水の音、無形の雫

アニメやゲームのレビュー、日常の様々な事象に関する考察など。C86・3日目東P21a

FC2カウンター
プロフィール

Peace-AK

Author:Peace-AK
なんとなく気が向いた時に更新していきます。
連絡はpeaceak.mizuonあっとまーくgmail.comまでお気軽にどうぞ。
『シンシアニメ』もよろしくお願いします。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンクリクリ
OTHERS
検索フォーム
RSSリンクの表示
TOP > 2010年冬期アニメ

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今期終了アニメの評価をしてみないかい?8   2010.04.25



「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」さんのところのアニメ評価企画に参加させて頂く運びとなりました。

今期終了アニメの評価をしてみないかい?8

当ブログでは既にまとめ記事っぽい何かを書いていたような記憶もありますが、せっかくなので今回はもう少し踏み込んだ評価をしてみましょう。

細かいルールなどは上記ページで確認して頂くとして、とりあえず評価作品の列挙。


とある科学の超電磁砲
ひだまりスケッチ×☆☆☆
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト
バカとテストと召喚獣


以上4本。

少な!と思われるかも知れませんが、そこはあれ、2クールモノのデュラララやクェイサーを除いて、一応最後までちゃんと視聴した作品となると、まあこんなもんですよ。



さて、作品の確認も終えたところで、まずは当方独自の評価基準を明確にしておきましょうか。
企画者サイドから提示された基準に、以下の評価項目を加えたものを評価点数とします。

ストーリー:パンツがシナリオとの必然性をもって描けているか

キャラクター性:パンツがキャラクターとマッチしているか

画:パンツが綺麗に描かれているか

演出:パンツ表現が的確に演出されているか

音楽:BGMとパンツが合っているか

総合的な評価:作品全体を通してのパンツ


※この場においての「パンツ」とは、「パンツ的な何か」や「全裸」及び「おしっこ」なども含みます。







○ とある科学の超電磁砲

39053776_2729338041.jpg


ストーリー:4
キャラクター性:5
画:5
演出:4
音楽:3
総合的な評価:5

総得点:26




冬期アニメ全体を見渡してもかなり上位に入るのではないでしょうか。
表面的には“ただの萌えアニメ”と捉えられてもおかしくない作品でしたが、しかしその実態はえげつないヒエラルキー社会とリアルな人間関係が執拗に描かれた超攻撃的な作品でした。

作品全体に通底する“厨アニメ”への批評精神も中々に面白いものがありましたし、“佐天さんイジメ”に関する処々の議論なんかは読者諸兄もご存知のことでしょう。

その佐天さんに関しては、もちろん、腋、肩、二ノ腕描写は非常に高く評価出来ますし、キャラクター性に関しても、「そこそこ可愛くて簡単にヤレそうな子」という、いかにもラノベのヒーローに自分を重ねては仮初の充足感に浸ることを生き甲斐にするキモオタたちが好みそうな、「この子は俺が助けてやるぜ!キリ」という自己満足的な感情を刺激される、絶妙かつクリティカルなキャラクター描写でした。
“スカートめくり”によって性的な“開放性”が表現されていることも見逃してはなりません。


また、先人たちが苦悩の果てに辿り着いた“水着”だの“ノーパン”だのといったパンチラ回避術をいともたやすく乗り越えていった御坂美琴の「パンツ隠すために短パンはいてるからはずかしくないもん!」は、まさしく“規制議論”への先制攻撃として大きな役割を果たしていました。
“パンツ見せなきゃ恥ずかしくない”という至極単純にして抜本的なパンツ回避法には、数多のパンツアニメに対する痛烈な皮肉を感じましたね。

と、あまりパンツパンツと連呼していると変態の人だと思われてしまいそうなので、事前の予想に反して語り所の多い作品だったという点を含め、「禁書本編より面白かった」という抽象的な総評でもって強引に締めくくっておきたいと思います。







○ ひだまりスケッチ×☆☆☆

43826120_2691975200.jpg


ストーリー:0
キャラクター性:3
画:3
演出:3
音楽:2
総合的な評価:2

総得点:13




「飽きた」の一言しか思い付かないぐらいに「大将、いつもの!」的な作品でしたが、需要に対する作品の方向性としては間違いなく正しい在り方でした。

フェティッシュな脚描写には一定の評価を与えられるものの、必然性も必要性も感じられない、慣例化されたお風呂描写には首を傾げざるを得ません。

もっとも、宮子のノーブラ描写だけは、その不意打ち感を含め、ある程度高く評価しようと思います。

ストーリーに関しては、そもそも「ストーリーが無い」のがこの作品の魅力の一つであるため、あえて0点としましたが決して悪い意味ではありません。

というか、今期放映されている“けいおん!!”なんかもそうですが、アニメ作品における“ストーリー”というものの存在意義、というか、本当に“ストーリー”などというものが存在するのか否か、という議論にこそ興味を惹かれます。
(ということで、「ストーリー:0」というのは作品に否定的な意味ではない、ということを念押ししておきます)







○ ソ・ラ・ノ・ヲ・ト

Ahe_20100425012822.jpg


ストーリー:4
キャラクター性:3
画:4
演出:5
音楽:4
総合的な評価:4

総得点:24



実質的に冬期アニメは“レールガン”とこの作品との二強でした。

原画とは似ても似つかないぐらいに京アナイズされたキャラ達に遭遇しては、「キャラクター原案:岸田メル」という大きな釣り針に見事に釣られた己の不覚を、今となってはひたすらに恥じ入るしかありません。

そうした、堀口悠紀子へのリスペクトを公言する赤井俊文によるキャラデザや、“音楽”というキーワード、“女の子5人組”というキャラ構成、ジブリ臭の漂う背景描写やBGMなど、“オリジナルアニメ”という触れ込みでありながら、実際にはオリジナルの要素などほとんど無いどころか、無節操に数多の作品の要素をゴチャ混ぜにしたカオスアニメでありましたが、むしろそういった指摘を行うこと自体が「オリジナリティの欠片もない単一的なレビュー」であるという、極めてアイロニカルな事態に直面し、改めてアニメ批評というものの難しさを思い知らされました。


まあそういったアウトラインはさて置き、この作品で真っ先に評価すべきなのはやはり、その綿密で斬新で芸術的なおしっこ表現でしょうか。

濃密なおしっこ描写に感動の嵐が吹き荒れる『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第八話』


いや、というかそこしか覚えてないというのが正直な感想なのかもしれませんが、一応うろ覚えながら作品全体の評価を下すと、BGMと背景描写のマッチングなんかは結構良かった気がします。たぶん。きっと。

それから、キャラクター性に関しては、やはりノエルちゃんの存在が非常に大きく、上記第八話における「ずっとトイレに籠ってた」宣言は、女子便所を聖地と崇めるおしっこソムリエ的には“教祖”あるいは“女神さま”と表現するに相応しい振る舞いでした。


何にせよ、おしっこに限らず、パンツの色柄、キャミソールの重要性、クリムトとエロスの関連性、尻、などなど、レールガンと同じく、中々に語り所の多い作品だったのではないでしょうか。







○ バカとテストと召喚獣

43826120_1203625292.jpg


ストーリー:2
キャラクター性:5
画:2
演出:3
音楽:2
総合的な評価:3

総得点:17




面白いと思うかどうかはさて置き、ギャグのテンポや微妙なレベルのパロディ描写なんかはある程度評価できるでしょう。
ボケとツッコミの“間”や、シチュエイションに対する演出効果など、アニメ作品というより“コント”としての完成度が高かったと思います。

“シチュエイションコント”とでも言いましょうか、レッドカーペット/エンタ世代的には面白かったんじゃないでしょうか。
そのあたりは脚本が上手く作られていましたね。

また、パンツ描写に関しては結局第一話でのタイムカウントパンツ以外には特に見所がありませんでしたが、ただ、木下秀吉というキャラクターの特性を生かした“男パンツ表現”はそれなりに良かったのではないでしょうか。

以前に当ブログでも指摘しましたが、「tnkが生えていることに抵抗がある“初心者”」への緩衝材として、同じ容姿で“ちゃんとした女の子”である双子の姉が用意されているというあざとさ親切さを加味しつつ、木下秀吉という非実在青少年への敬意を表して「キャラクター性:5」とさせていただきます。







さて、ここからは全作品通しての「ベストキャラクター賞、ベストOP・ED賞 ベスト声優賞」の発表に参りたいと思います。




ベストキャラクター賞:佐天涙子


学歴社会、ゆとり教育、平成不況、ロストジェネレイション…これら“負”の概念が支配する時代の中で、常に“負け組”のレッテルを貼られ続けてきた残念なキモオタども不遇な紳士たち。

そんな彼らが真に心から求めていた“ヒロイン像”とは何か。

それは、レベル5の超能力者でも、Aクラスの天才女子高生でも、絶対音感を持つラッパ吹きでもありません。

彼らが求めたのは「“無能力者”の俺でもヤレそうな子」という、どこかの“会いに行けるアイドル”と同じようなコンセプトの元で生み出された「普通の女の子」でした。

それが、佐天さん。


多くの“無能力者”たちを炙り出し、鮮やかに釣り上げた佐天さんにベストキャラクター賞を進呈したいと思います。




ベストOP賞:該当なし


残念なことに冬期はデュラララ!のOPが一番好きでした。




ベストED賞:該当なし


残念なことに冬期は聖痕のクェイサーのEDが(ry




ベスト声優賞・男性:下野紘


“バカとテストと召喚獣”での演技を評価しました。
演技、というよりは“間”とでも言いましょうか。
脚本を最大限に生かせる絶妙な間の取り方は中々のものでした。
コント芸人としての今後の活躍に期待します。




ベスト声優賞・女性:新井里美


なんでしょう、もはやこの人以外を選べない空気が漂っていますよね。
今さら俺が言うまでもないでしょうが、“とある科学の超電磁砲”における怪演は他の追随を許さないほどのインパクトがあり、“声優”という職業の特異性をまざまざと見せつけてくれました。
宮崎駿が声優を嫌う理由が分かった気がします。







以上、「今期終了アニメの評価をしてみないかい?8」への便乗協賛記事でした。ノシ









スポンサーサイト

2010年冬期アニメのまとめ的な何か   2010.03.28


春、別れの季節でもあり、出会いの季節でもありますね。
まあそんなことはどうでもいいんですが。

今からここは冬期アニメのまとめっぽいことをする場になります。
今期の視聴本数は2クールモノの後期などを含めて8本でした。
まあ大体いつも通りです。

本数が本数なので“総括”と言ってしまうには少々過大すぎる内容となっておりますが、まあ要するに見てた作品の最終的な評価、といったあたりで。







○ とある科学の超電磁砲

111_.jpg

面白さ:★★★★☆
熱さ:★★★★☆
佐天さん:★★★★★
腋:★★★★★


可愛らしい女の子同士が萌え萌え百合百合してるその裏で、非常に不気味なヒエラルキー社会が構築されていました。
また、百合アニメと見せかけておきながら、実は御坂美琴の立ち位置/言動が完全に“男”のそれであった点はなかなか新しいと思います。
禁書本編で上条さんから受けている言動/態度を今度は美琴が他のキャラに対して行っていた、という感じでしょうか。

佐天さんの腋及び肩から二ノ腕のラインは今期随一の神がかり的な美麗さだったと思いますごちそうさまでした。






○ あにゃまる探偵 キルミンずぅ

28594_3.jpg

面白さ:★★☆☆☆
妙な中毒性:★★★★★
悠木碧ちゃん:★★★★★


狂ってる。
以上。






○ デュラララ!

c20091117_drrr_01_cs1w1_300x.jpg

面白さ:★★★☆☆
BL:★★★★★
非日常:★★★★★
中二病:★★★★★


セルティというキャラクターの斬新さは特筆に値するでしょう。
最初、セルティに“声”が充てられているという事実に対して、「このキャラは“声が無い”というところに一つの面白さがあるのに、一体どういうこった!?」などと思ってもいたわけですが、今にして思えば、原作でも“心の声”というものはしっかり描写されているわけですし、“声”の有無は大した問題ではないと思い直しました。

むしろ、“声”という要素こそが重要なのではないか。とか、いやいや、やはり“顔”という分かりやすい記号が排除されている事にこそこのキャラクターの重要性が…とか、そんなことよりピチピチライダースーツの良さについて語り合おうぜ、とか何とか、このセルティというキャラに対する議論のネタは留まるところを知りません。
(個人的には“東のエデン”のジュイスと絡めた語りを待望しています)






○ ひだまりスケッチ×☆☆☆

300x.jpg

面白さ:★★☆☆☆
脚フェチ:★★★★☆
ノーブラ:★★★★★


一期及び二期とだいたい同じでした。
ヒロさんの脚と宮子のノーブラ以外は内容を特に覚えてませんが作品の方向としてはそれで間違っていないと思います。

そういえば、家庭内暴力を振るうヒキコモリのキモオタ少年がこの作品のファンだったそうですね。(ソースはフジテレビ)






○ バカとテストと召喚獣

accf531d.jpg

面白さ:★☆☆☆☆
パロディ:★★★☆☆
パンツ:★★★☆☆
男の娘:★★★★★


大沼監督の師匠格、新房昭之監督からの強い影響を感じさせるパンツ表現が印象的でした。

召喚獣を使ったバトルシーンや、俺のようなヌルいオタクでもすぐに元ネタが分かる、絶妙なレベルのパロディ描写などは面白かったと思います。
そのあたりはもしかしたら“ぱにぽにだっしゅ”と並べて語ることも出来るかもしれません。

何よりも、木下秀吉というキャラクターですが、まだtnkが生えていることに抵抗がある“初心者”への救済措置として“双子の姉”を用意しているあたりが本当にあざとく親切で、オタク心理をよく分かっていると思いました。

個人的には巨乳でショートカットで天然ドSで痴女なお姉ちゃんがドツボで困ります。






○ ソ・ラ・ノ・ヲ・ト

510Uj6ViLWL.jpg

面白さ:★★★★☆
悠木碧ちゃん:★★★★★
パンツ:★★★☆☆
おしっこ:★★★★★★★★★★★★


またったりアニメと見せかけて鬱展開と見せかけて空気系と見せかけてシリアスと見せかけて…と、結局最後まで何がしたいのかよく分からなかった作品でしたが、雰囲気と何かよく分からない変な伏線だけで最後まで視聴者を引き込むセンスは素直に称賛したく思います。

特筆すべきはやはり第八話のおしっこ描写でしょうか。

濃密なおしっこ描写に感動の嵐が吹き荒れる『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第八話』


また、人として大切な何かを振り切ってしまったかのようなパンツ描写にも注目が集まりました。
これほどまでに有難味の少ないパンツも珍しい。
というか俺が見たいのはパンツではなくパンチラだと(ry

“アニメノチカラ”という新しい枠の最初の作品ということで、一発目にして何か決定的に方向を見失ってしまったようにも感じますが、今後もこの意味不明な方向性で突っ走って頂ければと思います。






○ 聖痕のクェイサー

topi_500.jpg

面白さ:★★★☆☆
おっぱい:★★★☆☆
声優の有効活用:★★★★★
非実在青少年:★★★★★


テレビとインターネットの新しい関係を構築したスタイリッシュ授乳アクション。

想像の臨界点に挑め!視聴者参加型クイズ番組「聖痕のクェイサー」


“授乳”というフェティッシュな描写を取り入れているこの作品ですが、実は意外なことに“性描写”というものが皆無なんですよね。
例えば、毎度のように挿入されるお風呂シーンにしたところで、“ドラえもん”におけるしずかちゃんの入浴シーン以上のエロスは感じませんし、話題の“授乳”シーンにしても、これは“食事シーン”であって決して性描写などではありません。
また、カーチャ様によるありがたい“調教シーン”なんかも、立派なマリアを育てるための“教育/訓練シーン”なわけですから、何一つ性的な要素など含んでいないのは確定的に明らか。

非常に健全なアクションアニメでございますね。
2クール目も楽しみです。






○ ハートキャッチプリキュア

Heartcatch.jpg

面白さ:★★★★☆
変身シーン:★★★★★
花粉症:★★★★★


この作品を冬アニメ総評の枠に入れてよいものかどうか、という話は置いといて、大人も子供も楽しめる作品創りのセンスはとても素晴らしいと思いました。

商魂逞しい東映の営業努力には思わず涙さえ流れそうにもなります。

ハム速:18禁プリキュアで東映始まりすぎワロタwwwwwwwwwwwww


とりあえず作品の感想などは当ブログでも書いていますので過去の記事でも参照しておいてください。
(決して文章を書くのがいい加減めんどくさくなってきたとか、そういうのではありません)

ハートキャッチプリキュア!に学ぶ新しい保健体育のはなし

彷徨う“さくら”の亡霊『ハートキャッチプリキュア! 第6話』






以上、冬アニメまとめでした。
ではまたっ。ノシ











お前のパンツは確かに俺の心を震わせた!『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第九話』   2010.03.08


空前のおしっこ回だった前回に続き、今回は空前絶後のパンツ回でしたね。


tp




「パンツがなければスク水を穿けばいいじゃない」などというのは軽いジャパニメーションジョークでありますが、何よりもこの第九話で提示された、おっぱいに見立てたカナタの指を吸うという一連のカットによって


s12

s15



不自然なアングルから撮られたカナタのバストと共に


s13

s14



あろうことかこの作品が、スタイリッシュ授乳アニメ“聖痕のクェイサー”との繋がりを持ってしまったという、俄かには信じ難い事実を突き付けられることとなりました。


qu16

OP2.jpg




カナタの聖乳<ソーマ>を吸い取ったノエルちゃんは何と“クェイサー”だったわけですね。
タケミカヅチのクェイサー。


そして、この描写がなされる前には、しっかりとその伏線が張られていました。


s3

s4

s5



ノエルちゃんによって刺激されたダンゴ虫が固くなるという、一見すると他愛のない無邪気なシーンではありますが、何のことはない、ダンゴ虫とは上記の“授乳”シーンで固くなるであろう我々自身のことを示していたわけですね。

もちろん、その直前には、男性が持つ何かしらに酷似した形状のお芋さんが描かれてもいたわけですし


s2



そんなお芋さんが“生命の営み”に見立てられてもいたわけですから


s6



この一連のシーンが「男性の身体に付随する何ものかを弄くり回す少女たち」という、正視するに堪えない卑猥な場面であったことは誰しもが指摘するところでしょう。
こうした、変なベクトルに振り切れた開き直りっぷりからも“聖痕のクェイサー”へのリスペクトが感じられます。


話をパンツに戻すと、三人の髪の色とパンツの色とのコントラストには読者諸兄もお気付きのことでしょう。


s10

s7

黒に近い茶髪←→白パンツ



s8

s9

黒髪←→白パンツ



s11

s16

白(に近い灰色)髪←→黒パンツ




そしてこれが、“聖痕のクェイサー”における下着の色と同系統のコントラストであることにももちろんお気付きですよね。


qu13

qu14

赤髪(暖色)←→水色(寒色)



qu11

qu12

青髪(寒色)←→朱色(暖色)



パンツの色一つを取っても繋がりが垣間見えますよね。

また、この作品は軍隊というコミュニティにおける“疑似家族”モノとしての側面が強調されてもいるわけですが、“聖痕のクェイサー”においても、血の繋がらない他人同士が一つ屋根の下で食卓を囲む風景が頻繁に描かれていることを指摘しておけば、この作品と“聖痕のクェイサー”との繋がりを補強することが出来るでしょうし、加えて、脚本家吉野弘幸という名前を挙げておけば何にも増して説得力を持つことでしょう。




もっとも、こうしたソラノヲトにおける他作品へのインスパイアは今に始まったことではなく、視聴者の多くが指摘する通り、そのキャラデザや“音楽”というキーワードから“けいおん!”との繋がりを垣間見るばかりでなく、眼鏡巨乳・フィリシアなんかは、同じく“音楽”というキーワードで結ばれ、脚本家・吉野弘幸というラインで繋がれた“マクロスF”から出張してきた『遠藤綾』の名前を挙げておけば、“らき☆すた”のみwikiへと容易に辿り着くことが出来ます。


LS

(第一話に見た時点では「この眼鏡のお姉ちゃんは絶対にメインパーティーの中でハミ子にされる“5人目”に違いない!」などと予想していましたが、どうやらその予想は外れのようですね)


加えて、今回の下着姿タケミカヅチを操縦する雄姿でその魅力が倍率ドンさらに倍増したノエルちゃんなんかは、その名前からして「寒凪(かんなぎ) 乃絵留」と、ソラノヲトを制作するA-1 Picturesの過去作品“かんなぎ”へのセルフオマージュを匂わせてもいます。


また、この第九話で大量に描かれたパンツにしたところで、第一話の時点で既に


s17



パンツと共に、後にこの砦に居座ることとなる“鳥”が描かれていたわけですから、「パンツ×鳥」という勝利の方程式により、例のあの作品との繋がりを感じ取ることが可能となるでしょう。


sora2

sora1



つまり、「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト・シ・モ・ノ」で飛び立ったパンツは、野を越え山を越え、謎の戦争地帯をも飛び越えて、ここヘルベチア共和国へと降り立ったのですね。


s1


この壮大な大河ドラマには少し目頭が熱くなってしまいます。





と、何だかよく分からない方向に話が逸れてきましたが、そろそろ軌道の修正がめんどくさくなってきましたし、そもそも特に実りのある話をしていたわけでもないので今日はこのあたりでお開きとしておきましょうか。

しかしそれにしても、ほんとここ最近ノエルちゃんの魅力が急上昇していますね。
中に入ってる悠木碧ちゃんの演技の賜物でしょうか。

ユミナさんとノエルちゃんどっちを取るべきなのか、小笠原と遠藤でどっちを使うべきか頭を抱える岡田監督の如き懊悩を抱えながら今後の物語の行く末を見守ることとしましょう。

ありがとうございました。









«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。