水の音、無形の雫

アニメやゲームのレビュー、日常の様々な事象に関する考察など。C86・3日目東P21a

FC2カウンター
プロフィール

Peace-AK

Author:Peace-AK
なんとなく気が向いた時に更新していきます。
連絡はpeaceak.mizuonあっとまーくgmail.comまでお気軽にどうぞ。
『シンシアニメ』もよろしくお願いします。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンクリクリ
OTHERS
検索フォーム
RSSリンクの表示
TOP > 天使ちゃんマジTENGA

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死んだ世界のレクイエム~あるいはBLや百合のコト~『Angel Beats! 最終話』   2010.06.29



先日無事に(?)最終回を迎えましたAngel Beats!でございます。


10_20100629184420.jpg



最初から最後まで賛否両論な作品でしたね。
個人的には作品云々よりもむしろ各地で行われる議論を眺めているのが楽しかったり。


まあ何はともあれ、最終回の卒業式まで残っていたのが、音無×直井×日向というガチホモ戦線、及びゆりっぺ×天使ちゃんというガチユリ戦線の5人であったというのは極めて象徴的だったのではないでしょうか。

この作品では、物語開始当初から既に濃厚なBL描写がなされていましたが

3_20100425185819.jpg

やっぱりガチホモアニメでした『Angel Beats! 第2話~第4話』



終盤になると、ゆりっぺから天使ちゃんへの“デレ”が覚醒し、この作品がBLだけでなく“百合”も視野に入れた作品であることが明らかになりました。


12-0.jpg

「もしかしたら、もっと仲良くヤッていられたかもしれない。女の子同士なんだから」



もっとも、今となっては「ゆりっぺ=百合っぺ」というあからさまなミーニングにもっと早くに気付いておくべきでしたし、物語の最序盤において、この作品はNPC(ノンケ・プレイヤー・キャラ)ではない人物たちの物語だと示されていたわけですから、もはや百合だのBLだのといった指摘も遅きに失した感は拭えません。

ですので、今回は、作品全体を通してのBL/百合表現については一先ず保留して、最終回における物語の解読に終始したく思います。


この最終回では、ほぼ一話丸々使って“卒業式”が描かれました。


1_20100629184400.jpg



“卒業式”というのは間違いなく「何かしらの穴の処女からの卒業」を指しているのでしょう。
そうでなければ話の辻褄が合いません。

既に性的関係を持っていた音無×日向はともかく、そこに直井が参加したこと、また、卒業式自体が天使ちゃんの発案であることから、その時点ではまだ百合戦線及び直井は“処女”であったことが伺えます。

天使ちゃんが最後に望んだのが「処女からの卒業」であり、また、百合っぺや直井も同様の思いを持っていたわけですね。


2_20100629184400.jpg

3_20100629184400.jpg



また、成仏とはつまり性的なエクスタシーの隠喩であることは明らかですから、日向が言った「奏ちゃん残して先にイクなよ。俺がイクって」という紳士的なセリフや

6_20100629184359.jpg



「お前がいなかったらこんな終わりは(エクスタシー)は迎えられなかったアッー」というセリフにも合点がいきますし

7_20100629184420.jpg



無事に処女を卒業した直井に対する

4_20100629184400.jpg


「もうイケ」という音無の発言にも素直に頷けます。


この、「成仏=エクスタシー」というメタファーは、第12話において、ガルデモメンバーによる


12-1.jpg

「私たちは“そういう”グループだ」という、このバンドが百合サークルであった旨の告白とともに


12-2.jpg

「私たちはもうイク」と、絶頂に達する際の宣言によって裏付けられていました。


百合っぺが成仏する際の、天使ちゃんに対する「もっと色んなこと(プレイ)が出来たのにね…」との変態発言には多くの人が涙をのんだことでしょう。

5_20100629184400.jpg




方々で様々な議論が交わされているラストシーンにおいては、「自分は音無の心臓をもらった」という天使ちゃんの告白がありましたが、これは天使ちゃんからの「自分は“男”の心臓を持っている=自分は“男役”である」という主張、つまり、自分こそが“攻め”の側なのだというアピールと見て間違いないですよね。

8_20100629184420.jpg



そしてその際、音無は日向というボーイフレンドを差し置いて、あろうことか天使ちゃんへ向けて死んだ世界の中心で愛を叫ぶなどしたわけですが、「現世において自分がセクシャルマイノリティであるのは耐えられない」という複雑な心情を鑑みれば、何ら不思議なことではないと言えるでしょう。
(我々の住む現実世界においても同性愛者同士で結婚生活を送っている人は結構いますが、そうした仮初の夫婦生活を行ないながら、同性愛が受け入れられる“死後の世界”でガチムチライフを送りたいと思ってしまう気持ちは推して知るべきなのでありましょう)

9_20100629184420.jpg



NPC(ノンケ・プレイヤー・キャラ)ではない主人公たち、彼らが生前受けた「理不尽」とはつまり、セクシャルマイノリティであるが故の差別や偏見に他なりません。

そうした事実を受け入れ、自分の気持ちに素直になり、エクスタシーに達した者から成仏していくのです。

だーまえ先生の本職はエロゲのシナリオライターなわけですから、「性的絶頂で成仏」というまさしくエロゲの設定と呼ぶに相応しい世界観も決して不自然ではありませんし、そこにガチホモやガチユリといったある種のタブーを盛り込んだ構成を俺は高く評価したいと思います。




と、いったあたりで、以上が最終回レビューでしたが、最後に、この作品全体を通して気付いたことを一つ。

この作品は、大雑把に言えば「現世に未練を残して死んだ者たち」の物語なわけですが、これって要するに所謂「地縛霊」なのではなかろうかと。
ゆりっぺなんかは下手したら怨霊の類になっててもおかしくないですよね。

そう気付いた時、我々はもしかしたら物凄くホラーな作品を見せられていたのではないかと思えてきたのです。


――誰もいないはずの体育館で鳴り響くバンド演奏


――謎の地下壕から聞こえる断末魔の悲鳴


――夜な夜な校舎に現れる斧を持った怪人


――宙を浮遊する竹ぼうき


そして――この話を聞いたあなたの元にも……



「お前の心臓をよこせぇぇぇぇぇ」



以上、お疲れ様でした。










スポンサーサイト
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。