水の音、無形の雫

アニメやゲームのレビュー、日常の様々な事象に関する考察など。C86・3日目東P21a

FC2カウンター
プロフィール

Peace-AK

Author:Peace-AK
なんとなく気が向いた時に更新していきます。
連絡はpeaceak.mizuonあっとまーくgmail.comまでお気軽にどうぞ。
『シンシアニメ』もよろしくお願いします。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンクリクリ
OTHERS
検索フォーム
RSSリンクの表示
TOP > ユミナは俺の嫁

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

濃密なおしっこ描写に感動の嵐が吹き荒れる『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第八話』   2010.02.28

感動した!


もう既に多くの同志によって語られてもいますが、この感動を少しでも多くの人に伝えたい、少しでも議論の発展に寄与したい、そんな思いから遅まきながら筆を取らせていただいた次第であります。


トップ





“電話のためにおしっこを我慢する”というのは何だか“トイレにまで携帯を持ち込む”と言われる昨今の若者の“携帯依存”に対する皮肉か何かかなぁ、などということを思ったとか思わなかったとか、そんな空前のおしっこ回として各地で話題沸騰、“ソ・ラ・ノ・ヲ・ト”第八話でございます。


正直、おしっこが何だとか、アヘ顔がなんだとか、セリフがなんだ、なんて話は既に至るところで語られ尽くされているわけですが、しかし、それでも尚、俺はこの感動を文章としてしたため、記録に残さずには居れません。
例えば俺が死んだ時、遺品整理の中からこの文章を保存したデータが発見されたならば、もしかしたら一族の恥だとか、こんな変態と一緒の墓には入りたくないだとか、そういった誹りを受けるやもしれませんが、それを思って尚、書かずには居れないのです。



だっておしっこが好きなんだもの



30分丸々を“おしっこ”に費やしたこの第八話。
先ずは巧妙な伏線の張り方に感服します。

何たらかんたらニン任務のために電話に張り付かなければならないという“状況”の提示。

s5



第1121小隊の面々が次々と舞台を降りることにより生じる“責任”の加圧。

s6



「手が離せない時に限って客が来る」という“物語的に極めて自然な形”での“水分”の摂取。

s7




これだけの条件が整えばこそ、不自然にならず、必然性をもっておしっこを我慢させることが出来るわけですね。


そして、こうした伏線を最大限に活用しつつ、非常に優れた“おしっこ演出”が施されます。

例えば、カナタの“尿意”に見事に呼応する形で降ってきた雨の一雫。


s9



最初の一滴(=初期尿意)が、やがて大きな雨音(=ヲシッコノヲト)へと変遷するその様は、これからカナタの身に起こり得るステキ体験を明確に暗示しています。

加えて、“洗濯物が濡れる”ということは、つまるところ“パンツが濡れる”ということを示唆しているわけですから、これもまた、カナタの身に起こるであろうワンダホー体験を明に暗に予言しているのでしょう。


s10

s13



また、ド変態神父によって作られた“糸電話”や、今にも千切れんばかりに延ばされた黒電話のコードは言うまでもなく“緊張の糸”を表現していますし


s11

s14

s15



バケツに水を滴らせるという描写は、もしかしたらそこが“簡易トイレ”として機能するのではないかという期待を我々に抱かせます。


s12




このあたりの描写は実に秀逸でした。

もちろん、アバンからも既に描かれていた、カナタの頬を伝う“汗や涙の雫”にしても


s3

s4


おしっこの代わりに分泌された“代替液”であることはもはや指摘するまでもありませんし、これ見よがしに配置された“空きビン”や、我々の期待通り、カナタ自身も一度は着目した“バケツ”の存在などは


s16

s17

s18


思わず我々の身を乗り出させるのに十分な役割を果たしていました。


そして極めつけが最後の“放尿シーン”です。

我慢が限界を極め、ついにダムが決壊したかと思われたその瞬間


s19



「BK201の星が…消えた…?」






感動した!


未だかつて、これほどまでに美しく、鮮烈なおしっこアニメがあったでしょうか。
一級認定おしっこソムリエを自称する俺は正直、涙を流さずにはいられませんでした。
(あ、もちろん、30分間我慢してたおしっこはちゃんとトイレでしましたよ?)




と、ここまでが簡単なおしっこレビューでしたが、実を言うと本当に大事なのはここからなんです。

この第八話で最も重要なポイントは、“おしっこ”は性描写ではないというところにあります。


規制だ何だと色々言われている昨今、様々な媒体が“性描写”というものに関して非常にナイーブになっています。
当ブログでも以前取り上げた“聖痕のクェイサー”なんかは、規制を気にするあまり地上波版では“全くの別物”を作らなければならない事態に陥っていたりします。

こうした状況の中、クリエイターの方々は様々な視点・解釈・演出によってパンツや全裸を描き、我々に“性”という悦びを提示して下さっているわけですが、そういった“隠し性描写”の一つとして、“おしっこ”というギミックが如何に優れているのか、その重要性に改めて気付かされました。

つまり、簡潔に言うと


生理現象だから恥ずかしくないもん!


これです。

何度も言いますが“おしっこ”は決して性描写ではありません。
イヤラシイ目で見る方がおかしい。

ですから、どれだけ真正面から描こうとも、規制や修正などとは無関係な要素なんですね。

このソ・ラ・ノ・ヲ・ト第八話で描かれたのは、“エロス”や“萌え”でもなければ変なフェティシズムでもない、ましてや吉野弘幸の個人的な異常性癖でもありません。

ここで描かれたのは生きるために必要なことそれ以上でもそれ以下でもなく、そうした大切なことを一切のオブラートに包むことなくしっかりと描ききった制作陣に、俺は心からの拍手と賛美を惜しみません。


そしてもちろん、地球上の大半の生物にとって欠かすことの出来ない生理現象なわけですから


アヘ



これは断じて“アヘ顔”などではありませんし、また、「らめえええええええええええ」という台詞も決して性的な意味ではあり得ません。

どこにも性の要素など含まれていないのです。



もっとも、本来の意図とは違った解釈をするのは視聴者の自由ですから、人間が生きるために必要な生理現象を我慢している場面も


s1

s2



「これはパンツの中にローターを仕込んでいるに違いない!」などと想像を膨らませ股間を膨らませたとしても、それこそ誰にも咎められる筋合いなどないでしょう。






と言ったあたりで本日は締めさせていただきます。
ありがとうございました。

ちなみにですが、俺が一番おしっこを飲みたいキャラはユミナさんです。

ユミナ


俺もユミナさんにこんな顔で叱られたりしたいものです。

あるいは、限界までおしっこを我慢してるところを

ノエル


ノエルちゃんみたいな表情で見下されたりするのも一興かもしれませんね。


では。ノシ









スポンサーサイト
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。