水の音、無形の雫

アニメやゲームのレビュー、日常の様々な事象に関する考察など。C86・3日目東P21a

FC2カウンター
プロフィール

Peace-AK

Author:Peace-AK
なんとなく気が向いた時に更新していきます。
連絡はpeaceak.mizuonあっとまーくgmail.comまでお気軽にどうぞ。
『シンシアニメ』もよろしくお願いします。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンクリクリ
OTHERS
検索フォーム
RSSリンクの表示
TOP > TKは俺の嫁

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりガチホモアニメでした『Angel Beats! 第2話~第4話』   2010.04.25



本日はAngel Beats!のお話でございます。


15_20100425185908.jpg



さて、様々な、本当に様々な意見/評価がなされているこの作品ですが、例えば最新第4話における“野球”というギミックを取り上げて

18_20100425185908.jpg

8_20100425185846.jpg


“団長”ゆりっぺのキャラクター性やその理不尽な要求の仕方を並べ立てた上で「これは“涼宮ハルヒの憂鬱”のパクリインスパイアだ!」などといった、ありふれた指摘を行って悦に入るつもりはありませんし、OPで描写される“光の玉”を挙げて

25_20100425185954.jpg

26_20100425185954.jpg

27_20100425185954.jpg


(ハルヒと同じ)マジパネェ京アニさんによるKEYアニメ、“CLANNAD”との関連性を見出すなどしては「最終回にはきっと世界中の人々の想いが奇跡を呼んで全員復活するに違いない!」などという意味不明な予想を組み立てるような情けない真似もいたしません。

今からここで行われるのは、この作品におけるボーイズラブの検証です。
この作品のガチホモぶりに関しては当ブログの第一話レビューでも取り上げていましたが、第2話~4話まで物語が進んで行く中で、こちらの予想を遥かに上回る分量のホモ描写がなされており、流石に動揺を抑えきれない状況に陥っております。

第2話なんかは専ら音無と日向のイチャイチャ回でしたよね。


1_20100425185819.jpg

4.jpg

5.jpg

これでもかと言わんばかりに男同士の濃厚な接触が描かれました。


6_20100425185819.jpg

「俺と音無も“堕ちる”かアッー!?」
などと快楽への誘惑がなされたりもしましたし

「音無、イケるか!?」

「ヤルしかないだろ!キリ」


という積極的な性への姿勢も描写されました。
また、その際には

7_20100425185846.jpg

「お前、Sだなアッー」

と、性癖の確認も行われていたり、逆に、“女”であるゆりっぺに対しては

10_20100425185846.jpg

9_20100425185846.jpg

「どこ掴めばいいんだよ!」

などと叫んでは、掴むべき“棒状のモノ”の不在を嘆いてもいますよね。


もちろん、今さらこうした事実を並べ立てるまでもなく、その前の時点で既に

2_20100425185819.jpg

「俺さ、お前のこと気にいってるんだアッー」
という宣言に加えて


3_20100425185819.jpg

「コレなのかアッー」
と、音無によって公式見解が述べられてもいるわけですから、この作品がBLアニメであることは確定的に明らかでありましょう。


また、最新話である第4話に関しても、サブタイトル「Day Game」を「Gay Game」と空視してしまった人は少なくないでしょうし、頻繁に女性が虐待される様子を描いては

13_20100425185908.jpg

19_20100425185935.jpg

20_20100425185935.jpg

21_20100425185934.jpg


日向による、音無への「俺は女なんか嫌いなんだよ」というアピールを表現すると同時に、この作品が女性蔑視の“男性優遇アニメ”であることを暗示しています。

もちろん、「俺にはお前が必要だアッー」という直接的なホモ描写も欠かしませんし

11_20100425185846.jpg

12_20100425185846.jpg


更には「俺は“人棒”で生き抜いてきた」とかなりの上級者であることを匂わせる発言もされています。

また、棒やタマを集団で弄くり回す競技のメンバー集めの際には、「アイツを“入れる”か」と、TYPE-MOONの名言「お部屋をお連れします」に引っ掛けた言い回しで野田への劣情を語っていましたし

16_20100425185908.jpg


その野田に関しても

17_20100425185908.jpg


「“長い棒”を“振らせたら”右に出るものはいない」と、自身の経験を基にした評価を行うと共に、己が“棒を振らせる側”、つまり“受け”であるという宣言をも行っています。

そして、そんな日向の過去を回想するシーンでは

22_20100425185934.jpg


「気軽に一回だけでいいから試してみろよ」
などと、ちょっとワルっぽい先輩とのセックスドラッグを使ってのホモセックス、つまり日向の“初体験”が行われたであろう描写がなされていましたよね。

また、その直後には、「初体験を行った野球部時代と同じ状況」に置かれ

23_20100425185934.jpg


「そいつは最高に気持ちがいいなぁ」と当時の事を思い出すなどしては音無の嫉妬を買ってもいました。

24_20100425185934.jpg

(この時の、「タマを受け取る=最高に気持ちいい」発言により、やはり日向が“受け”であるとの確証が持てます)



と、ここまでダラダラと書き綴ってきて、第3話について何一つ言及されていないことに気付き少々焦りのようなものを覚えてもいますが、何かもうめんどくさくなってきたのでここいらで切り上げておきたいと思います。

女性キャラの空気ぶりに反して、男性キャラが殊更活き活きと描かれているこの作品。
今後の展開に期待が持てますね!
といったあたりで。




(それにしても、ガルデモの新ボーカル(?)の名前が“ユイ”というのは一体何に対する挑発なんでしょうか)


14_20100425185908.jpg









スポンサーサイト
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。