水の音、無形の雫

アニメやゲームのレビュー、日常の様々な事象に関する考察など。C86・3日目東P21a

FC2カウンター
プロフィール

Peace-AK

Author:Peace-AK
なんとなく気が向いた時に更新していきます。
連絡はpeaceak.mizuonあっとまーくgmail.comまでお気軽にどうぞ。
『シンシアニメ』もよろしくお願いします。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンクリクリ
OTHERS
検索フォーム
RSSリンクの表示
TOP > 2010年03月

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年冬期アニメのまとめ的な何か   2010.03.28


春、別れの季節でもあり、出会いの季節でもありますね。
まあそんなことはどうでもいいんですが。

今からここは冬期アニメのまとめっぽいことをする場になります。
今期の視聴本数は2クールモノの後期などを含めて8本でした。
まあ大体いつも通りです。

本数が本数なので“総括”と言ってしまうには少々過大すぎる内容となっておりますが、まあ要するに見てた作品の最終的な評価、といったあたりで。







○ とある科学の超電磁砲

111_.jpg

面白さ:★★★★☆
熱さ:★★★★☆
佐天さん:★★★★★
腋:★★★★★


可愛らしい女の子同士が萌え萌え百合百合してるその裏で、非常に不気味なヒエラルキー社会が構築されていました。
また、百合アニメと見せかけておきながら、実は御坂美琴の立ち位置/言動が完全に“男”のそれであった点はなかなか新しいと思います。
禁書本編で上条さんから受けている言動/態度を今度は美琴が他のキャラに対して行っていた、という感じでしょうか。

佐天さんの腋及び肩から二ノ腕のラインは今期随一の神がかり的な美麗さだったと思いますごちそうさまでした。






○ あにゃまる探偵 キルミンずぅ

28594_3.jpg

面白さ:★★☆☆☆
妙な中毒性:★★★★★
悠木碧ちゃん:★★★★★


狂ってる。
以上。






○ デュラララ!

c20091117_drrr_01_cs1w1_300x.jpg

面白さ:★★★☆☆
BL:★★★★★
非日常:★★★★★
中二病:★★★★★


セルティというキャラクターの斬新さは特筆に値するでしょう。
最初、セルティに“声”が充てられているという事実に対して、「このキャラは“声が無い”というところに一つの面白さがあるのに、一体どういうこった!?」などと思ってもいたわけですが、今にして思えば、原作でも“心の声”というものはしっかり描写されているわけですし、“声”の有無は大した問題ではないと思い直しました。

むしろ、“声”という要素こそが重要なのではないか。とか、いやいや、やはり“顔”という分かりやすい記号が排除されている事にこそこのキャラクターの重要性が…とか、そんなことよりピチピチライダースーツの良さについて語り合おうぜ、とか何とか、このセルティというキャラに対する議論のネタは留まるところを知りません。
(個人的には“東のエデン”のジュイスと絡めた語りを待望しています)






○ ひだまりスケッチ×☆☆☆

300x.jpg

面白さ:★★☆☆☆
脚フェチ:★★★★☆
ノーブラ:★★★★★


一期及び二期とだいたい同じでした。
ヒロさんの脚と宮子のノーブラ以外は内容を特に覚えてませんが作品の方向としてはそれで間違っていないと思います。

そういえば、家庭内暴力を振るうヒキコモリのキモオタ少年がこの作品のファンだったそうですね。(ソースはフジテレビ)






○ バカとテストと召喚獣

accf531d.jpg

面白さ:★☆☆☆☆
パロディ:★★★☆☆
パンツ:★★★☆☆
男の娘:★★★★★


大沼監督の師匠格、新房昭之監督からの強い影響を感じさせるパンツ表現が印象的でした。

召喚獣を使ったバトルシーンや、俺のようなヌルいオタクでもすぐに元ネタが分かる、絶妙なレベルのパロディ描写などは面白かったと思います。
そのあたりはもしかしたら“ぱにぽにだっしゅ”と並べて語ることも出来るかもしれません。

何よりも、木下秀吉というキャラクターですが、まだtnkが生えていることに抵抗がある“初心者”への救済措置として“双子の姉”を用意しているあたりが本当にあざとく親切で、オタク心理をよく分かっていると思いました。

個人的には巨乳でショートカットで天然ドSで痴女なお姉ちゃんがドツボで困ります。






○ ソ・ラ・ノ・ヲ・ト

510Uj6ViLWL.jpg

面白さ:★★★★☆
悠木碧ちゃん:★★★★★
パンツ:★★★☆☆
おしっこ:★★★★★★★★★★★★


またったりアニメと見せかけて鬱展開と見せかけて空気系と見せかけてシリアスと見せかけて…と、結局最後まで何がしたいのかよく分からなかった作品でしたが、雰囲気と何かよく分からない変な伏線だけで最後まで視聴者を引き込むセンスは素直に称賛したく思います。

特筆すべきはやはり第八話のおしっこ描写でしょうか。

濃密なおしっこ描写に感動の嵐が吹き荒れる『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第八話』


また、人として大切な何かを振り切ってしまったかのようなパンツ描写にも注目が集まりました。
これほどまでに有難味の少ないパンツも珍しい。
というか俺が見たいのはパンツではなくパンチラだと(ry

“アニメノチカラ”という新しい枠の最初の作品ということで、一発目にして何か決定的に方向を見失ってしまったようにも感じますが、今後もこの意味不明な方向性で突っ走って頂ければと思います。






○ 聖痕のクェイサー

topi_500.jpg

面白さ:★★★☆☆
おっぱい:★★★☆☆
声優の有効活用:★★★★★
非実在青少年:★★★★★


テレビとインターネットの新しい関係を構築したスタイリッシュ授乳アクション。

想像の臨界点に挑め!視聴者参加型クイズ番組「聖痕のクェイサー」


“授乳”というフェティッシュな描写を取り入れているこの作品ですが、実は意外なことに“性描写”というものが皆無なんですよね。
例えば、毎度のように挿入されるお風呂シーンにしたところで、“ドラえもん”におけるしずかちゃんの入浴シーン以上のエロスは感じませんし、話題の“授乳”シーンにしても、これは“食事シーン”であって決して性描写などではありません。
また、カーチャ様によるありがたい“調教シーン”なんかも、立派なマリアを育てるための“教育/訓練シーン”なわけですから、何一つ性的な要素など含んでいないのは確定的に明らか。

非常に健全なアクションアニメでございますね。
2クール目も楽しみです。






○ ハートキャッチプリキュア

Heartcatch.jpg

面白さ:★★★★☆
変身シーン:★★★★★
花粉症:★★★★★


この作品を冬アニメ総評の枠に入れてよいものかどうか、という話は置いといて、大人も子供も楽しめる作品創りのセンスはとても素晴らしいと思いました。

商魂逞しい東映の営業努力には思わず涙さえ流れそうにもなります。

ハム速:18禁プリキュアで東映始まりすぎワロタwwwwwwwwwwwww


とりあえず作品の感想などは当ブログでも書いていますので過去の記事でも参照しておいてください。
(決して文章を書くのがいい加減めんどくさくなってきたとか、そういうのではありません)

ハートキャッチプリキュア!に学ぶ新しい保健体育のはなし

彷徨う“さくら”の亡霊『ハートキャッチプリキュア! 第6話』






以上、冬アニメまとめでした。
ではまたっ。ノシ











スポンサーサイト

で、結局彼は何がしたかったわけ?『東のエデン 劇場版II Paradise Lost』   2010.03.22

テーマ:アニメ - ジャンル:映画 Tag [東のエデン] [ジュイスは俺の嫁]

待ちに待った“東のエデン”劇場版、完結編を見てきました。


eden01.jpg



実は観賞した当日、某所で大規模なイベントが開催されていて、昼間はそちらのイベントに足を運んでいたため、もはや脚はスティックになるわ肩は上がらなくなるわと、さながら親友のために夜通し走り続けたメロスの如き満身創痍の身体だったわけでありますが、それでもセリヌンティウスとの友情を裏切るわけにはいくまいと、その素晴らしき映画作品をこの目にしかと焼き付けてきた次第です。



さて、東のエデンに関しては、テレビ放映時に当ブログでも取り上げたことがありましたが

『東のエデンに潜む強烈な萌え要素』

今回は俺の大好きなジュイスちゃんの出番が少なくて少し寂しい思いをしました。

あ、基本的にネタバレ全力でいくんでヨロシク。



んで、まあこの劇場版IIでは、ジュイスという最強ヒロインを差し置いて、森美咲とかいうよく分からないビッチがなんかヒロインみたいなポジションに置かれていました。

俺はこのことに非常に強い違和感を感じてもいたわけですが、しかしある一つの要因によって許容せざるを得なくなったのです。

咲ちゃんの服装です。
この、劇場版IIにおいて、咲ちゃんは「肩と腋を丸出しにしたノースリーブワンピース」という、極めて攻撃的でけしからんファッションをしておられました。

もはや映画の内容などどうでもいいぐらいに非常に綺麗で鮮やかな腋を晒しておったのです。


しかもです、全編を通して髪をアップにまとめており、なんたることか、その“うなじ”までをも惜し気もなく晒しているではありませんか。

このことに、俺は自分が一体何のVシネマを見ているのかと、頭が混乱してしまいもしました。


映画作品ということで、通常のテレビアニメと違ってキャプチャを撮ったり出来ないのが非常にもどかしいですが、とにもかくにも素晴らしいファッションセンスでした。
肩及び腋の露出具合が近年稀に見る芸術的な比率で構成されており、また、肩から肘にかけてのライン、及びきめ細やかな腋の描写は、まさしくこの作品が単なるオタク向けアニメ映画ではなく“芸術作品”であると、世に知らしめて止まないことでしょう。

控えめなお乳が腋の存在感をさらに際立たせている点も好評価できますよね。


腋論壇人の一人として、ぜひともこの作品はブルーレイを購入してハイビジョンで観賞することをお勧めしたい。




とまあ、そういった感じで、咲ちゃんの腋と肩ばかり見ていたので、映画の内容自体はよく覚えてませんが、まあ「昭和の世代が作り上げた古いシステムは昭和の世代で完結させて真っ白な状態で次の世代に引き継いだらどうよ?」みたいな話だったと思います。

大方の予想通り、ほとんどの伏線は投げっ放しにして謎を残しておくことで「なんかよく分からないけど凄い重厚で深遠なテーマが潜んでいるように“見せかける”」という、実に押井ファミリーらしいアレでした。

もっとも、この作品に限らず、こうした手法を取り入れた作品は、作品の内容自体よりも、むしろ“作品について議論する”ことにこそ面白みがあるわけですから、作品の方向性としてはこれ以上ない終わり方だったと思います。

また、本来“スイーツ(笑)層に攻殻を見せる”というコンセプトがあったわけですから、そういう意味でも大成功だったのではないでしょうか。

実際、映画館には“ハルヒ”や“なのは”の観客のような、これでもかと言わんばかりのオタクじみたオタクよりも、ヴィレッジヴァンガードやフランフランにいるようなオサレな若者が多かった印象がありますしね。


それにしても、やはり最近の女の子は滝沢君みたいなちょっと強引で茶目っ気のある、線の細い草食系男子じみた実在青少年が好きなんでしょうか?

東のエデン全体の構図として「一昔前の少女マンガ」なんですよねこれ。
テーマとか細かいギミックは置いといて、要するに王子様願望の強いスイーツ女子が何かすごいポテンシャルを持ったイケメンを追いかけるっていう話なわけですから。

そういったあたりも、“少女マンガ世代”のOLなんかに受けた理由なんでしょうねきっと。



と、いったあたりで本日は〆ておきたいと思います。
ありがとうございました。









彷徨う“さくら”の亡霊『ハートキャッチプリキュア! 第6話』   2010.03.15

早いもので2010年ももう3月半ば。
春度も良い感じに高まってきて、そろそろ桜の季節がやってきますね。
もっとも、俺にとっては花粉症との辛い闘病生活を送らなければならない憂鬱な季節でしかないわけですが。


ハートキャッチプリキュア!第6話です。

1.jpg



さて、物語の開始当初からこの作品では

敵を倒す

“ココロの種”が精製される

それを収集する


というプロセスが描かれてきたわけですが


16.jpg

12.jpg

13.jpg



今回の第6話において、新たに「集めたココロの種をパワーアップアイテムとして使用する」という描写がなされました。


6.jpg

7.jpg

8.jpg

9.jpg

10.jpg

11.jpg



これを見た時、俺はとある作品を思い出したのです。

そう、日本で最も多くの精液を吸い取った幼女、“カードキャプターさくら”ですね。


sa1.jpg

sa7.jpg

sa8.jpg



HCプリキュアで描かれた“ココロの種”に関する一連のプロセスは、まさしくCCさくらのクロウカードシステムそのものではありませんか。

敵を倒す

クロウカードが精製される

それを収集する

集めたカードを魔法として使用する


sa5.jpg

sa4.jpg



全国の紳士を熱狂させた「ランドセルを背負った汎用人型決戦兵器」が、よもやこのような形で復活を遂げようとは思ってもみませんでした。
恐るべしニチアサ。


もっとも、俺はただ単にココロの種システムとクロウカードが似ていると思っただけであって、キャラの名前を並べては「キュアブロッサム=桜=さくら」などという意味不明な図式を組み上げたり、それぞれの相方である、ロングヘアーの非実在青少年が


14.jpg

sa2.jpg


双方共に“ファッション”に造詣が深い、などといった旨を論ってみたり


15_20100315202350.jpg

sa3.jpg


それぞれのイメージカラーの対比(ピンク・レッド←→ブルー・ブラック)を重ねるなどしては、「この作品にはCCさくらへのリスペクトが溢れている!」などと暴論を垂れ流すような下らない真似はいたしません。


俺はただ純粋に、ココロの種を使って今後どんなバストアップパワーアップが可能になるのだろうとワクワクしたり、もしもプリキュアの二人が“花粉症”だったら大変だなぁなどといらぬ心配をしてみたり、二人の変身シーンを眺めては


2.jpg

3.jpg


女の子が互いに何かしらの液体をぶっかけ合うなんて、なんて微笑ましくて健康的な描写なんだろう、とピュアーな心を躍らせ感動したい、ただそれだけなのでございますよ。

実に清々しい作品ではないですか。
こういう作品をこそ世のオタクたちは評価すべきなんですよね。
エロだのパンツだのといった低俗な萌えアニメ(笑)など規制でも何でもされて滅びてしまえばいい。

もうプリキュアだけ見れればそれでいいっす。




以上。
ありがとうございました。








«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。