水の音、無形の雫

アニメやゲームのレビュー、日常の様々な事象に関する考察など。C86・3日目東P21a

FC2カウンター
プロフィール

Peace-AK

Author:Peace-AK
なんとなく気が向いた時に更新していきます。
連絡はpeaceak.mizuonあっとまーくgmail.comまでお気軽にどうぞ。
『シンシアニメ』もよろしくお願いします。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンクリクリ
OTHERS
検索フォーム
RSSリンクの表示
TOP > 2009年05月

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時計じかけのクリスタル   2009.05.23

本日のお題。



『FF5の真実』



ファイナルファンタジー5の話です。
未だ知られざる真実を皆様にお教えしましょう。



FF5





シリーズ最高傑作の呼び声高い“5”の「すっぴん」についてですが。

「すっぴん」とはつまり何のジョブにも就いていないということであり、即ち「無職」ということになります。
最初はみんな「すっぴん=無職」状態で旅を始めて、クリスタルが砕ける度に新しく「ジョブ=仕事」に就くことになります。


そこで少し考えてみて下さい。
彼らの当初の旅の目的はなんでしょう?
そうです、クリスタルが“砕けるのを防ぐ”ための旅です。
つまり、彼らは自らの就労の機会を潰すために旅をするのです。

要するに彼らは働きたくないのです。


ゴブリンにレイプされかけていたビッチを助けた時も、記憶喪失のクソジジイの介護を申し出た時も、海賊のアジトでシージャックしようとした時も、トゥールの村の初心者の館でMプレイに目覚めた時も、彼らはずっと働いたら負けかなと思っていたのです。


このような思考を持った人を私たちは知っています。


そうです、ニートです。

FF5の主人公達はNEETだったのです。


しかし、彼らの自由気ままなニートライフも程無く終焉を迎えます。
風の神殿のクリスタルが砕け散り、彼らは「ジョブ=仕事」を手に入れてしまいます。
つまり、仕送りを貰っていた親の急死により就職活動を余儀なくさるという状況に陥るのです。


最初に彼らが職安から紹介される仕事は斬る、殴る、回復する、害を与える、などの単調な労働ばかりです。
それはそうですよね?彼らはずっとニートで、働くことを知らなかったのですから、いきなり高度な戦術を必要とするような仕事に就かせてもらえるはずがありません。
それでも彼らは嫌々ながらそれぞれの職に就き、自立を果たそうと頑張ります。



しかしながら、彼らには一つ大きな問題がありました。
それはプレッシャーに対する耐性の低さです。
ずっと親のスネを齧り、家から出ずに生活していたため、“責任”や“義務”という言葉に滅法弱く、少しでもプレッシャーを与えられるとすぐに投げやりになってしまいます。
そんな彼らですから、当然のように「俺は今のように何の責任もない下っ端のままでいいや」という思考に陥ります。
それだけでなく「出世したって責任が重くなるだけだし遊ぶ時間も少なくなるしいいことねぇや。だったら現状維持を最優先に行動しよう」と思うようになります。

そのため、彼らは必死になって他のクリスタルが砕けるのを防ごうとします。



ところが、彼らの奮闘も虚しく次々にクリスタルは砕け散り、その度に彼らはより責任の重い役職に就くことになります。

しかしどうでしょう、最初は責任の重さや与えられる仕事の難易度に辟易していた彼らですが、だんだん熱心に仕事に取り組むようになります。
最初に就いた職業では出来ないようなスキルをたくさん身に付け、様々な角度から物事に取り組むことが出来るようになると、捻くれたヒキコモリ思考しか持ち合わせていなかった彼らが働くことの喜びを感じるようになってくるのです。
そしてついには世界中を飛び回る立派なビジネスマンへと成長するのです。



そして最初の「すっぴん」へと話は戻ります。
この「すっぴん」というのは、他のジョブを全てマスターすると「すっぴんマスター」という究極のジョブへと進化します。

つまり、あらゆる仕事で成果を残し、富と名声を得た者だけが辿りつける幻の職業「隠居生活」です。
その証拠にほら、ステータス画面を見て下さい。
すっぴんマスターが出てくる頃にはギルの数値がとんでもないことになっているでしょう?
「投げる」で使うためだけにグレートソードを買い漁れるぐらいの預金が貯まっているはずです。



要約します。
つまるところファイナルファンタジー5とは、ニートの青年達が汗水流して働くことの喜びを知り、大富豪へとのし上がっていくサクセスストーリーなのです。


これがFF5の真の物語です。
ありがとうございました。




思えば、スクエニ(旧スクウェア)という会社はいつも我々に人生で大切なことを教えてくれていました。
毎日働きもせずにだらしねぇ生活を送っているニート諸君も、ぜひ一度FF5をプレイし、人生とは何か、働くとはどういうことか、そういったことを考えてみてはいかがでしょうか。

おわり。
スポンサーサイト

髭親父は電気亀の夢を見るか?   2009.05.16

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム Tag [マリオ]
本日のお題


『クッパはピーチ姫を拉致して何をしようとしていたのか』




「スーパーマリオ」というゲームシリーズのことは皆さんもご存知だと思います。
悪の大魔王クッパのことも当然ご存知だと思います。
昔やってたアニメ版でクッパの声を和田アキ子が当ててたことももちろん知っていますね?




Kuppa




では早速本題に入ります。大魔王クッパはなぜ毎回毎回ピーチ姫をさらうのか。
公式設定によると「クッパがかけた魔法を解く力をピーチ姫が持っているから」とされています。

しかしながら、それだけの理由でわざわざ誘拐する必要があるとはどうしても思えません。
なぜなら、クッパ程の実力者なら誘拐などする前に見つけ次第SATSUGAIする事も出来るでしょうし、そもそも最初に誘拐してからマリオに突撃されるまでの間一体何をしていたのか?という話になります。
つまり何か他に理由があるのです。


彼はファミコン時代から今に至るまであらゆる媒体でピーチ姫を拉致 監禁していますが、恐らく、最初に誘拐された時以来姫の周辺には厳重な警備が付けられていたでしょう。城内や城に至るまでの道のりにも様々なトラップや防犯システムが組み込まれていた筈です。もしかしたら有事の際の特別措置法案も成立しているかもしれません。

そのような、幾重にも張り巡らされた警備網を突破しなければならないリスクを負ってまで彼女をさらう理由とは何なのでしょうか?



思いつく限りの理由を列挙してみます。


※1 最初に誘拐した際、ピーチ姫に対して恋愛感情が生まれ、その一方的な愛情を押し付けるため


※2 自己の性欲を満たすための強硬手段


※3 クーデターを起こし国家を転覆させキノコ王国の政権を握るための人質として


※4 キノコ王国との間に過去に何らかの因縁があり、謝罪、賠償や経済的支援を引き出すための人質として




※1はいわゆるストーキング行為ですが、これについては却下です。

なぜなら、マリオブラザーズ3に於いて“クッパの子供達”が出てくるからです。
つまり、彼は結婚し家庭があるのです。
1及び2には出てこなっかたので、必然的に2と3の間に出来た子であると言えます。

よって、少なくとも3以降は恋愛感情は生まれにくいと推測できます。



※2に関しても同様に却下です。

クッパの子供達は全部で7人いますが、これはようするに7人もの子供を作りたくなるほど嫁が魅力的であるということが言えます。
そのような状況下でとても※1や※2のような理由でピーチ姫に手を出すとは思えません。



※3に関しては、「そもそもキノコ王国を襲う理由とは何なのか」という疑問に直結します。

もしも国家の転覆を狙っているのなら、その国の姫君を拉致することは非常に有効であると思われます。
しかしながら、キノコ王国の国民達を土管やブロックに変えてしまう程の実力を持つクッパ大王が、人質を取らなければ勝てないような軍事力を王国側が持っているとは考えられません。
事実、厳重なはずの警備網を突破しピーチ姫をさらっているわけですから。

恐らく「マリオ」という切り札を抜きにした純粋な軍事力ならクッパ軍団の方が圧倒的に勝っているでしょう。
もしもクーデターを起こすなら、最も簡単な手順は

ピーチ姫殺害→周辺に配備した武装兵力による突入→マリオがやってくる前に城を制圧→国王を人質にする→マリオ殺害→国王を追放し政権掌握

となるはずです。
しかし、彼は律儀にも姫を確保した後一旦自分の城に戻り、生かしたまま監禁するのです。


そこで※4の可能性です。

仮に、過去に戦争なりなんなりでクッパの持つ領土がキノコ王国に占領されており、その際、言論統制や従軍慰安婦など、現地民にとって多大な苦痛や損害を与えていたとしたらどうでしょう?
当時の大王の息子であるクッパがノコノコやクリボーなどを洗脳し特殊工作員としてキノコ王国に送り込み、拉致事件を起こしているという可能性が考えられます。

また、拉致被害者であるピーチ姫の身柄やキラーと名付けられた“弾道ミサイル”を切り札に、キノコ王国に対し謝罪及び賠償金を要求している可能性は十分にありえます。

さらに、テレサの顔色の悪さや、飢餓のあまり骨だけになってしまったカロンの姿を見ている限り、クッパの統治する国が経済的に豊かであるようにはとても見えません。
そういった観点からも拉致被害者を人質にした金銭交渉を行おうという意図が見え隠れしますよね。




と、ここまでクッパ大王とピーチ姫にまつわる4つの可能性について言及してきましたが、最後に5つめの可能性を提示しておきたいと思います。


※5 実はキノコ王国とクッパ王国が、最強の軍事力であり危険度Sランクの生物兵器であるマリオの“戦闘欲求”を常に満たし続け、それにより両国の平和を維持しようという秘密協定に基づき、マリオには内緒ででピーチ姫の誘拐劇を自演している。



つまり全ては“やらせ”であったと。
しかしこの案ならば全ての辻褄が合うんですよね。
ピーチ姫に対するクッパ側の紳士的すぎる扱いも然り、毎回いとも簡単に誘拐されるキノコ側の警備の不備も然り。

例えば“マリオRPG”において、ピーチ姫の攻撃力はクリティカル補正などによってクッパを軽く上回ります。

つまり“ピーチ姫はクッパより強い”わけです。

そう、そもそもピーチ姫がクッパに誘拐されるなどという事態は起こり得ないのです。



そう考えると、子どもの頃の我々は一体何をやっていたのかとすら思えてしまいますね。

こんなのもはや詐欺ですよ!詐欺!


全くもって不愉快だ!


これはもう任天堂に謝罪と賠償を要求するしかない!














というモンペア並みの発言を以てオチとしたいと思います。

ありがとうございました。
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。