水の音、無形の雫

アニメやゲームのレビュー、日常の様々な事象に関する考察など。C86・3日目東P21a

FC2カウンター
プロフィール

Peace-AK

Author:Peace-AK
なんとなく気が向いた時に更新していきます。
連絡はpeaceak.mizuonあっとまーくgmail.comまでお気軽にどうぞ。
『シンシアニメ』もよろしくお願いします。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンクリクリ
OTHERS
検索フォーム
RSSリンクの表示
TOP > 2010年10月

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルート分岐の可視化と乳首の可視化『ヨスガノソラ 第4話』   2010.10.26



本来なら前回の記事の続きを書く予定でしたが、ヨスガノソラ第4話がちょっと面白かったので急遽感想文を書くことにしました。

ysg1.jpg


このヨスガノソラという作品、第一話を見た時から何となく「エロゲ」のパロディっぽいと思っていましたが(参照:第一話レビュー)、ここにきていよいよその批評性が色濃くなってきました。

ysg2.jpg


次回予告でも語られたとおり、どうやらこの作品はヒロインごとにリセットしてルート選択からやり直すという構成のようで、今だと「アマガミSS」なんかがリセット方式を取り入れていますが、最初からやり直しのアマガミに対し、この作品では「共通パート」はそのままで「セーブポイント」からのやり直しが成されるようですね。

この「セーブ→CG回収→リセット→再度ルート選択」というのは正しくエロゲ(広義にギャルゲー)の流れそのものでありますが、そうした「神のみぞ知る世界」をそのままアニメとして再現してしまうという試みは中々に新しいのではないでしょうか。
例えば、SF作品などで「ループネタ」というのがありますが(“エンドレスエイト”や“ひぐらし”など)、そうした作品は「ループ」という要素そのものがストーリーを形作っているのに対し、このヨスガノソラではもっとメタな部分で“ネタ”として扱われているのです。
その象徴が次回予告における瑛の発言、「もっかい二話の終わりからっ」というものでありましょう。

ysg3.jpg


「エロゲのストーリーをアニメ化」というのはいくらでもありますが、リセット→ルート選択の流れそのものが可視化された、言わば「ゲームの“システム”までをも含めたアニメ化」というのは極めて斬新だと言えるでしょう。

もちろん、その「システム」の中には「回想モード」も含まれていますよね。

ysg4.jpg

ysg5.jpg


エッチシーンに行くか!?と思わせておいて唐突に挿入されるヴイオラの演奏シーンでは思わず「Nice viola.」と呟きそうにもなりましたが、そこで行われた「回想」では非実在青少年による健全なエクストリームスポーツが描かれていました。

ysg6.jpg

ysg7.jpg
※当方の判断により自主規制

セーブ&リセット方式の構成に加えて、回想モードまで再現されたとあっては、この作品にエロゲ(エロゲアニメ)への批評的な視線を感じ取ってしまっても何らおかしくはないでしょう。
ともすれば、「選ばれなかった他のヒロイン」の不自然なフェードアウトの仕方(特にソラちゃん)であったり、蛇足的なエッチシーンの挿入自体が、何かエロゲに対するアイロニカルな思想から来ているのではないかと勘ぐったりもしてしまいますよね。

ysg8.jpg



と、思ったより真面目な話になってきましたが、当ブログはあくまでパンツの感想ブログなので、帳尻合わせのために少しだけ不真面目な話もしておきます。
乳首についてです。

皆さんもご存知の通り、この作品は第一話の段階から既に「乳首が見えるバージョン」でありましたが、今回のエッチシーンでより一層のポルノ化が進みました。

ysg9.jpg
※当方の判断により自主規制

DVDやBDでは一体どのような魔法が解けるのか、もしかしてパンツや乳首を通り越してまさかの「内蔵描写」にまで到達するのではないか、などといった興味をそそられたりもしますが、何よりも興味を惹かれたのは以下のカットでした。

ysg10.jpg


画面焼けを起こしそうなほどの“光”が見事な職人技を見せつけてくれていますが、どうせこのあと乳首見えるのになぜこのような“光”が必要だったのでしょうか。
この一点がどうしても腑に落ちないのです。

そこで、一つの可能性を検討してみます。
このカットでは、(見た人は分かると思いますが)乳首、というか乳房が紳士の手によって揉まれています。
それはもう盛大に揉みしだかれています。
そして、他の乳首が見えるバージョンのカットでは、直接的な攻撃を受ける描写が成されていない、「左手は添えるだけ」状態で描かれているのです。
実はここに大きなヒントが隠されているのではないか。

例えば、大きなお友達に大人気のニチアサアニメ「ハートキャッチプリキュア」なんかでは、徒手空拳による格闘シーンは描かれても、(女の子が)直接打撃を受ける、インパクトの瞬間は省かれて描かれています。
(殴られる!と思った次のカットでは既に吹き飛んでいる)

プリキュアがどこのPTAに気を使ったのかはよく分かりませんが、このヨスガノソラの乳首に関しても同じことが言えるのではないでしょうか。
つまり、「直接的に刺激を与えているシーン」を描かなければ乳首自体は描いてもオッケーという極めて紳士的な配慮がなされたのではないかという推測です。
どんな判断だ

そしてこのことは、アニメ制作における重要な“前例”になるかもしれないのです。
なぜならば、これまでパンツやブラに比べて“乳首”は明らかな特権を得ていました。
パンツやブラは見えるのになぜか乳首だけが隠蔽される。
「クイーンズブレイド」や「聖痕のクェイサー」など、一部の作品では乳首が見えたりもしていましたが、それにしたところで前者の場合は「武器」であったり、後者の場合は「聖乳を吸うための蛇口」であったり、およそ「乳首」と呼ぶには荷が重すぎるような「役割」を与えられてのものでした。
一方、この作品の場合はどうでしょうか。
乳首は乳首として、それ以上でもそれ以下でもない「ただの乳首」として描かれていたのです。
そして、武器などではない「ただの乳首」を描くために採用された方法が「刺激されてるシーンじゃないから恥ずかしくない!」というものだったわけです。

これまでは「ただそこにあるだけ」で謎の特権を受けていた乳首が、徐々にパンツと同じ土俵に近付いてきた。
この事実を喜ぶべきか否かは各人の判断に任せますが、少なくとも俺はもっとカジュアルに乳首が描かれてもいいと思っていますし、逆に、「乳首を隠すならパンツも隠せよ」と常々思っておりましたので、此度のような清々しい乳首描写がなされた事実は素直に嬉しく感じております。


といったあたりで、今後の乳首に期待しつつ筆(決して男性器の隠喩ではない)を置かせていただきます。

以上。




にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

今期終了アニメの評価をしてみないかい?10・序   2010.10.23


毎クール恒例企画、『ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人』さん主催の今期終了アニメ評価企画に今回も参加させて頂きます。

今期(9月終了アニメ)を評価してみないかい?10


いつも通りルール等は主催者側に則ったフリをしながらパンツ的な評価を最優先にします。
企画者サイドから提示された基準に、以下の評価軸を加えたものが評価点数になります。

ストーリー:パンツとシナリオが良好な関係を築けているか。

キャラクター性:パンツがキャラクターとマッチしているか。

画:パンツが美味しそうに描かれているか。

演出:パンツが的確に、あるいは斬新な表現で演出されているか。

音楽:BGM/SEとパンツが合っているか。

総合的な評価:作品全体を通してのパンツ。

※この場においての「パンツ」とは、「全裸」や「おしっこ」、「おっぱい」など、「パンツ的な何か」をも含みます。



評価する作品。
一応全部ちゃんと見た作品に限定します。

けいおん!!
黒執事2
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD
オオカミさんと七人の仲間たち
世紀末オカルト学院
ストライクウィッチーズ2
会長はメイド様!
みつどもえ
あそびにいくヨ!


以上の9作品になります。
今回も2回に分けます。
では早速ぼそぼそと語っていきましょう





・けいおん!!

KO7.jpg


ストーリー:3
キャラクター性:5
画:5
演出:4
音楽:4
総合的な評価:5

総得点:26



恐らく多くの人が高得点を付けるであろう超人気作品でした。
ストーリーはあってないようなものでしたが、キャラクター性は抜きん出ていましたね。
モブキャラの活躍は目覚しいものがありました。(姫子アフターとかいちごわふたーとか作ってくれませんかね)

この作品は既に多くの論者によって語り尽くされておりますし、今さら改めて語るようなことなどもう残されていませんが、強いて言えば俺はあずにゃんが“ぼっち”だったのかどうかよりも、あずにゃんの“ポッチ”はどうなっていたのかの方が気になっていたことや、この物語で「成長」が描かれたのか否かよりも、唯の「お乳の成長」がハッキリと名言された(メイド喫茶でバイトする回)ことの方が重要であったという事実は明確にしておきたく思います。

また、学園祭において学校に泊まり込みを行ったHTTメンバーは「パンツをはきかえていたのか否か」といった重要案件や、今にわかに注目を集めている“サービス描写”である「足湯」が定期的に描かれた件などは、今後のアニメ作品にどのような影響を与えることになるのか注目したいところです。

あとどうでもいいですが俺はゆるい日常でゆるく繋がっている軽音部よりも姫子ちゃんのゆるい股と繋がりたいと





・黒執事2

shituji1.jpg


ストーリー:2
キャラクター性:3
画:3
演出:4
音楽:2
総合的な評価:2

総得点:16



個人的に敬愛している脚本家、岡田麿里枠として視聴していました。
ぼっちゃんメリメリ。

一期と同様、画面の中で何が行われているのかは全く理解できませんでしたし、理解しようとも思いませんでしたが、シュールな脚本はやはり一級品でした。
何を言っているのかはよく分からないけど何か面白いことを言っていることは分かる、そんな作品でしたね。

いかにも腐女子の好きそうなキャラクターが目白押しにされているその一方で、ぼっちゃんなんかは実質的には女の子(より正確には男の娘)として描かれてもいましたし、女性的なエロスを感じさせる描写もしばしば行われていたので、初心者のBLへの入門編として最適な作品かもしれません。





・学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD

5_20100811032947.jpg


ストーリー:4
キャラクター性:4
画:4
演出:5
音楽:3
総合的な評価:3

総得点:23



この作品は当ブログでも何度か取り上げました。
詳しくは過去の記事を漁っていただくとして、最も重要だったのはやはり「パンツ」に対するアプローチの方法でしょうか。
この作品においてパンツには、ゾンビと対になる存在としての役割が課せられていました。
ゾンビのいるところには必ずパンツがあり、パンツのあるところには必ずゾンビが現れる。
また、戦闘要員としての資質がパンツとして表出していたことは以前にも指摘しました。
つまり、「戦力」になりうる者だけがそのパンツを晒すことを許されていたのです。
(具体的には、戦闘員であった麗ちゃん、毒島さんのパンツが最も多く、次いで準戦闘員の高城さん、非戦闘員の爆乳と幼女のパンツはほとんど描かれなかった)
こうした、「パンツを見せるための演出」ではなく「パンツそのものを演出装置として使う」という発想は今までになかったものでした。

また、パンツに限らず、監督が拘っていたらしい「おっぱい」についても言及しておかねばならないでしょう。
この作品ではおっぱいの大きさが戦闘力に反比例していました。
簡単にまとめると「大きい・弱い←鞠川>高城>麗>毒島>小さい・強い」といった具合に。
(ここで問題なのはアリスちゃんが今後成長して“完成”した際にどっちの側になるのかですね。大きな非戦闘員になるのか小ぶりな戦闘員になるのか…)

まあ何にせよ、ホラーアクション作品としては完全にスベっていましたが、パンツ的には極めて重要な作品でした。





・オオカミさんと七人の仲間たち

O10.jpg


ストーリー:2
キャラクター性:3
画:2
演出:3
音楽:1
総合的な評価:2

総得点:13



J.C.STAFFで岩崎良明監督、おまけにラノベ原作と聞いたらどの程度のものが出てくるのかは事前にある程度予想が出来ようものですが、驚くほどに予想通りの作品で唖然としました。
新井里美のナレーションが賛否を呼んでいましたが、その「外し方」も予想出来る範疇のもので、そこそこ新しくありながらも、それほど斬新でもない、悪く言えば中途半端、良く言えば非常にバランスのよい演出でした。
(個人的にはオーディオコメンタリのレベルでもっとメタな感じでやってもよかったのではないかと思いました)

「予想通りすぎてつまらない」作品はいくらでもありますが、「予想通りのつまらなさがちょっと面白い」作品は結構珍しいのではないでしょうか。

「ネギま」や「ゼロの使い魔」といった、岩崎監督の過去の作品をみても分かる通り、「最近アニメ見るようになりました」的な初心者に向けた安定性の高いオーソドックスな「萌えアニメ」として、10年後に思い出補正で輝くタイプの作品でありましょう。
(そういった意味で、間口の広い平均的なアニメを作り続けられる岩崎良明という作家は何気に評価しています)





・世紀末オカルト学院

19_20100711004056.jpg


ストーリー:5
キャラクター性:4
画:3
演出:4
音楽:2
総合的な評価:4

総得点:22



おしっこで始まりうんこで終わったアニメノチカラ。
本来ならば「閃光のナイトレイド」よりもこの作品の方を先に放映する予定だったのが、ナイトレイドを前倒ししてまで制作期間を伸ばして出てきたのがコレ、という事態が既にオカルトの域に達していました。

最初から最後まで超展開の連続で、どこからツッコミを入れていけばよいのか分からない作品でありましたが、例えば演出なんかは実は前述の「学園黙示録」よりも「ホラー映画」のお約束に忠実だったり、パンツは見せずともそこかしこに性的な隠喩が散りばめられていたり(第一話レビュー参照)、登場人物が異常に濃い連中ばかりだったり、挙句の果てに魔法少女モノの要素まで取り入れられたとあっては、そこには確かに「アニメノチカラ」が凝縮されていたのではないかと、まるで詐欺にでも遭ったかのような気持ちにさせられもするでしょう。
全ての要素が見事な不協和音を奏でていましたよね。

また、マヤや美風さんの腋描写は特筆に値する出来でした。
ムチムチにした肉感的なボディにエロティシズム漂う腋がよく合っていました。
プニ腋もいいですがこういう躍動感あふれる靭やかな腋もよいものです。
そういった点でもこの作品は高く評価できるでしょう。

何にせよ、アニメノチカラ枠の最後を飾るに相応しい良質なゲテモノアニメだったのではないでしょうか。






というわけで、本日はこのへんまでにして続きは次回の更新で。
出来るだけ早くアップします。
ではっ。


秋期新作アニメレビュー(3) 『ざくろ/イカ娘』   2010.10.16



「おとめ妖怪ざくろ」および「侵略!イカ娘」のレビューです。
手短に要点だけまとめます。




・おとめ妖怪ざくろ

za1.jpg


時代設定や作風から「ざくろ大戦」などと言われたりもしていますが、まさか本当に「サクラ」が出てくるとは思いませんでした。

za2.jpg
そんな装備で大丈夫か?

za3.jpg
大丈夫だ、問題ない。


この作品は「文明開化」の頃、明治~大正にかけての日本が舞台になっておりますが、そのあたりの時代と言えば、丁度日本に「ズロース(ドロワーズ)」というものが輸入されてきた時期であることは読者諸兄も当然ご存知のことでしょう。
現代のような形状の「パンティ」が主流になったのは戦後になってからなので、この時代の女性は“仮にはいていたとしても”ズロースが一般的です。

と、このあたりはまあ、常識的な知識ですよね。
では、「仮にはいていたとしても」とはどういうことでしょうか。
実はこの時代、というか昭和になるあたりまでは、女性が下着(パンツ)をはくという文化は日本には根付いていなかったのです。
一つは西洋文化、つまり「洋服」が未だ一般的ではなかったこと、そして、日本に古くから伝わる「和服」文化では「腰巻(はくのではなく“巻く”下着)」が主流だったことに起因しています。
ともすれば、この明治~大正時代には、一般的に「パンツはいてたら恥ずかしい」という概念が定着していたのです。

それを踏まえてみると、この作品における女性キャラ、特に、西洋を「バテレン」と呼び忌み嫌っているざくろさんなどは

za4.jpg

パンツはいてない可能性が極めて高いと言えるでしょう。
これは特筆すべき事態です。

この作品は「人間」と「妖人」、ひいては「日本文化」と「西洋文化」の交流/摩擦が主なテーマになっています。
「妖人」は古くからの「日本文化」に、「人間」を新しく入ってきた「西洋文化」に置き換えることが可能でしょう。

そして、我が国において「西洋文化」とは「パンツの文化」に他なりませんから、この作品で描かれるのは「人間/妖人、日本/西洋」の対立軸に見立てられた「パンツをはくべきか/はかざるべきか」という極めて根源的な問題であると言えます。
ざくろたち妖人一派が「文明開化」を受け入れた時、我々は「パンツの開花」を目にすることになるでしょう。






・侵略!イカ娘

ik1.jpg

今期随一の触手ものアニメですね。
「イカちゃんかわいい」以外に感想の書きようがない気もしますが、その“触手”については少し考えてみる必要があるかもしれません。

ik2.jpg


作中ではまるで手のように扱われる触手ですが、実際には「ゲソ=下足」なわけですから、あの触手は「脚」であると見るのが正解でしょう。
となれば、その「脚」の「付け根」である頭部は、我々人間で言うところの「股間」にあたるのではなイカと、そう推測されます。

ik3.jpg


感のいい方ならもうお分かりでしょう。
「頭部=股間」である以上、イカちゃんが被っている帽子のようなものは実質的には「パンツ」であるとみなすのが妥当なのです。
一見するとどこにも卑猥な要素などないほのぼのギャグアニメにも見える作品ですが、実際には主人公がパンツ丸出しで動きまわるド変態アニメだったのですね。

また、「頭部=股間」ということは、当然のことながらイカちゃんが吐き出す「イカスミ」も

ik4.jpg


人間で言うところの「おしっこ」であると認識しても間違いはないでしょう。
(イカスミ=潮吹きではなイカという意見も耳にしますが、吐き出す際に性的な挙動がなされておらず、むしろ生理現象であるかのような描写がされていたので「おしっこ」とみなすのが妥当ではなイカ)

「イカスミ=おしっこ」であることが分かれば、イカちゃんのCVが「ソラノヲト」で盛大にお漏らしした経歴を持つ金元寿子さんである点もうなずけますよね。
納得のキャスティングじゃなイカ。

そもそも「イカ」という時点で何か卑猥なものを感じていた方は多いと思いますが、そこに「帽子=パンツ」説が加えられた今となっては、「人間で言うところの“股間”には“帽子”を被っているのか、いないのか」などといった重要案件を考察する必要性に迫られたりもするでしょう。

あるいは、二つめのエピソード「同胞じゃなイカ?」において、イカちゃんは頭部(股間)の帽子のようなもの(=パンツ)によって“同胞”を認識するという描写がなされていました。

ik5.jpg


これは即ち、「パンツこそがイカのアイデンティティである」という事実を物語っています。
これは結構重要な指摘ではないでしょうか。
作品のパンツに対する姿勢が現れていますよね。


何にせよ、この作品はただの擬人化萌えアニメなどではなく、実は語りどころの多い作品なのではなイカと睨んでおります。
今後の展開に期待ゲソ。



以上。










«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。