水の音、無形の雫

アニメやゲームのレビュー、日常の様々な事象に関する考察など。C86・3日目東P21a

FC2カウンター
プロフィール

Peace-AK

Author:Peace-AK
なんとなく気が向いた時に更新していきます。
連絡はpeaceak.mizuonあっとまーくgmail.comまでお気軽にどうぞ。
『シンシアニメ』もよろしくお願いします。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンクリクリ
OTHERS
検索フォーム
RSSリンクの表示
TOP > スポンサー広告 > 劇的ビフォーアフター 『便所のない家』TOP > 2013年冬期アニメ > 劇的ビフォーアフター 『便所のない家』

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇的ビフォーアフター 『便所のない家』   2013.01.20


前回の更新で取り上げた、『たまこまーけっと』第二話における「チョコの家」の提案図面ですが、便所および浴室の有無や、投影図の整合性の他にも、色々と見えてきたものがあるので、わーっと羅列します。

kintama5.jpg

kintama6.jpg


まず一階「D面」の掃き出し窓。平面図では間口がかなり広い設計になっていますが、立面図では二枚ガラスの引き違いで描かれています。このサイズの二枚引き違いはちょっとあり得ません……ということよりもそもそも平面図と立面図で明らかにサイズが一致していないことのほうが問題なわけですが。
それから、階段の向かって右側にある謎の隙間。完全なデッドスペースになっていて凄く気持ち悪いですね。
あと、通し柱の位置が一階と二階でズレていたり(具体的には、二階子供室の間仕切りと一階玄関の壁とか、寝室と階段の間仕切りの部分とか)、子供室クローゼットの建具のおさまりが変だったり(左右対称にしたかったのでしょうが、引き違いの建具は右手が前側に来るのが原則)、寝室への入り口のドアと開口部のサイズが合ってなかったりとか、そういう気持ち悪い部分がいろいろあります。


で、そのあたり諸々を修正して、ある程度リアルなおさまりの平面図をカイてみました。寸法は元の絵の家具や開口の大きさと、一般的な住宅のモジュールからあたりをつけています。

tama1.jpg


なんということでしょう。全体的にモジュールがめちゃくちゃで家具類のおさまりが無茶だった家が、見事にピッタリおさまりました。
D面一階の掃き出しは二枚引き違いの二連(風の)開口にして間に柱を一本通します。
階段横のデッドスペースは消し去って壁付けにして、ついでに玄関には床面への立ち上がりのラインをカキ足しました。玄関って普通は床から一段下がってますよね。
それから玄関ドアは元の絵では大開口の片開きっぽくなっていますが、左右非対称の両開きタイプにしました。よく目にする型だと思います。理由は、人が通るところをできるだけ図面の上側にしないと階段で頭打ちになるからです。
あとは階段を寄せた分寝室を広げてダブルベッドのサイズを適切なものにしています。(元の絵ではダブルベッドとして使うにはちょっと狭かった。)
まあそんな感じでしょうか。

なお、前回の記事で指摘した謎空間(元の絵の「a」「b」の場所)に便所とお風呂をレイアウトするとこんな感じになります。

tama2.jpg


なんということでしょう。便所もお風呂もない家が、人が住むにじゅうぶん耐え得るものに進化しました。
おさまり的にはピッタリだと思います。
問題は、この案だとキッチン・便所の縦の繋がりに対して、お風呂が離れすぎている点ですね。水廻りを一箇所に集めなければならない、などというのは頑なに守る必要もありませんが、その分やっぱりコストが高くなるのと、動線的に不自由だとは思います。ちなみに浴室の右側、階段との間にちょろっとカキ足してるのは洗面所です。
図面にはカイてませんが、全体的に収納が少ないので、階段下を段下収納にするとよいでしょう。


さすがに立面図をカク余力がなかったので平面だけですが、自分でカイてみて分かったのは、この程度の図面をカクのに寝不足になるようでは大工の道はまだまだ険しいということです。

以上。


スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。