水の音、無形の雫

アニメやゲームのレビュー、日常の様々な事象に関する考察など。C86・3日目東P21a

FC2カウンター
プロフィール

Peace-AK

Author:Peace-AK
なんとなく気が向いた時に更新していきます。
連絡はpeaceak.mizuonあっとまーくgmail.comまでお気軽にどうぞ。
『シンシアニメ』もよろしくお願いします。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンクリクリ
OTHERS
検索フォーム
RSSリンクの表示
TOP > 聖地巡礼

『夏待ち』性痴巡礼ツアー   2012.04.25

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック Tag [夏待ち] [聖地巡礼]

パンツ問題も記憶に新しい『あの夏で待ってる』の聖地、長野県は小諸市へ巡礼に行って参りました。
最初に海人くんがイチカ先輩に衝突(隠語)された例のダムとか

001.jpg

002.jpg


同じく第一話でイチカ先輩が釣り(隠語)をしていた川とか

003.jpg


哲朗が柑菜ちゃんへの思いを伝えて玉砕したところをストーキングしていた美桜に拘束された展望台とか

004.jpg

005.jpg


そこの便所とか

006.jpg

007.jpg


まあいろいろ周りました。
軽井沢にも行きましたが、かなり寒かったので今の時期に全裸で訪れるのはあまりオススメできません。

008.jpg

009.jpg

010.jpg

011.jpg

012.jpg


小諸というところは思っていた以上にド田舎で、「夜這い」の風習が残っていてもぜんぜん不思議ではなくて、だから美桜は裸族なのだ(常に受け入れ態勢を整えている)と得心がいきましたし、実際に現地の女学生なんかも田舎特有の「娯楽がセックスしかないから毎日セックス三昧」感が非常に濃くて、きっとあの子たちもいつでも準備オッケー、つまり美桜と同じくパンツはいてないんだろうなぁ、などということを、一緒に行っていた知人が考えていそうだったのでサイテーだなと思いました。
そうした中、次の日に訪れた東京での知人との対談で、キュアピースさんのセックスがよく分からないという話になりました。確かに、他の四人と比べて、キュアピースさんのセックスは見ていてもよく分かりません。(頭部が亀頭である以上、そもそも入れる側なのか入れられる側なのかというのも判然としませんよね)
そのあたりの話を進めるためにも、まずは第十二話までに判明している限りでの他の四人のセックスを整理しておきましょう。

・キュアハッピー=キメセク
肉体的な欲求に忠実で貪欲だがテクニックは皆無。自分が気持ちよければそれでいいし相手もそうだと思っている。常時キマっているのでちょっと怖い。テクノブレイクの危険と常に隣り合わせ。「来たらすぐいる?」
主な喘ぎ声:「おほぉぉぉぉぉおおおおおおおお!!」

・キュアサニー=床上手な処女
なんだかんだで恥ずかしがり屋だったり奥手だったりいかにも童貞が好きそうなタイプ。熱心に奉仕してくれるが、後がめんどくさい。典型的なエロゲみたいなセックスがしたい人にオススメ。初体験でも五回はイキます☆
主な喘ぎ声:「あかんあかん!これあかんやつやん!」

・キュアマーチ=実利主義
セックスとは子供をつくるための行為なので快楽は不要。痛くても気合いで我慢。産めや増やせや。中出しじゃなければ意味が無い。生理周期を完璧に把握してここぞというときに仕込む。セックス=結婚/養育だと思ったほうがよい。面倒なので腋毛は剃らない。
主な喘ぎ声:「バッチコイオラァアアアァァアアア!!」

・キュアビューティ=下品
五人の中で最も下品で卑猥。陰毛も腋毛もわざとボーボーに生やしているし、もちろんシャワーも浴びない。ビューティーというよりはビースト。美女が野獣。サディストの気があるので、彼女より先にイッてしまうときつい折檻をされます。それでまたイッてしまうのでさらに厳しく折檻されます。ただし決して女王様というわけではなく、それが快楽に繋がるのであれば受けに回ることも辞さない。
主な喘ぎ声:「……小っさ(嘲笑)」


というように、キュアピースさん以外の四人は割りと分かりやすいですよね。
とりあえずはそうですね、キュアピースさんと他の誰かのセックスが被っていることはない、という前提は必要でしょうか。なぜなら彼女の持つ亀頭は「被っていない」からです。
また、「蟲回」における反応、すなわち「身体が小さくなった状態で昆虫類(相対的に巨大生物と化している)を見ても平気でいられる精神」を鑑みると、マーチさんのような現実主義的な思考ではなく、ハッピーさんのような狂人寄りであることが分かります。
「あざとい」というワードも重要になるでしょう。あの「あざとさ」が計算なのか天然なのかという議論も必要かもしれませんが、どちらであれ、少なくとも「異性を惹きつける能力」には長けていることが伺えます。
加えて、「エイプリルフール」での短絡的な思考回路や、戦闘前に毎回「野球拳」を行なっている姿など見ると、刹那的な快楽主義者であると言えるでしょうし、絵/漫画を趣味としていたり、「ヒーロー願望」という点からは、妄想癖をこじらせたタイプの中二病患者であることも分かるでしょう。
以上のことから、キュアピースさんのセックスは次のようなものだと判断します。

・キュアピース=ワリキリ・シチュエイションセックス
特に後ぐされなく割り切った関係で楽しむ、娯楽の一環としてのセックス。娯楽であることが重要なので、シチュエイションには一定のこだわりがある。というか、全体的なシチュエイションの過程としてセックスが含まれている。なので男にとっては結構めんどくさい面もある。その日の気分に応じてアクセサリー感覚で男を取り替える。自分がまわりからビッチだと思われることに自覚がないが、他人のビッチには厳しい。実際には、男たちから「ちょっとめんどくさいけど割りと簡単にヤレる女」ぐらいにしか思われていないことに本人は気づいていない。五人の中で風俗またはAVに落とされる可能性が一番高い。
主な喘ぎ声:「ゲソオオオォォォォオオオオオ!!」


以上、スマイルプリキュアにおけるセックスの考察でした。





にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



「あの花」性痴巡礼ツアー   2011.07.20

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック Tag [あの花] [聖地巡礼]

埼玉県の恥部もとい秩父へ「あの花」の巡礼に行ってきたので、その一部始終を赤裸々に書き綴ります。

SH3E0037.jpg


池袋から西武特急に揺られること1時間20分。西武秩父駅へとたどり着きます。

SH3E0036.jpg

SH3E0035.jpg


駅舎のレトロ感に反して、近代的と言える便所でした。
ここから、「御花畑」というきわめて示唆的な名称の駅へと向かい、いよいよ巡礼開始です。

SH3E0038.jpg

SH3E0039.jpg


なかなか面白い形の便器ですよね。
都会ではあまり見られないモデルです。

基本的にこの駅からの線路沿いが巡礼コースになります。
例の踏切とか

SH3E0040.jpg


秩父神社を経て

SH3E0046.jpg


1話でめんまが冊の上に立って歩いてたあの線路沿いの道を進みます。

SH3E0047.jpg

SH3E0050.jpg


そういえば、人気絶頂の声優アイドル平野綾さんもお越しになっていたようです。

SH3E0041.jpg


また、夏コミで刊行される「シンシアニメ」の宣伝もなされていました。

SH3E0049.jpg


そして絶対に忘れてはならないのが、線路の反対側に悠然とそびえ建つ公衆便所です。

SH3E0051.jpg


聖地と呼ぶにふさわしい立派な外観でした。
めんまやあなるもきっとここでおしっこをしていたに違いありません。
つるこはゆきあつでオナニーしていました。

しばらく行くと、8話で出てきた公園がありました。

SH3E0052.jpg


その公園の公衆便所も、劣化は隠せないものの立派な外観でした。

SH3E0053.jpg


ここでもきっと、めんまやあなるがおしっこしたり、つるこがゆきあつオナニーしていたことでしょう。
彼女らが幼女の頃には汚れもなくきれいな状態だったのだと思われます。
幼女が大人になってしまうことで劣化するのと同じように、便所もまた、時代とともに寂れていくのだと考えると、切ない気持ちになりますよね。

そのあとも色々ありましたが、ワンカットだけしか使われてないようなところだったり、あんまり覚えてないようなところばかりだったのでサクっと飛ばして、この巡礼ツアーのメインイベント、「あの花」の象徴とも言える秩父大橋

SH3E0056.jpg


の側にある公衆便所です。

SH3E0058.jpg


あの日見た公衆便所の眼前に咲き乱れる花の名前を僕達はまだ知らない。
白塗りの壁とレンガ調の三角屋根が、モダンでありながらどこか昭和的な雰囲気も漂わせる、情緒溢れる優れた建築美です。
すぐ隣にお地蔵さんの社が建っているのも面白い。
恐らくここには「トイレの仏様」がいらっしゃるでしょうし、ここでめんまやあなるがおしっこをしたり、つるこがゆきニーしていたのだと思うと、何か神々しい後光のようなものも見えてくるでしょう。

そうした光景を経て、ツアーはいよいよ佳境、秩父礼所十七番へと向かいます。
9話であなるとゆきあつが相互オナニーしているのをつるこが目撃したトンネルを潜りつつ

SH3E0060.jpg


OPでゆきあつがしぃしぃレモンを飲んでいる定林寺へとたどり着きます。

SH3E0062.jpg


そしてその公衆便所。

SH3E0063.jpg


お寺にふさわしく、木材を基調とした外観でした。
和風の白い土塗りを意識した壁パネルや木枠とは対照的に、打放しコンクリートの腰壁が近代的な力強さも感じさせ、めんまやあなるがここでおしっこをしたり、つるこが毎日ゆきニーしていたという事実も相まって、とても幻想的かつ離れがたい引力を持っていました。
この周辺にじんたんやあなるたちの実家のモデルとなった民家が点在しますが、この公衆便所こそが旅の締めとして最適な場所であると思われるので、これから巡礼される方はここを最後のチェックポイントにすることをおすすめします。
ここでシンシレモンを飲んでCCするわけです。


といったような感じで、簡単にですが秩父巡礼ツアーの様子を振り返りました。
秩父という町は、緑も多く、空気もきれいで、女子小学生や中学生の発育が妙によかったり、部活帰りの女子中学生の泥まみれの靴下が大変けしからんかったりなど、なかなかによい町でありました。
機会がある方はぜひ一度訪れてみてください。
きっとそこには、あなただけが感じられる「あの花」ないし公衆便所が広がっていることでしょう。

以上。



余談1:浄化槽の清掃業者とバキュームカーを発見しました。

SH3E0059.jpg

このバキュームカーの存在は、秩父の町に浄化槽のみならずボットン便所が存在しているかもしれない事実をも示唆していますし、もしかしたらめんまやあなるのおしっこやうんこもバキュームしていたかもしれません。


余談2:ついでというか、渋谷パルコのノイタミナショップにも行ってきました。

SH3E0065.jpg

あなるの匂いつきではなかったみたいなのでクンカはしてません。






にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
«  | HOME |  »