水の音、無形の雫

アニメやゲームのレビュー、日常の様々な事象に関する考察など。C86・3日目東P21a

FC2カウンター
プロフィール

Peace-AK

Author:Peace-AK
なんとなく気が向いた時に更新していきます。
連絡はpeaceak.mizuonあっとまーくgmail.comまでお気軽にどうぞ。
『シンシアニメ』もよろしくお願いします。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンクリクリ
OTHERS
検索フォーム
RSSリンクの表示
TOP > 2011年秋期アニメ

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

便所に関する考察を強いられている 『はがない/未来日記』   2011.12.22


haganai1_20111222160408.jpg

haganai2_20111222160407.jpg

haganai3_20111222160407.jpg


いやぁ、いい眺めですねぇ。としか感想の述べようがない気もしますが、さすがにそれだけでは芸がないので、ちょっといろいろ考えてみましょう。
まず、便所に入った女性メンバーの中で唯一便所内でのカットがなかったマリアに関してですが、会話の内容から「うんこ」であることが判明しています。
また、アバンにおいてマリアとともに「ババ」の取り合いをしていた小鳩ちゃんも、同様にうんこであったとみて間違いないでしょう。

haganai4_20111222160406.jpg


夜空の場合は、事後の対応によって判別が可能です。
思い出してください、女性の便所に同行する際のお約束は何でしたか?

Mirainikki5.jpg



「見るなよ、嗅ぐなよ、聞くなよ」でしたよね。
この内、「見るなよ」に関しては扉によって物理的に仕切られているのでクリアできます。「聞くなよ」という忠告は、この場合はむしろお互いの存在確認のために聞いていてほしいとすら思っているでしょうから、特に気にする必要はありません。
では「嗅ぐなよ」はどうでしょうか。排泄が終わって出てきた夜空は、特にそのような注意を促すこともなく平然と小鷹に後を譲っています。そのことから、このとき夜空が出したものは、臭いのするものではない、つまりおしっこであることが分かります。
さて、そうなると残るは肉でありますが、彼女の場合は明確な論証となる描写がありません。ただし、ヒントは提示されています。

haganai5_20111222160406.jpg


カレーです。
見た限りではジャガイモとニンジンらしきものしか分かりませんが、通常であれば何らかのお肉が入っていてしかるべきでしょう。次の日にパエリアをつくるシーンがありますが、魚介が手に入るのは翌日以降であり、少なくともシーフードカレーではない。
したがって、これは「肉」の「カレー」である可能性が高いでしょう。
また、この時「ヨーグルト」というキーワードが出てきてもいます。ヨーグルトには腸の働きに影響する乳酸菌が含まれていますので、このカレーが腸機能に直結するものであろうことが読み取れます。
つまり、他の人物ほど明確ではなくとも、肉はカレーを排泄した可能性が高いわけです。

ちなみに、便所シーンのなかった理科は性欲の排泄場所として小鷹を肉便器にしようとしていたこと、またこの流れで幸村だけ便所に行かないのはどう考えても不自然なのできっとおねしょしているに違いない、と付け加えておきます。
一連の便所描写には「トイレの闇子さん」という伏線が張られていましたが、怪談からの快便という展開は戦国乙女からのインスパイアだと言ってしまうのは強引にすぎるでしょうか。


ところで、便所といえば未来日記ですが、先週に続いて第11話でも素晴らしい便所表現がありましたので、ここに追記したく思います。

mirai1.jpg

mirai2.jpg


いやぁ、壮観ですねぇ。以外に感想の述べようもありませんが、第10話から連なる優れた構成の妙については言及せねばなりますまい。
前回の話では、みねね:排泄、由乃さま:食事という対比がなされていました。
改めて指摘するまでもなく、食事と排泄には密接な関係があり、並列して描かれるのも人体の構造上の必然であると言えます。
したがって、「排泄者」の二人が人のドーナツを勝手に食したところで誰にも非難される謂れはありません。

mirai3.jpg


ユッキーは今回の一連のエピソードにおいて一度も排泄を行なっていないため、ドーナツはお預けです。(彼の場合は、10話での食事の前に、この11話と同じく小鹿りえさん脚本の6話において便所で由乃さまからペーパーを受け取るシーンが描かれているので、全体的に見ればイーブンと言ったところでしょうか。)
由乃さまがその聖水をお出しになる貴重なシーンの前には、しっかりと伏線が組まれていました。

mirai4.jpg


つくづく便所に縁のある男ですよ西島紳士は。
もしかしたら彼と関わった女性は尿意ないし便意を催すという特性を持ち合わせているのではないか、というのは少々考えすぎかもしれませんが、その他にも、例えば由乃さまはなぜ「バケツ」を使わなかったのか。

mirai5.jpg


もしかしたらこのバケツはすでに一杯になっていたのではなかろうか、といった疑念や、このあとドーナツの匂いに気付いたユッキーに対して「におう?」と聞いていることから、由乃さまは聖なる黄金の水だけでなく「スカ屁」的なものも出していた可能性もなきにしもあらず、などなど、考えるべきことは沢山あるでしょう。
そういえば、10話でみねねは排泄の際に「見るなよ、嗅ぐなよ、聞くなよ」と注意していましたが、由乃さまは「聞かないで」としか言っていないので、前回の記事で指摘したみねねの排泄物の件は、脚本レベルで証明されたと言えるでしょう。

通常、おしっこは出してから時間が経つまで(空気中の酸素と化学反応を起こすまで)は無臭であるため、この時に「出すもの」がおしっこであれば「嗅ぐなよ」という注意は必要ありません。したがって、この時みねねが出そうとしていたものは、即時に匂いの出る物質……



また、金色に輝く神聖なる命の水をお出しになった由乃さまが「拭いていない」という絶対的な事実は決して見逃してはなりません。

mirai6.jpg


ここから先は4thとの籠城戦になりますし、パンツをはき替えるのも相当あとになりそうですから、便所描写とともにパンツの行方についても目が離せなくなってまいりました。
いやはや、年末に来て恐ろしいほどの可能性を秘めた作品に出会ってしまいましたよ我々は。


さて、そんな「排泄者」たる由乃さまが目印のシンシアニメ第二号は、いよいよ来週末、冬コミ2日目において解き放たれます。

【冬コミのお知らせ】『シンシアニメ』第二号

コミックマーケット81(二日目)
日時:12月30日(金)10:00~16:00
会場:東京国際展示場(東京ビッグサイト)
サークル名:シンシアニメ
ブース番号:東ポ-29b
価格:500円

『いまこれを見ているあなたはシンシアニメとともに2012年を迎える。TOILET END』と排泄日記に書いてありました。
自分はたぶん昼過ぎぐらいからブースに寄生してるのでお気軽にお声かけください。

以上。





にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ポストモダンさえ行き詰った現代に届けられた最高の便所 『未来日記』   2011.12.15


2011年も最終盤に来てわれわれは衝撃的な光景を目の当たりにすることとなりました。
「未来日記」の話です。

Mirainikki1.jpg


第10話Aパートにおける便所描写に触れずして誰が便所論壇など語れましょうか。
もはや、前回当ブログで発表した「この便所がすごい!」が時期尚早であったと認めざるを得ません。まさかここに来てこんな爆弾が落とされるとは!
では、その執拗かつ攻撃的な便所表現を振り返ってみましょう。

3rdとの戦闘から逃亡する際、ウン悪く刑事の西島に見つかってしまい手錠を掛けられる雨流みねね。彼女たちは芸大へと逃げ込みます。
そして、もよおします。

Mirainikki2.jpg

Mirainikki3.jpg

もちろん手錠はかけたままです。
任務なら仕方ないですよね。

Mirainikki4.jpg

Mirainikki5.jpg


ここでチェックポイント。
この時みねねは「見るなよ、嗅ぐなよ、聴くなよ」と、女子の排泄に同行する際に覚えておきたい三つのお約束を述べていますが、大事なのはこの二点目、「嗅ぐなよ」の部分です。
通常、おしっこは出してから時間が経つまで(空気中の酸素と化学反応を起こすまで)は無臭であるため、この時に「出すもの」がおしっこであれば「嗅ぐなよ」という注意は必要ありません。したがって、この時みねねが出そうとしていたものは、即時に匂いの出る物質……言わなくても分かりますよね。
また、上記の問答のあとすぐにトイレットペーパーを巻き取る音が聞こえてきますが、カラカラカラカラという音が1セットだけであったため、みねねは普段から「一回しか拭かない」人であることが読み取れます。普段はウォシュレットを使っている可能性が高いですね。
さてこのあと、便器が壊れているという嬉しい誤算が判明します。

Mirainikki6.jpg

Mirainikki7.jpg

Mirainikki8.jpg


さすがに水をひっかぶる描写だけではみねねが普段ウォシュレットを使っていることの証左にはならないでしょうが、このシーンは後のより重要な展開への伏線となります。

Mirainikki9.jpg

Mirainikki10.jpg

Mirainikki11.jpg

Mirainikki13.jpg

Mirainikki14.jpg


期待通りの生着替えシーンですね。
ここでは、着替えの最中に裸体を思わせるマネキンのカットが挿入されることで、みねねのあられもない姿の代替としているわけですが、実はそこのところはどうでもよくて、より重要なのは、着替えの際に手錠が外されていたという点にあります。
「女性は身体を冷やすもんじゃない」といった紳士的な発言とともに便所に行く際には頑なに外そうとしなかった手錠を簡単に外してしまいます。そう、便所に行くときは外さなかったのです。
これがもし、職務に忠実で一切の妥協を許さない者であったならば、着替えの際にも手錠を外すことはしなかったでしょう。しかし西島刑事はそうではなかった。
なぜなら、彼は女子の着替えには配慮しつつも、便所にだけは絶対に付いて行きたいという紳士的な心の持ち主であったからです。
そしてそのことは、われわれ視聴者への痛快にして痛烈なメッセージ足り得ます。
彼の見せた便所への真摯あるいは紳士な姿勢、着替えは見なくてもいいから便所には何としても付いて行きたいという姿勢は、「着替えシーンよりも便所シーンのほうが重要である」とわれわれに訴えかけてきます。つまり、このエピソードをもって、便所シーンが(アニメにおける一つの定番である)着替えシーンよりも優位に立ったわけです。
もちろん、便所シーンの優位性を示す上で、先に挙げた「便所で水をかぶる」描写を忘れるわけにはいきません。なぜなら、そもそも便所での一件がなければ着替えシーンが描かれることすらなかったのです。
正しく、みねねは便所に着替えさせられたと言えるでしょう。
細田直人が、あるいは高山カツヒコがこの回で描きたかったのは決してみねねのツンデレなどではありません。

ちなみにですが、西島紳士の紳士的な態度について「便所は手錠したままでもできるけど着替えは物理的に不可能だし、彼は任務に忠実な行動をしただけですよ」といった、警察権力におもねる保守派の言論を封殺するためにも、彼があくまで紳士的な精神の持ち主であることが認められるシーンを掲げておきます。

Mirainikki15.jpg

Mirainikki16.jpg


年若い女子を自分好みの服に着替えさせ押し倒し乳を揉むという行為は、恐らく一般的な警察の職務の範疇には入りません。

ちなみにちなみに、この第10話、Aパートが主に「出すこと」に焦点が当てられていたのに対して、Bパートでは「入れること」がフィーチャーされていました。

Mirainikki17.jpg

Mirainikki18.jpg


画面全体のトーンも対照的な両パートは、構成そのものが人体における食事と排泄のサイクルを示していたわけですね。

Mirainikki19.jpg


明らかにおしっこにしか見えない黄金色の飲料が注がれたのも得心がいきます。(そういえば両パートとも「ヒロイン」が着替えを行う話でしたが、残念ながら便所で水をかぶるというプロセスを経ていない由乃さまの生着替えは描写されませんでした)


思えば、この作品では、ユッキーが便所に入っているところに由乃さまがペーパーを差し出すシーンであったり、また、豊穣礼佑きゅんがその活動拠点として便所を使用していたりと、以前から頻繁に便所描写が繰り返されてきました。春日野椿さまはみんなの肉便器でした。
こうした背景から目を逸らし、早まって「この便所がすごい!」の選出を行なってしまったことは痛恨の極みです。やはりアニメは最後まで見ないと分からない。われわれはすべての便所を汲み取らなければいけないのです――――


といったあたりで、前置きはここまでにしておいて、早速ですがシンシアニメの宣伝に移ります。
そう、第二号が出るのです。

シンシアニメ執筆者からのメッセージをお読みください

コミックマーケット81(二日目)
日時:12月30日(金)10:00~16:00
会場:東京国際展示場(東京ビッグサイト)
サークル名:シンシアニメ
ブース番号:東ポ-29b
価格:500円


20111214053036.jpg


当エントリーと同じ日にシンシアニメ第二号の告知記事が更新されたのは単なる偶然ですし、つい先ほどアップされるまで表紙イラストがどんな感じになるのかも自分は全く知らなかったわけですから、当ブログエントリーと由乃さまが便器にまたがってる表紙は一切関係ございません。まったくの偶然です。デスティニーです。
内容の詳細などは公式ブログのほうを参照してください。自分はピングドラムの話をしています。
冬コミに参加された際にはぜひシンシアニメにお勃ち寄りいただくとともに、精液のひとつでもぶっかけて頂ければと思います。(夏コミで頒布された創刊号のほうも少しだけ持っていくとの噂なので、まだの人はお早めに!)

以上。





にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

今期アニメにおける便所についての所感 『UN-GO/はがない』   2011.11.03


今期もいくつかの便所表現がなされていますが、一際目を引いた二つの作品を取り上げます。


・UN-GO

もしあなたがタイトルを「UN-CO」に空目したり、「敗戦探偵」を「排泄探偵」に空耳してしまったとしても、誰にも責められる謂れはないでしょう。なぜならば、事実として第一話では精神安定のために適した空間として

UN-CO1.jpg

UN-CO2.jpg


また、アリバイトリックを解くカギとして便所が描かれるのみならず

UN-CO3.jpg


続く第二話では、真相が吐き出されるあるいは漏れ出す場所として便所が使われており

UN-CO4.jpg

UN-CO5.jpg

UN-CO6.jpg


最序盤、すなわち作品の導入部においてあからさまに便所が重要視されているのは決して無視できません。
だいぶ以前に当ブログで、あるいは今夏創刊されたシンシアニメの中で、便所という空間の隔離性――女子便所とは男を排除する隔離空間である――などについて論じておりましたが(女子便所から発生するドラマ)、まさしくこの「UN-CO」に関しても、便所というきわめて優れた隔離空間によって物語の軸が支えられていたと言えるでしょう。
「因果」は女子便所に入るべきなのか男子便所に入るべきなのか、という問題は根強く議論されて然るべきでしょうが、その前に、まずは便所以上に、人目につきにくく「変身」に適した空間があろうか、あるいは「人目をはばかる話」を聞き出すのに適した空間は、といった、便所の優位性を指摘しておきたく思います。



・僕は友達が少ない

第三話で描かれた「肉」の肉々しさが話題にもなりましたが、より重要だったのはやはり次のシーンになるでしょう。

haganai1.jpg

haganai2.jpg

haganai3.jpg

haganai4.jpg


ここでは、小鷹が便所でナニかしらを済ませ手を洗っているシーンから、肉がDQNに絡まれているシーンへと移り、その際、肉が足を震わせている、という描写がなされるわけですが、ここで注目したいのは、その前のシーンで、小鷹と一緒に水分を摂取する肉の姿です。

haganai5.jpg

haganai6.jpg

haganai7.jpg

haganai8.jpg


腎臓のあたりがポコッと膨らむ描写が件のシーンへの伏線となっているわけですが、この時「小鷹と一緒に」水分を摂取していた、というのが重要になります。なぜなら、「一緒に」水分を摂った小鷹が尿意を催すのと同じタイミングで肉にも尿意が催されていた可能性が高いからです。ただし、完全に同じということはありえないでしょうから、多少のタイムラグが生じるはずです。(ゆえに、小鷹と同時に便所に入るという事態にはならなかった。)
まとめると、流れとしては以下のようになります。

肉・小鷹:一緒に水分を摂取する

小鷹:尿意を催す→便所へ

肉:DQNに絡まれる→催す→足を震わせる

つまり、小鷹と同時に水分を摂取した肉は、同じようなタイミングで、しかし多少のタイムラグを経て尿意を催していたのです。
DQNに絡まれた肉が足を震わせていたのはおしっこがしたかったからであると断言します。(より正しくは、あのとき肉は「足が震えていた」のではなく「足をモジモジさせていた」わけです。また、おしっことして排出されなかった水分は「涙目」というかたちで体外へ溢れ出てもいた。)
そこのところの認識を見誤ったのがDQNたちの敗因ですね。肉を肉便器にしたいがために自分が便器になる選択肢に目が行かず、せっかくのおしっこチャンスを「こいつビビってやがる」などと勘違いしてしまったのですから、まあそういう輩は生涯地を這うでしょう。

この一連の流れは、ただ単に「DQNに絡まれて足を震わせるかわいい女の子」を描いたのではなく、水分摂取の場面から連続して主人公の便所描写を挟むことで「おしっこを我慢して足を震わせる女の子」を描くことに成功しており、優れた便所表現と言えますよね。
直接的に、例えば「お漏らし」のような性的なシーンなど描かずとも、それがヤロウの便所シーンであったとしても、前後の文脈からおしっこ我慢系女子を描くことが可能であると、改めて気付かされる一幕でした。

ちなみにですが、おしっこと脂肪は特に関係はありませんので、肉が肉々しいからといっておしっこにも脂肪分が含まれるというようなことはございません。とはいえ、肉は肉々しさと同時に塩分がつよそうですから、小鳩ちゃんのような小柄でスレンダーな女性よりもジューシーなおしっこであることに間違いはなさそうです。

以上。













にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。