水の音、無形の雫

アニメやゲームのレビュー、日常の様々な事象に関する考察など。C86・3日目東P21a

FC2カウンター
プロフィール

Peace-AK

Author:Peace-AK
なんとなく気が向いた時に更新していきます。
連絡はpeaceak.mizuonあっとまーくgmail.comまでお気軽にどうぞ。
『シンシアニメ』もよろしくお願いします。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンクリクリ
OTHERS
検索フォーム
RSSリンクの表示
TOP > 2010年夏期アニメ

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今期終了アニメの評価をしてみないかい?10・破   2010.11.04



前々回の記事の続きです。
早めにアップすると言っておきながらこの体たらく。
如何せんリア充なもので(^^

嘘だけど。


というわけで早速ぼそぼそと語っていきましょう。
細けぇことは前々回の記事並びに主催者様のページを参照しやがってください。



『ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人』様
今期(9月終了アニメ)を評価してみないかい?10






・ストライクウィッチーズ2

EMT1.jpg


ストーリー:2
キャラクター性:5
画:4
演出:2
音楽:2
総合的な評価:3

総得点:18



劇場映画化が決定したそうで。
普通のアニメ映画扱いになるのかそれとも∨シネマ扱いになるのかが気になりもしますよね。
最大の焦点はやはり映画館で上映されるのが乳首の見えるバージョンなのか否かでしょうか。

この夏に放映されたテレビアニメ二期では、「パンツじゃないから恥ずかしくない」に続いて何か新たに恥ずかしくない部分が出てくるのではないかと期待しておりましたが、結局パンツ以外の部分を見せるのは恥ずかしかったようですね。
ストパンという作品はそのあたりが非常に残念というか、今一歩踏み込み切れていない感じがします。
そういった意味で「演出」の点数は低めにしてあります。

あとどうでもいいですがウィッチたちはいい加減「パンツじゃなくてもイヤラシイ目で見られる」ということを自覚した方がよいのではないでしょうか。

あと、エーリカマジ天使。





・会長はメイド様!

2010730100024.jpg


ストーリー:4
キャラクター性:3
画:3
演出:2
音楽:2
総合的な評価:3

総得点:17



原作のファンなので割りと期待していましたが、特にこれといった面白みもなく、かと言って面白くないと切り捨てるほどでもなく、良くも悪くも「普通」な作品になりました。

もっとも、考え得る限り最良の締め方で最終回を迎えたので、シリーズ構成は巧みな方だったのでしょう。
原作の物語がまだ続いている中で、「途中で切るならここしかない」というベストな位置でのラストでした。
そういった点を評価して「ストーリー」は高めの点数に。

また、会長の腋描写は素晴らしいものがありました。
ハリ、ツヤ、共に申し分なく、相応のエロさも兼ね備えた腋は、まさしく「会長腋メイド様」と呼ぶに相応しいものでした。
間違いなく前期腋アニメ枠の一角を占めていましたね。
(俺は常々「腋巫女がいるんだから腋メイドもいるべきだ」と思っていたんですよ!)





・みつどもえ

nyou1.jpg


ストーリー:1
キャラクター性:4
画:2
演出:1
音楽:1
総合的な評価:2

総得点:11



下品さの演出に失敗していた感が強い作品でした。
一体なぜこんなに面白くなかったのか自分でもよく分からないぐらい決定的に何かが間違っていた感じがします。
演出なのかそれとも脚本なのか。

もっとも、パンツ描写、及びおしっこ描写(作中では“おしっこ”ではなく飽くまで“尿”)に関しては一定の評価をしてもいいかもしれません。
パンツにしろおしっこにしろ「はいているパンツ(≒パンチラ)」や「お漏らし」ではなく、脱いだあと(あるいは穿く前)の状態、あるいは出したあとのおしっこ(検尿)、即ち「物質そのものであれば恥ずかしくない」というスタイルが選択されました。
このこと自体は近年では特に珍しくはありませんが、それに加えて「外部の人間に柄などを語らせる」という手法も採り入れられていたことは特筆しておいてよいかもしれません。

まあ、何れにせよ期待していたほどのものは出て来なかったというのが率直な感想であります。





・あそびにいくヨ!

asoiku1.jpg


ストーリー:3
キャラクター性:3
画:4
演出:4
音楽:3
総合的な評価:4

総得点:21



第一話だけを見たら前期で最も優れた作品でした。
「主人公の周りが全員工作員」という設定の面白さが突出していただけに、二話で早々にバレバレユカイしてしまったのは少し焦りすぎた感があります。
しかしそれを差し引いても、濃ゆいキャラクターと設定を生かした物語構成は中々に良かったのではないでしょうか。

ディープなパロディネタやミリタリーネタなど、ハマる人にはドハマりするような印象でした。
逆に、ネタが細かすぎる反動で「伝わらない」人にはただのエロコメアニメにしか映らなかったかもしれません。

また、狂ったようなパンツ描写もいくつか見受けられ、例えば物質を消滅させる銃(あれ何て名前だったか忘れましたが)を使っての半裸同士の撃ち合いなどは中々に壮観でした。
そういった点もそれなりに評価できるでしょう。

後半の超展開も含め、二話~四話あたりを見て思っていたよりは良いクソアニメでした。






以上が各作品の評価です。
続いて個別の賞の授賞式です。


ベストキャラクター賞:宮本麗(学園黙示録)

16_20100811033028.jpg

オカルト学院勢がかなりのツワモノ揃いでどうしようか迷ったんですが昨今珍しいビッチ系ヒロインの王道ということで麗ちゃんにしました。
こんなエロビッチかわいい女の子に生きるための手段としてビジネスライクにコキ使われたいという願望は誰しもが持っていることでしょう。

また、同じパンツを何日もはき回すその姿に、我々は多くの勇気と希望を貰いましたよね。
ゾンビたちとの熾烈な戦いを潜り抜けてきたパンツも含めての選出です。





ベストOP賞:Utauyo!!MIRACLE(けいおん!!)

こういうところであんまりけいおん!!の名前を出したくないというひねくれた性根の持ち主でありますが、ここは素直に評価しておこうと思います。

けいおんの楽曲は劇中歌はいかにもそのへんのJKが作ってそうな感じを表現していましたがOPやEDの曲はおよそJKが作曲、演奏するには不釣合いな感じがして、そのあたりの対比が面白かったですね。
パンツに例えるなら劇中は普通の白パンなのに対してOPとEDでは黒レースの大人パンツをはいていた的な。





ベストED賞:蒼い春(生徒会役員共)

最初に聴いた時は思わずAngelaどないしたんやと心配になりもしましたが、聴いてるうちに段々いつものAngelaっぽく聴こえてくるあたりが面白かったと思います。
パンツに例えるなら「へぇ、蒼も意外と似合うんだね」的な。





ベスト声優賞・男性:子安武人

オカルト学院での「JK」のインパクトで選出しました。
恐らく他の誰にもあの役は出来なかったであろうし、ベテラン・子安だからこそあそこまで酷い個性的なキャラクターを演じきることが出来たのでしょう。





ベスト声優賞・女性:沢城みゆき

「濡れるッ!」の一言で選出。
ああ、いや、ストパンでのペリ犬さんの変態演技もよかったと思いますよ!







と、いったあたりで締めです。
最後の方すごいグダグダになってる感じもしますがたぶん気のせいです。
>ピッコロさん集計よろしくお願いします。

次回からは新連載:ゼロ年代のガラパゴス化するポストモダンにおけるドラマツルギーの形而上学的な想像力に関する考察が始まります。


嘘だけど。





にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

今期終了アニメの評価をしてみないかい?10・序   2010.10.23


毎クール恒例企画、『ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人』さん主催の今期終了アニメ評価企画に今回も参加させて頂きます。

今期(9月終了アニメ)を評価してみないかい?10


いつも通りルール等は主催者側に則ったフリをしながらパンツ的な評価を最優先にします。
企画者サイドから提示された基準に、以下の評価軸を加えたものが評価点数になります。

ストーリー:パンツとシナリオが良好な関係を築けているか。

キャラクター性:パンツがキャラクターとマッチしているか。

画:パンツが美味しそうに描かれているか。

演出:パンツが的確に、あるいは斬新な表現で演出されているか。

音楽:BGM/SEとパンツが合っているか。

総合的な評価:作品全体を通してのパンツ。

※この場においての「パンツ」とは、「全裸」や「おしっこ」、「おっぱい」など、「パンツ的な何か」をも含みます。



評価する作品。
一応全部ちゃんと見た作品に限定します。

けいおん!!
黒執事2
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD
オオカミさんと七人の仲間たち
世紀末オカルト学院
ストライクウィッチーズ2
会長はメイド様!
みつどもえ
あそびにいくヨ!


以上の9作品になります。
今回も2回に分けます。
では早速ぼそぼそと語っていきましょう





・けいおん!!

KO7.jpg


ストーリー:3
キャラクター性:5
画:5
演出:4
音楽:4
総合的な評価:5

総得点:26



恐らく多くの人が高得点を付けるであろう超人気作品でした。
ストーリーはあってないようなものでしたが、キャラクター性は抜きん出ていましたね。
モブキャラの活躍は目覚しいものがありました。(姫子アフターとかいちごわふたーとか作ってくれませんかね)

この作品は既に多くの論者によって語り尽くされておりますし、今さら改めて語るようなことなどもう残されていませんが、強いて言えば俺はあずにゃんが“ぼっち”だったのかどうかよりも、あずにゃんの“ポッチ”はどうなっていたのかの方が気になっていたことや、この物語で「成長」が描かれたのか否かよりも、唯の「お乳の成長」がハッキリと名言された(メイド喫茶でバイトする回)ことの方が重要であったという事実は明確にしておきたく思います。

また、学園祭において学校に泊まり込みを行ったHTTメンバーは「パンツをはきかえていたのか否か」といった重要案件や、今にわかに注目を集めている“サービス描写”である「足湯」が定期的に描かれた件などは、今後のアニメ作品にどのような影響を与えることになるのか注目したいところです。

あとどうでもいいですが俺はゆるい日常でゆるく繋がっている軽音部よりも姫子ちゃんのゆるい股と繋がりたいと





・黒執事2

shituji1.jpg


ストーリー:2
キャラクター性:3
画:3
演出:4
音楽:2
総合的な評価:2

総得点:16



個人的に敬愛している脚本家、岡田麿里枠として視聴していました。
ぼっちゃんメリメリ。

一期と同様、画面の中で何が行われているのかは全く理解できませんでしたし、理解しようとも思いませんでしたが、シュールな脚本はやはり一級品でした。
何を言っているのかはよく分からないけど何か面白いことを言っていることは分かる、そんな作品でしたね。

いかにも腐女子の好きそうなキャラクターが目白押しにされているその一方で、ぼっちゃんなんかは実質的には女の子(より正確には男の娘)として描かれてもいましたし、女性的なエロスを感じさせる描写もしばしば行われていたので、初心者のBLへの入門編として最適な作品かもしれません。





・学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD

5_20100811032947.jpg


ストーリー:4
キャラクター性:4
画:4
演出:5
音楽:3
総合的な評価:3

総得点:23



この作品は当ブログでも何度か取り上げました。
詳しくは過去の記事を漁っていただくとして、最も重要だったのはやはり「パンツ」に対するアプローチの方法でしょうか。
この作品においてパンツには、ゾンビと対になる存在としての役割が課せられていました。
ゾンビのいるところには必ずパンツがあり、パンツのあるところには必ずゾンビが現れる。
また、戦闘要員としての資質がパンツとして表出していたことは以前にも指摘しました。
つまり、「戦力」になりうる者だけがそのパンツを晒すことを許されていたのです。
(具体的には、戦闘員であった麗ちゃん、毒島さんのパンツが最も多く、次いで準戦闘員の高城さん、非戦闘員の爆乳と幼女のパンツはほとんど描かれなかった)
こうした、「パンツを見せるための演出」ではなく「パンツそのものを演出装置として使う」という発想は今までになかったものでした。

また、パンツに限らず、監督が拘っていたらしい「おっぱい」についても言及しておかねばならないでしょう。
この作品ではおっぱいの大きさが戦闘力に反比例していました。
簡単にまとめると「大きい・弱い←鞠川>高城>麗>毒島>小さい・強い」といった具合に。
(ここで問題なのはアリスちゃんが今後成長して“完成”した際にどっちの側になるのかですね。大きな非戦闘員になるのか小ぶりな戦闘員になるのか…)

まあ何にせよ、ホラーアクション作品としては完全にスベっていましたが、パンツ的には極めて重要な作品でした。





・オオカミさんと七人の仲間たち

O10.jpg


ストーリー:2
キャラクター性:3
画:2
演出:3
音楽:1
総合的な評価:2

総得点:13



J.C.STAFFで岩崎良明監督、おまけにラノベ原作と聞いたらどの程度のものが出てくるのかは事前にある程度予想が出来ようものですが、驚くほどに予想通りの作品で唖然としました。
新井里美のナレーションが賛否を呼んでいましたが、その「外し方」も予想出来る範疇のもので、そこそこ新しくありながらも、それほど斬新でもない、悪く言えば中途半端、良く言えば非常にバランスのよい演出でした。
(個人的にはオーディオコメンタリのレベルでもっとメタな感じでやってもよかったのではないかと思いました)

「予想通りすぎてつまらない」作品はいくらでもありますが、「予想通りのつまらなさがちょっと面白い」作品は結構珍しいのではないでしょうか。

「ネギま」や「ゼロの使い魔」といった、岩崎監督の過去の作品をみても分かる通り、「最近アニメ見るようになりました」的な初心者に向けた安定性の高いオーソドックスな「萌えアニメ」として、10年後に思い出補正で輝くタイプの作品でありましょう。
(そういった意味で、間口の広い平均的なアニメを作り続けられる岩崎良明という作家は何気に評価しています)





・世紀末オカルト学院

19_20100711004056.jpg


ストーリー:5
キャラクター性:4
画:3
演出:4
音楽:2
総合的な評価:4

総得点:22



おしっこで始まりうんこで終わったアニメノチカラ。
本来ならば「閃光のナイトレイド」よりもこの作品の方を先に放映する予定だったのが、ナイトレイドを前倒ししてまで制作期間を伸ばして出てきたのがコレ、という事態が既にオカルトの域に達していました。

最初から最後まで超展開の連続で、どこからツッコミを入れていけばよいのか分からない作品でありましたが、例えば演出なんかは実は前述の「学園黙示録」よりも「ホラー映画」のお約束に忠実だったり、パンツは見せずともそこかしこに性的な隠喩が散りばめられていたり(第一話レビュー参照)、登場人物が異常に濃い連中ばかりだったり、挙句の果てに魔法少女モノの要素まで取り入れられたとあっては、そこには確かに「アニメノチカラ」が凝縮されていたのではないかと、まるで詐欺にでも遭ったかのような気持ちにさせられもするでしょう。
全ての要素が見事な不協和音を奏でていましたよね。

また、マヤや美風さんの腋描写は特筆に値する出来でした。
ムチムチにした肉感的なボディにエロティシズム漂う腋がよく合っていました。
プニ腋もいいですがこういう躍動感あふれる靭やかな腋もよいものです。
そういった点でもこの作品は高く評価できるでしょう。

何にせよ、アニメノチカラ枠の最後を飾るに相応しい良質なゲテモノアニメだったのではないでしょうか。






というわけで、本日はこのへんまでにして続きは次回の更新で。
出来るだけ早くアップします。
ではっ。


「足湯」を無視できなくなってきた『アマガミSS、他』   2010.09.07



表題通りです。
今、我々は「足湯」の存在から目が離せなくなってきているのです。
まだあまり深いところまで考察できていないので簡単なまとめ程度に。


発端は春クールに放映されていた「WORKING!!」の第8話でした。

wa1_20100907024953.jpg


この回は、ワグナリアの面々が「温泉街」へ出向くというアニメオリジナルエピソードであり、当然のことながら「入浴シーン」を含む「サービス回」になると予想されていました。

しかし、そこで我々が目にしたのは、視聴者の期待を嘲笑うかのような「足湯シーン」だったのです。
このあまりに理不尽な温泉詐欺に間欠泉のごとく怒りを噴出させた方も少なくないでしょう。

wa2_20100907024953.jpg


さて、これだけなら単なる「ネタ」として消費されて終わりですが、ここで我々は今期一番の紳士アニメ、「アマガミSS」の第10話における「足湯」描写に目を向けなければなりません。

am2.jpg

am3.jpg

am4.jpg

am5.jpg


WORKING!!の時とは違い、今回は水着着用+あえぎ声のオプションまで付いているわけですから、「サービス」としての有用性で考えるとその性質は変わってくるかもしれません。

しかし、大事なのはそんな些細なことではありません。
ここで重要なのは、ドクターフィッシュにペロペロされて嬌声を上げていた痴女などではなく、橘紳士の妹、美也の存在です。

am1.jpg


(俺の)美也の存在を注視すれば、「足湯」というキーワードで繋がった「WORKING!!」と「アマガミSS」に、「ぽぷら―アスミス―美也」という、別のラインが隠されていることが分かるでしょう。
アスミスはわずか2クールの間に2回も「足湯」の現場に居合わせたのです。
さらには、この二つの作品の監督・シリーズ構成に同じ平池芳正の名前がクレジットされている点まで加味すれば、もはや「足湯」には何らかの確信的な意図を感じずにいられません。


また、アスミスと言えば、「ひだまりスケッチ」におけるセクシーな入浴シーンも記憶に新しいことと思いますが

hd1.jpg


このアマガミSS第10話においても、全くもってけしからん入浴シーンが描かれていました。

am6.jpg

am7.jpg


間欠泉のごとく鼻血を噴出させた方も少なくないでしょうが、今回のこの入浴シーンでは、アスミスはもしかしたらアニメ界の由美かおるになるのかもしれないということ以外に、ある事実が示されています。

つまり、「WORKING!!」及び「ひだまりスケッチ」において別々に描かれていた「足湯」と「お風呂」が、ここにきてついに同化を果たしたのです。
ここにも我々は何らかの意図を感じとってしまうでしょう。
「お風呂→足湯→足湯+お風呂」の流れが偶然の産物だとは思えません。
何かしらの(もしろん性的な)意味合いがあるのだと考えたくなってしまいますよね。



さて、ここでまた別の作品に目配せをしてみます。
先述の「WORKING!!―アスミス」ラインとは特に関係はありませんが、どうしても「けいおん!!」の存在を看過することが出来ないのです。
先の温泉詐欺事件の少し前に放映された第6話、梅雨の回において

kon1_20100907024953.jpg


唯の「足湯」描写がなされていたことを指摘しておきます。
つまり、この時点で既に「足湯」の布石は打たれていたのです。

また、第11話においては

kon2_20100907024953.jpg


足湯ならぬ「足氷水」が描かれてもいました。

これらの描写まで含めると、我々は2クールという短期間の間に4回も「足湯」を目撃することになったのです。
これは結構な頻度と言えるでしょう。
(けいおん!!という、多大な影響力を持つ人気作品で2回も描かれたという点も加味せねばなりません)

もちろん、過去に遡って探せば「足湯」描写などいくらでも出てくるでしょう。
しかし、これほどの頻度で、(けいおんはともかくとしても)明らかな意図をもって連続して描かれたことはなかったのではないでしょうか。
この圧倒的な「足湯」の存在感は一体何なのか。

今はまだ明確な答えを用意するには至っていませんが、例えば先述したような「アスミス―お風呂」との繋がり、あるいは脚フェチ論者などからの語りが期待されるところです。

いよいよもって我々は「足湯」の存在を無視できなくなってきました。


以上。










«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。