水の音、無形の雫

アニメやゲームのレビュー、日常の様々な事象に関する考察など。C86・3日目東P21a

FC2カウンター
プロフィール

Peace-AK

Author:Peace-AK
なんとなく気が向いた時に更新していきます。
連絡はpeaceak.mizuonあっとまーくgmail.comまでお気軽にどうぞ。
『シンシアニメ』もよろしくお願いします。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンクリクリ
OTHERS
検索フォーム
RSSリンクの表示
TOP > 2010年03月

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お前のパンツは確かに俺の心を震わせた!『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第九話』   2010.03.08


空前のおしっこ回だった前回に続き、今回は空前絶後のパンツ回でしたね。


tp




「パンツがなければスク水を穿けばいいじゃない」などというのは軽いジャパニメーションジョークでありますが、何よりもこの第九話で提示された、おっぱいに見立てたカナタの指を吸うという一連のカットによって


s12

s15



不自然なアングルから撮られたカナタのバストと共に


s13

s14



あろうことかこの作品が、スタイリッシュ授乳アニメ“聖痕のクェイサー”との繋がりを持ってしまったという、俄かには信じ難い事実を突き付けられることとなりました。


qu16

OP2.jpg




カナタの聖乳<ソーマ>を吸い取ったノエルちゃんは何と“クェイサー”だったわけですね。
タケミカヅチのクェイサー。


そして、この描写がなされる前には、しっかりとその伏線が張られていました。


s3

s4

s5



ノエルちゃんによって刺激されたダンゴ虫が固くなるという、一見すると他愛のない無邪気なシーンではありますが、何のことはない、ダンゴ虫とは上記の“授乳”シーンで固くなるであろう我々自身のことを示していたわけですね。

もちろん、その直前には、男性が持つ何かしらに酷似した形状のお芋さんが描かれてもいたわけですし


s2



そんなお芋さんが“生命の営み”に見立てられてもいたわけですから


s6



この一連のシーンが「男性の身体に付随する何ものかを弄くり回す少女たち」という、正視するに堪えない卑猥な場面であったことは誰しもが指摘するところでしょう。
こうした、変なベクトルに振り切れた開き直りっぷりからも“聖痕のクェイサー”へのリスペクトが感じられます。


話をパンツに戻すと、三人の髪の色とパンツの色とのコントラストには読者諸兄もお気付きのことでしょう。


s10

s7

黒に近い茶髪←→白パンツ



s8

s9

黒髪←→白パンツ



s11

s16

白(に近い灰色)髪←→黒パンツ




そしてこれが、“聖痕のクェイサー”における下着の色と同系統のコントラストであることにももちろんお気付きですよね。


qu13

qu14

赤髪(暖色)←→水色(寒色)



qu11

qu12

青髪(寒色)←→朱色(暖色)



パンツの色一つを取っても繋がりが垣間見えますよね。

また、この作品は軍隊というコミュニティにおける“疑似家族”モノとしての側面が強調されてもいるわけですが、“聖痕のクェイサー”においても、血の繋がらない他人同士が一つ屋根の下で食卓を囲む風景が頻繁に描かれていることを指摘しておけば、この作品と“聖痕のクェイサー”との繋がりを補強することが出来るでしょうし、加えて、脚本家吉野弘幸という名前を挙げておけば何にも増して説得力を持つことでしょう。




もっとも、こうしたソラノヲトにおける他作品へのインスパイアは今に始まったことではなく、視聴者の多くが指摘する通り、そのキャラデザや“音楽”というキーワードから“けいおん!”との繋がりを垣間見るばかりでなく、眼鏡巨乳・フィリシアなんかは、同じく“音楽”というキーワードで結ばれ、脚本家・吉野弘幸というラインで繋がれた“マクロスF”から出張してきた『遠藤綾』の名前を挙げておけば、“らき☆すた”のみwikiへと容易に辿り着くことが出来ます。


LS

(第一話に見た時点では「この眼鏡のお姉ちゃんは絶対にメインパーティーの中でハミ子にされる“5人目”に違いない!」などと予想していましたが、どうやらその予想は外れのようですね)


加えて、今回の下着姿タケミカヅチを操縦する雄姿でその魅力が倍率ドンさらに倍増したノエルちゃんなんかは、その名前からして「寒凪(かんなぎ) 乃絵留」と、ソラノヲトを制作するA-1 Picturesの過去作品“かんなぎ”へのセルフオマージュを匂わせてもいます。


また、この第九話で大量に描かれたパンツにしたところで、第一話の時点で既に


s17



パンツと共に、後にこの砦に居座ることとなる“鳥”が描かれていたわけですから、「パンツ×鳥」という勝利の方程式により、例のあの作品との繋がりを感じ取ることが可能となるでしょう。


sora2

sora1



つまり、「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト・シ・モ・ノ」で飛び立ったパンツは、野を越え山を越え、謎の戦争地帯をも飛び越えて、ここヘルベチア共和国へと降り立ったのですね。


s1


この壮大な大河ドラマには少し目頭が熱くなってしまいます。





と、何だかよく分からない方向に話が逸れてきましたが、そろそろ軌道の修正がめんどくさくなってきましたし、そもそも特に実りのある話をしていたわけでもないので今日はこのあたりでお開きとしておきましょうか。

しかしそれにしても、ほんとここ最近ノエルちゃんの魅力が急上昇していますね。
中に入ってる悠木碧ちゃんの演技の賜物でしょうか。

ユミナさんとノエルちゃんどっちを取るべきなのか、小笠原と遠藤でどっちを使うべきか頭を抱える岡田監督の如き懊悩を抱えながら今後の物語の行く末を見守ることとしましょう。

ありがとうございました。









スポンサーサイト
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。