水の音、無形の雫

アニメやゲームのレビュー、日常の様々な事象に関する考察など。C86・3日目東P21a

FC2カウンター
プロフィール

Peace-AK

Author:Peace-AK
なんとなく気が向いた時に更新していきます。
連絡はpeaceak.mizuonあっとまーくgmail.comまでお気軽にどうぞ。
『シンシアニメ』もよろしくお願いします。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンクリクリ
OTHERS
検索フォーム
RSSリンクの表示
TOP > AngelBeats!

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今期終了アニメの評価をしてみないかい?9(前編)   2010.07.19



さて前回に続いて今回も『ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人』さん主催の今期終了アニメ評価企画に便乗参加させて頂きます。

今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?9


ルール等はまあ上記リンク先で確認して頂いて、まずは当ブログにおける評価基準を確認しておきましょうか。
基本的には前回と同じです。
企画者サイドから提示された基準に、以下の評価軸を加えたものを評価点数とします。

ストーリー:パンツとシナリオが良好な関係を築けているか。

キャラクター性:パンツがキャラクターとマッチしているか。

画:パンツが美味しそうに描かれているか。

演出:パンツが的確に、あるいは斬新な表現で演出されているか。

音楽:BGM/SEとパンツが合っているか。

総合的な評価:作品全体を通してのパンツ。

※この場においての「パンツ」とは、「全裸」や「おしっこ」、「おっぱい」など、「パンツ的な何か」をも含みます。



続いて、評価する作品。
一応全部ちゃんと見た作品に限定します。

聖痕のクェイサー
Angel Beats!
荒川アンダーザブリッジ
WORKING!!
閃光のナイトレイド
迷い猫オーバーラン!
デュラララ!!

以上の7作品。
今回は前・後編の二回に分けてお送りします。





・聖痕のクェイサー

OP2.jpg


ストーリー:4
キャラクター性:4
画:4
演出:5
音楽:3
総合的な評価:5

総得点:25



何だかんだと加点していったら今回評価する作品の中で最も点数が高くなってしまい末期的な何かを感じております。
最後までバカをやり切ったところが非常に好印象ですね。
震えました。

「おっぱいの価値は形や大きさではなく“聖乳=内容物”の質によって決まる」という、おっぱいに対する新たなアプローチの仕方は極めて重要でした。

そうなんですよね、おっぱいとは様々な要素が複雑に折り重なって完成するもの。
決して形や大きさだけでは評価できない。
我々はおっぱいについて語る時、どうしても「巨乳」か「貧乳」か、というところにスポットを当てがちになってしまいますが、本来おっぱいとはもっと多角的に語られなければならないのです。

それは例えば「美しい/汚い」であったり、「柔らかい/硬い」であったり、「強い/弱い」であったり。
この作品においては「味覚・栄養素」が一つの焦点になっていました。
そもそもおっぱいとは「授乳」するための器官でもありますから、「美味しい/不味い」といった部分ももっと語られて然るべきなんですよね。

そうした、おっぱい論に新たな楔を打ち込んだ作品として高く評価します。


また、おっぱいに関する議論だけでなく、実は邪気眼系バトルアニメとしての完成度も非常に高かったところにこの作品の恐ろしさが現れています。
前半の伏線の張り方、そして後半の盛り上げ、まさしく「スタイリッシュ授乳アクション」と呼ぶに相応しい、エンターテイメント性に優れた良い作品でした。


最後にサーシャ先生からありがたいお言葉を。

「お前の乳はお前のものだァ!!」





・Angel Beats!

14_20100425185908.jpg


ストーリー:2
キャラクター性:3
画:3
演出:3
音楽:3
総合的な評価:4

総得点:18



春期アニメで最も話題になった作品の一つでしょう。
まさに賛否両論でした。

この作品は当ブログでも何度か取り上げましたが、作品そのものよりも、各地で行われる議論を眺めたり、知人と語り合うことにこそ面白みがあったのでしょう。

例えば、「死後の世界」では生理はあるのか、もしかしてこの世界では天使ちゃんに中出しし放題なのではないか、ユイにゃんに至っては「生前」でもデフォルトで中出しオッケーではないか、という生殖問題であったり、あるいは「成仏」する際にギターやバットやヘルメットは残るのにパンツはなぜ残らないのか、そもそもパンツはどこから調達しているのか、もしもこの世界にパンツがなかったら好きなあの子にどうして会いに行こう、などなど、生活インフラ、とりわけパンツに関わる問題は議論も白熱しましたよね。


作品全体として、前後の文脈を無視して「感動的なシーン」や「面白いシーン」あるいは「かっこいいセリフ」なんかを断片的に繋ぎ合わせて一つの作品とする「MAD動画」的な構造はなかなかに現代的だったのではないでしょうか。

通常MAD動画とは「元ネタ」の著作者とは別の第三者の手によるものを指しますが、この作品は麻枝准という作家が自らの過去の作品をダイジェストでまとめたような、KEYあるいは京アニの「麻ッド動画」とでも呼ぶべき作品でした。


作品内で多くの事が描かれなかった(描写や説明の不足が多々あった)ことに関して否定的な意見も散見されますが、そもそもこの作品は前述したように「麻枝准作品のMAD動画」であると見れば何も問題はありませんし、逆に、今後別のメディアで補完されることに期待が持たれます。
「実はアニメ版は単なるプロモーションに過ぎなかったのだ!」的な展開になればメディアミックスの新たな方法論としてなかなか面白いことになるのではなかろうかと。

つまり、ユイにゃんや天使ちゃんのエッチシーンを含むゲーム作品「エンジェルビーツ!エクスタシー」の発売を大いに期待したく思います。





・荒川アンダーザブリッジ

1_20100719011007.jpg


ストーリー:1
キャラクター性:4
画:3
演出:2
音楽:2
総合的な評価:3

総得点:15



特に語るべきことが思いつかない作品。
「シャフトは原作を選ぶセンスが良い」とは感じました。

まあ何でしょう、ストーリーはあってないようなものでしたが、とりあえず「ほんの少しだけストーリーが“存在した”」という意味で1点としました。
面白くなかったとかそういう意味ではありません。

何か語ることはないかと必死に考えてみましたが一つだけ面白いパンツがあったぐらいで他には特にこれといったパンツはありませんでしたパンツ。

荒川UTBにおけるパンツに関する所感


要約すると「ニノさんがかわいかった」という、まあそれだけで済むんじゃないでしょうか。





・WORKING!!

wa12.jpg


ストーリー:2
キャラクター性:5
画:3
演出:4
音楽:3
総合的な評価:5

総得点:22



評価項目に「ぽぷらの腋」というのを加えたくなりますよね。
全体的に上手くまとまった良作だったのではないでしょうか。

ぽぷらの可愛らしさが総て、と言ってしまうことも可能ですが、何よりも「キャラクター」の面白さが際立った作品でした。
例えば、伊波ちゃんの「ボコデレ」という属性は斬新でしたし、空気系ヒロイン・ぽぷらの“色恋沙汰に一切絡まない”というスタンスも良かった。
「年下はないよね(笑)」という、小鳥遊に対するぽぷらのスルー技術、徹底して色恋の輪から外れるそのテクニックはやはり女性作家ならではといったところでしょうか。


また、この作品のキャラクターは他の作品と繋げて遊ぶことが出来ます。
同時期に放映されていた「デュラララ!」なんかだと「小鳥遊=福山潤=新羅:変態」「佐藤=小野D=静雄:暴力的」「相馬=神谷浩史=ウザヤ:ヘタレ・情報屋」という男三人衆に加えて、「伊波ちゃん=藤田咲=聖辺ルリ:暴力女」という繋がりもありました。

あるいはキャラ属性に着目してみると「ぽぷら=空気系ヒロイン=インなんとかさん」「伊波ちゃん=ボコデレ=美琴」「八千代さん=変態・百合=黒子」「山田=ウザい=初春」「松本さん=普通=佐天さん」という、女性5人が見事に「禁書/超電磁砲」と繋がります。

こうした人気アニメとの繋がりを考察すると、この作品のキャラクターたちが、他の人気作品のキャラクターを上手くサンプリングして造形された「よく分かっている」キャラクターデザインであったことが理解できるでしょう。


それから、第何話だったか忘れましたが、大きな衝撃をもって描かれた「足湯」描写は絶対に見逃せません。
この、どこの誰が得をするのかよく分からないサービスシーンは、もはや閉塞感すら漂いつつある昨今の「水着回/温泉回」を打開するための大きな一歩となることでしょう。
DVD及びBDで果たして“魔法”が解かれるのか否か、注目ですね。

それにしてもぽぷらの腋は良かった。
本当に良かった。






と、いったところで、あんまりダラダラと長ったらしい文章が続いてもアレなので、今回はひとまずここまでとして、続きは次回、後編でお送りします。
出来れば二日以内には書き上げたいと思いつつ。
ではっ。


スポンサーサイト

死んだ世界のレクイエム~あるいはBLや百合のコト~『Angel Beats! 最終話』   2010.06.29



先日無事に(?)最終回を迎えましたAngel Beats!でございます。


10_20100629184420.jpg



最初から最後まで賛否両論な作品でしたね。
個人的には作品云々よりもむしろ各地で行われる議論を眺めているのが楽しかったり。


まあ何はともあれ、最終回の卒業式まで残っていたのが、音無×直井×日向というガチホモ戦線、及びゆりっぺ×天使ちゃんというガチユリ戦線の5人であったというのは極めて象徴的だったのではないでしょうか。

この作品では、物語開始当初から既に濃厚なBL描写がなされていましたが

3_20100425185819.jpg

やっぱりガチホモアニメでした『Angel Beats! 第2話~第4話』



終盤になると、ゆりっぺから天使ちゃんへの“デレ”が覚醒し、この作品がBLだけでなく“百合”も視野に入れた作品であることが明らかになりました。


12-0.jpg

「もしかしたら、もっと仲良くヤッていられたかもしれない。女の子同士なんだから」



もっとも、今となっては「ゆりっぺ=百合っぺ」というあからさまなミーニングにもっと早くに気付いておくべきでしたし、物語の最序盤において、この作品はNPC(ノンケ・プレイヤー・キャラ)ではない人物たちの物語だと示されていたわけですから、もはや百合だのBLだのといった指摘も遅きに失した感は拭えません。

ですので、今回は、作品全体を通してのBL/百合表現については一先ず保留して、最終回における物語の解読に終始したく思います。


この最終回では、ほぼ一話丸々使って“卒業式”が描かれました。


1_20100629184400.jpg



“卒業式”というのは間違いなく「何かしらの穴の処女からの卒業」を指しているのでしょう。
そうでなければ話の辻褄が合いません。

既に性的関係を持っていた音無×日向はともかく、そこに直井が参加したこと、また、卒業式自体が天使ちゃんの発案であることから、その時点ではまだ百合戦線及び直井は“処女”であったことが伺えます。

天使ちゃんが最後に望んだのが「処女からの卒業」であり、また、百合っぺや直井も同様の思いを持っていたわけですね。


2_20100629184400.jpg

3_20100629184400.jpg



また、成仏とはつまり性的なエクスタシーの隠喩であることは明らかですから、日向が言った「奏ちゃん残して先にイクなよ。俺がイクって」という紳士的なセリフや

6_20100629184359.jpg



「お前がいなかったらこんな終わりは(エクスタシー)は迎えられなかったアッー」というセリフにも合点がいきますし

7_20100629184420.jpg



無事に処女を卒業した直井に対する

4_20100629184400.jpg


「もうイケ」という音無の発言にも素直に頷けます。


この、「成仏=エクスタシー」というメタファーは、第12話において、ガルデモメンバーによる


12-1.jpg

「私たちは“そういう”グループだ」という、このバンドが百合サークルであった旨の告白とともに


12-2.jpg

「私たちはもうイク」と、絶頂に達する際の宣言によって裏付けられていました。


百合っぺが成仏する際の、天使ちゃんに対する「もっと色んなこと(プレイ)が出来たのにね…」との変態発言には多くの人が涙をのんだことでしょう。

5_20100629184400.jpg




方々で様々な議論が交わされているラストシーンにおいては、「自分は音無の心臓をもらった」という天使ちゃんの告白がありましたが、これは天使ちゃんからの「自分は“男”の心臓を持っている=自分は“男役”である」という主張、つまり、自分こそが“攻め”の側なのだというアピールと見て間違いないですよね。

8_20100629184420.jpg



そしてその際、音無は日向というボーイフレンドを差し置いて、あろうことか天使ちゃんへ向けて死んだ世界の中心で愛を叫ぶなどしたわけですが、「現世において自分がセクシャルマイノリティであるのは耐えられない」という複雑な心情を鑑みれば、何ら不思議なことではないと言えるでしょう。
(我々の住む現実世界においても同性愛者同士で結婚生活を送っている人は結構いますが、そうした仮初の夫婦生活を行ないながら、同性愛が受け入れられる“死後の世界”でガチムチライフを送りたいと思ってしまう気持ちは推して知るべきなのでありましょう)

9_20100629184420.jpg



NPC(ノンケ・プレイヤー・キャラ)ではない主人公たち、彼らが生前受けた「理不尽」とはつまり、セクシャルマイノリティであるが故の差別や偏見に他なりません。

そうした事実を受け入れ、自分の気持ちに素直になり、エクスタシーに達した者から成仏していくのです。

だーまえ先生の本職はエロゲのシナリオライターなわけですから、「性的絶頂で成仏」というまさしくエロゲの設定と呼ぶに相応しい世界観も決して不自然ではありませんし、そこにガチホモやガチユリといったある種のタブーを盛り込んだ構成を俺は高く評価したいと思います。




と、いったあたりで、以上が最終回レビューでしたが、最後に、この作品全体を通して気付いたことを一つ。

この作品は、大雑把に言えば「現世に未練を残して死んだ者たち」の物語なわけですが、これって要するに所謂「地縛霊」なのではなかろうかと。
ゆりっぺなんかは下手したら怨霊の類になっててもおかしくないですよね。

そう気付いた時、我々はもしかしたら物凄くホラーな作品を見せられていたのではないかと思えてきたのです。


――誰もいないはずの体育館で鳴り響くバンド演奏


――謎の地下壕から聞こえる断末魔の悲鳴


――夜な夜な校舎に現れる斧を持った怪人


――宙を浮遊する竹ぼうき


そして――この話を聞いたあなたの元にも……



「お前の心臓をよこせぇぇぇぇぇ」



以上、お疲れ様でした。










やっぱりガチホモアニメでした『Angel Beats! 第2話~第4話』   2010.04.25



本日はAngel Beats!のお話でございます。


15_20100425185908.jpg



さて、様々な、本当に様々な意見/評価がなされているこの作品ですが、例えば最新第4話における“野球”というギミックを取り上げて

18_20100425185908.jpg

8_20100425185846.jpg


“団長”ゆりっぺのキャラクター性やその理不尽な要求の仕方を並べ立てた上で「これは“涼宮ハルヒの憂鬱”のパクリインスパイアだ!」などといった、ありふれた指摘を行って悦に入るつもりはありませんし、OPで描写される“光の玉”を挙げて

25_20100425185954.jpg

26_20100425185954.jpg

27_20100425185954.jpg


(ハルヒと同じ)マジパネェ京アニさんによるKEYアニメ、“CLANNAD”との関連性を見出すなどしては「最終回にはきっと世界中の人々の想いが奇跡を呼んで全員復活するに違いない!」などという意味不明な予想を組み立てるような情けない真似もいたしません。

今からここで行われるのは、この作品におけるボーイズラブの検証です。
この作品のガチホモぶりに関しては当ブログの第一話レビューでも取り上げていましたが、第2話~4話まで物語が進んで行く中で、こちらの予想を遥かに上回る分量のホモ描写がなされており、流石に動揺を抑えきれない状況に陥っております。

第2話なんかは専ら音無と日向のイチャイチャ回でしたよね。


1_20100425185819.jpg

4.jpg

5.jpg

これでもかと言わんばかりに男同士の濃厚な接触が描かれました。


6_20100425185819.jpg

「俺と音無も“堕ちる”かアッー!?」
などと快楽への誘惑がなされたりもしましたし

「音無、イケるか!?」

「ヤルしかないだろ!キリ」


という積極的な性への姿勢も描写されました。
また、その際には

7_20100425185846.jpg

「お前、Sだなアッー」

と、性癖の確認も行われていたり、逆に、“女”であるゆりっぺに対しては

10_20100425185846.jpg

9_20100425185846.jpg

「どこ掴めばいいんだよ!」

などと叫んでは、掴むべき“棒状のモノ”の不在を嘆いてもいますよね。


もちろん、今さらこうした事実を並べ立てるまでもなく、その前の時点で既に

2_20100425185819.jpg

「俺さ、お前のこと気にいってるんだアッー」
という宣言に加えて


3_20100425185819.jpg

「コレなのかアッー」
と、音無によって公式見解が述べられてもいるわけですから、この作品がBLアニメであることは確定的に明らかでありましょう。


また、最新話である第4話に関しても、サブタイトル「Day Game」を「Gay Game」と空視してしまった人は少なくないでしょうし、頻繁に女性が虐待される様子を描いては

13_20100425185908.jpg

19_20100425185935.jpg

20_20100425185935.jpg

21_20100425185934.jpg


日向による、音無への「俺は女なんか嫌いなんだよ」というアピールを表現すると同時に、この作品が女性蔑視の“男性優遇アニメ”であることを暗示しています。

もちろん、「俺にはお前が必要だアッー」という直接的なホモ描写も欠かしませんし

11_20100425185846.jpg

12_20100425185846.jpg


更には「俺は“人棒”で生き抜いてきた」とかなりの上級者であることを匂わせる発言もされています。

また、棒やタマを集団で弄くり回す競技のメンバー集めの際には、「アイツを“入れる”か」と、TYPE-MOONの名言「お部屋をお連れします」に引っ掛けた言い回しで野田への劣情を語っていましたし

16_20100425185908.jpg


その野田に関しても

17_20100425185908.jpg


「“長い棒”を“振らせたら”右に出るものはいない」と、自身の経験を基にした評価を行うと共に、己が“棒を振らせる側”、つまり“受け”であるという宣言をも行っています。

そして、そんな日向の過去を回想するシーンでは

22_20100425185934.jpg


「気軽に一回だけでいいから試してみろよ」
などと、ちょっとワルっぽい先輩とのセックスドラッグを使ってのホモセックス、つまり日向の“初体験”が行われたであろう描写がなされていましたよね。

また、その直後には、「初体験を行った野球部時代と同じ状況」に置かれ

23_20100425185934.jpg


「そいつは最高に気持ちがいいなぁ」と当時の事を思い出すなどしては音無の嫉妬を買ってもいました。

24_20100425185934.jpg

(この時の、「タマを受け取る=最高に気持ちいい」発言により、やはり日向が“受け”であるとの確証が持てます)



と、ここまでダラダラと書き綴ってきて、第3話について何一つ言及されていないことに気付き少々焦りのようなものを覚えてもいますが、何かもうめんどくさくなってきたのでここいらで切り上げておきたいと思います。

女性キャラの空気ぶりに反して、男性キャラが殊更活き活きと描かれているこの作品。
今後の展開に期待が持てますね!
といったあたりで。




(それにしても、ガルデモの新ボーカル(?)の名前が“ユイ”というのは一体何に対する挑発なんでしょうか)


14_20100425185908.jpg









春の新作アニメレビュー(1) 『Angel Beats!』『会長はメイド様!』『B型H系』   2010.04.04



春期アニメレビュー第一弾です。

もっとも、第二弾以降があるのかどうか、それは誰にも分かりませんが。


本日のカリキュラムは「Angel Beats!」「会長はメイド様!」「B型H系」の三本です。







○ Angel Beats!

AB6.jpg


全国の作画厨が狂気乱舞。
およそ1万枚という驚異的な動画枚数で素晴らしいPAクオリティを見せてくれました。


AB1.jpg


ヒロインがどう見てもハルヒにしか見えないとか、設定が.hackだのSO3だの、ギャグが過去のKey作品の焼き増しだとか、“ライブ”という要素が云々、などと、前期に放映されていた“ソ・ラ・ノ・ヲ・ト”と同じような、「どっかで見たことあるアニメ」というどうでもよい感想が散見されるこの作品。

むしろ、今はこうしたキメラ的な作品を指して“オリジナルアニメ”と言うのであると、つまり「オリジナルアニメというのは“そういうもの”なんだよ」と解釈してしまえば、特に問題はありません。

いわゆる“原作モノ”のアニメなんかでも、その原作の漫画やラノベ自体は大抵の作品が「どっかで見たことある」わけですから、“オリジナル”という言葉も、単に原作の有る無しを指す言葉として機能すればそれでよいのでありましょう。



と、そんなことはどうでもよくて、一部の人の感想として「女の子キャラに魅力がない」というものがありました。

確かに、どっかで見たことある系のヒロインを始め、他のメンツを見渡してみても、何か取って付けたようなあまりにも記号じみたキャラクターばかりで、どうにも魅力が感じられない。


が、しかし、そのことに関しても、この作品が“BLアニメ”であるという前提を確認しておけば、さしたる問題ではないということが理解できるでしょう。

例えば、同じ“Keyアニメ”である“CLANNAD”において、智代と春原の“愛の儀式”として描かれていた“100HITコンボ”


AB2.jpg

あろうことか、この作品では“男同士”の行為として描かれているばかりか


AB3.jpg

(肛門からの)多量の出血まで描かれてもいるわけですから、この時点で既に、主人公・音無はアナル処女を喪失したと認識して間違いはないでしょう。

また、ゆりっぺによるこの世界の解説では、「天使の言いなりになって部活や授業を受けると私たちは消えてしまう」みたいなことが明言されているわけですが、それはつまり、“ノーマルな事”をしてはいけない、翻って、「私たちはアブノーマルなことをしなければいけない」というように解釈できます。

つまり、異姓愛は駆逐され、ハードゲイのみが生き残るということですね。

このことは、ゆりっぺが一般生徒のことを“NPC(=ノンケ・プレイヤー・キャラクター)”と表現していることからも伺えます。
(また、こうした事実から、ゆりっぺを始めとする女の子たちもレズビアンであると推測出来ますが、今はどうでもよい話です)


そして、クライマックスのライブシーンにおいては

AB4.jpg


「指先にはケツの匂い」

「肛門奏でろ」

「肛門見据えろ」

「肛門歌うよ」

「いつまでだって肛門に入るよ」

「通り過ぎていくtnkの中」


などなど、明らかにホモ描写を意識した歌詞が唄い上げられてもいるわけですから、もはやこの作品を単なる萌えアニメとして認識する方が間違っているというものでしょう。


Keyのシナリオライター、麻枝准氏の初めてのアニメ脚本ということですが、幸か不幸か男キャラは沢山いるみたいなので、今後は濃厚なガチホモ描写に期待できることでしょう。







○ 会長はメイド様!

maidtop.jpg

maid5.jpg

maid4.jpg


古き良き時代のツンデレヒロインを擁する男性向け少女漫画のアニメ化。
シナリオプロット自体は少女漫画の王道テンプレをなぞりながらも、そこで描かれるキャラクター造形は、どうみても男の萌えオタ向けなのですね。

そのことは、完全に男目線で描かれたエンディングからも伺えます。

maid6.jpg

maid7.jpg



まあそれはさて置き。
この作品の最大の見所は何と言っても会長様のお召しになるメイド服なわけですが、期待を大きく上回る素晴らしいデザインがなされていました。


maid1.jpg

maid2.jpg


どうですかこの素晴らしい絶対領域

二ノ腕に取り付けられた“ニーソックス”と、女性にとって最も大事な部位である“腋”をしっかりとガードする“スカート”が織りなす絶妙なバランス!


maid8.jpg


その間から微かに覗く神々しい素肌とのコントラストは、見る者全てを魅了して止みません。

また、絶対領域を披露した後には、“超ミニスカート”によるギリギリ限界露出にもチャレンジしています。


maid3.jpg

maid91.jpg


こうしたサービス精神も、この作品が“男性向け”であることを如実に表してもいますよね。

恐らくは今後も様々なバリエイションのメイド服が描かれるでしょうから、皆さんもぜひ、その絶対領域描写に注目してみてはいかがでしょうか。


ふぅ…







○ B型H系

BHTOP.jpg

BH1.jpg


一体何に対する皮肉なのかよく分からないぐらい斬新な設定の微エロアニメ。


BH3.jpg


この、どこの誰に対するメタファーなのかと思わず考え込んでしまうぐらいに“平凡”な草食系男子を“攻略対象”として設定した女性視点の恋愛モノ、という歪な世界観は、その内容の下品さ以上に我々の興味をそそります。

ある意味では、ハイスペックな超人同士の“綺麗な恋愛”を描く“会長はメイド様!”と対比して語ることも可能となるでしょう。


また、そうした設定の面白さだけでなく、随所に挿入されるサービスカットに関しても、中々の可能性を秘めた作品となっています。


BH6.jpg

BH7.jpg


このような、あまりにも視聴者をナメきった、直接的すぎるパンツ描写を見た時、我々は少なからずこう思うでしょう。


「俺が見たいのはパンツじゃない!パンチラなんだ!」


確かに、これだけを見ればそう思ってしまっても仕方ありません。
なんだ、所詮はただのエロアニメか、と。


しかしどうでしょう、次のカットで我々はとんでもない“パンチラ”に遭遇してしまうのです。


BH10.jpg


鬼印の“修正”からわずかにはみ出したピンク色のパンツ!

“パンチラ規制の上から更にパンチラする”という、二重パンチラ構造が出来上がっているのです。

そう、これこそが我々の求めていたパンチラ表現なんですよ!


と、思わず身を乗り出してヘブン状態に突入してしまいそうにもなりましたが、一旦心を落ち着けて、今日のところはこの二重パンチラ表現に敬意を表するに留めておきましょう。

次回以降も非常に楽しみですね。


BH11.jpg

BH12.jpg

BH13.jpg

hannya.jpg

030.jpg









以上。
春期アニメレビュー第一弾でした。









«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。