水の音、無形の雫

アニメやゲームのレビュー、日常の様々な事象に関する考察など。C86・3日目東P21a

FC2カウンター
プロフィール

Peace-AK

Author:Peace-AK
なんとなく気が向いた時に更新していきます。
連絡はpeaceak.mizuonあっとまーくgmail.comまでお気軽にどうぞ。
『シンシアニメ』もよろしくお願いします。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンクリクリ
OTHERS
検索フォーム
RSSリンクの表示
TOP > スポンサー広告 > Hauptharmonie『Kidnapper Blues~人攫いの憂鬱~』の異常性TOP > 未分類 > Hauptharmonie『Kidnapper Blues~人攫いの憂鬱~』の異常性

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hauptharmonie『Kidnapper Blues~人攫いの憂鬱~』の異常性   2016.08.06



 21世紀のJ-POPシーンを牽引すべき存在であるアイドルユニット、Hauptharmonieの名曲『Kidnapper Blues~人攫いの憂鬱~』、皆さんももちろんヘヴィーローテーションナンバーとして毎日ポケモンを探して歩きまわる際のBGMにしていますよね。



 この、アイドルソングとしては明らかに気が触れている楽曲の異常性に関するレビューを探っていたのですが、全く出てこなかったので自分で書きたいと思います。
 まずこの楽曲の立ち位置を明確にしておきましょう。この曲は、7月発売のアルバム『Herz uber Kopf』の2曲目でありますが、1曲目の『BUDDY』がintro的な構成の楽曲であることを踏まえると、実質的にはリードトラックとしての役割を持たされていると考えられます。また、この曲は5月発売の2枚のミニアルバム『bleich』『Abenddaemmerrung』の中の一曲として『yearning』とともに先行リリースされています。このことからも、この曲が「つかみ」の1曲であることは間違いないと思われます。

 さて、上記のように「推し」の一手であるこの曲は、ファンク、ジャズ、スカ、ブルースといった黒人ルーツの音楽の要素に、昭和歌謡を彷彿とさせるポップミュージックの要素も兼ね備えた優れた楽曲でありますが、その一方で、およそアイドルの歌う楽曲としてはきわめて異常な構造になっています。
 まず目を引くのはヴォーカルパートの潔さでしょう。この曲は、歌い出しサビ→Aメロ1→Aメロ2→Bメロ→サビと続いて、サビ後のサックスソロを経て唐突に終わりを迎えます。これ、凡庸な作家ならサックスソロのあともう一発ぐらいサビを入れたくなると思いませんか?
 歌が一番だけであっさりと終わるのは洋楽ではよく見られる構成ですが、邦楽の、それもアイドルの歌う楽曲、いわんや上記で述べたようにリードトラックとしてプロモーションされている一曲としては、やはり特異にうつりますよね。
 もうひとつ、今度は「曲」に注目しますと、いわゆる“前ノリ”の演奏にバスドラムのキックだけ“後ノリ”で入ってくるという、全体的にはアップビートでありながら“裏”が強烈に意識された独特のリズム感を有する非常に難儀な曲に仕上がっています。先述のようにヴォーカルパートが一番だけで終わるこの曲は、サックスソロでのダンスパートが比較的長めに取られており、PVを視聴してもわかるように、明らかに「躍らせる」ことを目的としてつくられています。にも関わらず、この曲は簡単に踊らせてはくれません。オーソドックスな16ビートと難解なシャッフルビート、表ノリと裏ノリが混在する変態的なリズムは、平易な四つ打ちダンスビートに浸かりきったわれわれには難しすぎます。
 とにかく冗長な歌とノリやすいダンスでゴリ押しすればよい、とすら思っていそうな楽曲の多いアイドルソングの中で、この楽曲の構造は異常であるといえます。(というか、リズム感の部分にステータスの振り分けが全くなされていない僕にはそもそも的確に文章化することすら不可能に思えるほどの代物なので、誰かきちんと「翻訳」してくれませんかね……)

 とまあこのように、アイドルソングとしてはきわめて不適切な楽曲でありながら、何よりもそれを当然のように歌い、踊りこなすHauptharmonieのポテンシャルは末恐ろしいものがあります。今後も彼女たちには積極的に音楽に遊んでいただき、アイドルソングの更新を続けてもらいたく思います。

以上。
スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。