など。C86・3日目東P21a

FC2カウンター
プロフィール

Peace-AK

Author:Peace-AK
なんとなく気が向いた時に更新していきます。
連絡はpeaceak.mizuonあっとまーくgmail.comまでお気軽にどうぞ。
『シンシアニメ』もよろしくお願いします。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンクリクリ
OTHERS
検索フォーム
RSSリンクの表示
TOP > サカナちゃん帰ってきて……

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STAR DRIVERとCLANNADを接続するための電波   2010.12.14



日曜の夕方5時という極めて健康的な時間帯に放映されている深夜アニメ「STAR DRIVER 輝きのタクト」と、2007年から2009年にかけて放映された「CLANNAD/CLANNAD AS」を繋げてみようという話です。

std1_20101214034328.jpg


ことの発端は第10話、「野球」の回でした。
(いや、伏線はもっと前からあったのですがそれは後ほど)

std2_20101214034328.jpg

std3_20101214034327.jpg


この、男女が集団で棒やタマを弄り回す(しかも野外で)という性交類似行為を、不当に賛美しまたは誇張するように描写すること自体は、最近のアニメ作品では「バンド」と並ぶ鉄板イベントとして定着しています。
(例えば直近では「イカ娘」なんかでも原作では「バドミントン」であったのを改変してまで描かれましたし、京アニで言えば「ハルヒ」の時点で既に描かれていましたよね。確かに、魅力的な青少年が棒やタマを巧みに操って手慰みする様は壮観なものがあります。)

件の「CLANNAD」においては、第二期の一話などで描かれました。

cra1.jpg


もちろん、棒やタマを集団で弄り回すエクストリームスポーツが描かれた程度で「CLANNAD」との繋がりを指摘してまうのは早漏、もとい、尚早というものでしょう。
我々はもっと以前の伏線、すなわち「演劇部」の方にも目を向けなければなりません。

std14.jpg

std15.jpg


タクト様が入部した「演劇部」が、まさか「CLANNAD」における「演劇部」と繋がっているなどとは当初は思いもしませんでしたし、「野球」「演劇部」というたった二つのキーワードだけでこれらの作品を繋げてしまうのは少々強引にすぎるでしょう。

しかし、今週放映の第11話において、我々はとんでもない光景を目の当たりにします。
そう、スガタ君の「一人芝居」ですね。

std4.jpg

std5.jpg


この「一人芝居」描写に、我々はCLANNAD第一期のラストで描かれた「渚の一人芝居」を幻視せずにはいられません。

cra2.jpg
(※両作品における「演劇」とは「艶劇」であり、「一人芝居」とは「一人性交類似行為」の隠喩に他ならないなどという意味のよく分からない指摘は今は黙殺します)


「スガタの一人芝居=渚の一人芝居」というラインが浮かび上がることによって、ついに我々は「スタドラ―クラナド」という繋がりを明確に意識することとなるのです。

そうなってくると、\綺羅星☆/は言わずもがな、そも作品全体の象徴でもあり、タクト様のTシャツにも描かれている「☆」なんかは

st2.jpg


実は「星」ではなく「ヒトデ」なのではないかと疑いの眼差しを向けてしまいもするでしょう。

cra3.jpg


また、スタドラにおける「ゼロ時間」および「サイバディ」の存在を、CLANNADでの「幻想世界」と「ガラクタ人形」に見間違える視聴者が出てきたとしても何ら不思議ではありません。

std7.jpg

cra4.jpg


目下のところの問題としてはやはり、「団子」がいつ出てくるのか、といったあたりでしょうか。

cra5.jpg


今のところはゼロ時間を漂う「球体桟敷」であったり

std8.jpg


サカナちゃんやヘッドが口に含んではペロペロしていた飴(のような何か)だとか

std9.jpg


あるいは、「銀河美少年」という最重要キーワードを考えると、そもそもこの作品では「団子」が「男子」に置き換えられている、という指摘もあるかもしれません。

std10.jpg


今日もやられやく――『STAR DRIVER 輝きのタクト』変身バンクシーンでタクトの玉袋っぽいのが見えてるんだけど

798.jpg

(個人的な予想としては今後もっと的確な形で「団子」描写がなされるのではないかと思っておりますが。)


何れにせよ、こうして「CLANNAD」という文脈を重ねることで、これまで我々が見てきたものとは別のシナリオが見えてくる可能性は決して否定できません。――例えば、CLANNADはあるベクトルに向けた性的な読解が可能であり、CLANNADと繋がっているスタドラも同様のベクトルで解釈することが可能、といったストーリーも既に用意は出来ているわけですが、そこを語ろうとすると今度はCLANNADを一から語らなければならなくなるため、今は割愛しておきます――CLANNADとスタドラの接続から何を見出すか、ここから先は読者諸兄の手に委ねておきますが、個人的にはやはり、団子の登場とともに、タクト様による「フラグ三本折り」なんかにも期待しつつ、2クール目も楽しみにしたく思います。

std11.jpg

std12.jpg

std13.jpg


以上、誰がみても一つの解釈しか出来ないであろうアニメ作品のレビューでした。





にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。