水の音、無形の雫

アニメやゲームのレビュー、日常の様々な事象に関する考察など。C86・3日目東P21a

FC2カウンター
プロフィール

Peace-AK

Author:Peace-AK
なんとなく気が向いた時に更新していきます。
連絡はpeaceak.mizuonあっとまーくgmail.comまでお気軽にどうぞ。
『シンシアニメ』もよろしくお願いします。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンクリクリ
OTHERS
検索フォーム
RSSリンクの表示
TOP > スポンサー広告 > サービス回のこと『学園黙示録/ぬらりひょんの孫』TOP > 2010年夏期アニメ > サービス回のこと『学園黙示録/ぬらりひょんの孫』

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サービス回のこと『学園黙示録/ぬらりひょんの孫』   2010.08.11



さて学園黙示録です。
前回もこの作品の話でしたが、今回も懲りずにゾンビです。

第6話、お風呂回を振り返ります。

1_20100811032947.jpg

2_20100811032947.jpg

3_20100811032947.jpg

4_20100811032947.jpg


当ブログではこれまで(というか前回の記事で)、学園黙示録における「パンツ」の存在について、「パンツは常にゾンビとともに描かれる=パンツのいるところには必ずゾンビがいる」という主旨の指摘を行ってきました。

ゾンビとパンツの間で『学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD』


ところが、今回の「お風呂回」においては、ゾンビからは独立した空間の中でパンツが、おっぱいが所狭しと暴れ回りました。
ゾンビとパンツの関係性が崩れたのです。

しかし、そうした事実を指して「サービス回」と呼んでしまうのは尚早でしょう。
結論から言うとこの第6話は決してサービス回などではありません。


「ホラーとお色気」の関係性についてはもはや改めて語るまでもないでしょう。
前回の記事でも述べましたし、そもそも当ブログで指摘する以前に、既に多くの語り手によって語られ尽くされています。

では、学園黙示録の場合はどうでしょうか。
既にご存知の通り、第6話において、往年のホラー映画にも引けを取らない素晴らしいお風呂シーンが描かれましたね。

6_20100811032947.jpg

7_20100811033007.jpg

8_20100811033007.jpg

9_20100811033007.jpg

10_20100811033007.jpg

11_20100811033007.jpg


また、毒島先輩の裸エプロンであったり

12_20100811033006.jpg

13_20100811033029.jpg


今期屈指のビッチ系ヒロイン、麗ちゃんの迫真の艶技も光りました。

14_20100811033029.jpg

15_20100811033029.jpg

16_20100811033028.jpg


注意しなければならないのは、こうした「お色気」が、ホラーというジャンルにおいては「必然」である点です。
つまり、この作品がゾンビもの、ホラーというジャンルであるが故の、物語的必然性をもって描かれたシーンである、ということを押さえなければいけません。

そしてそのことは、今回の一連の「お色気」が、決して「サービス回」などというものではないことの裏付けになります。
なぜならば、「サービス回」とは、何の必然性もなく唐突に差し挟まれる無意味な回でなければならないからです。

何の脈絡もなく海に、プールに、温泉に行く。
物語の本筋に何らの影響を与えることなく、また与えられることもなく、ただただ無意味な露出をする。
それこそが「サービス回」であったはず。

で、あれば、「ホラーというジャンルの必然(=様式美)」として描かれたこのお風呂回は、サービス回などではなく、れっきとした「本編」であると認識する必要があるでしょう。


では、この作品において「サービス回」足り得るのはどういった場合になるでしょうか。

実はこの前の回、第5話において既に描かれていたのです。

17_20100811033028.jpg


どこかの韓流スターにソックリなゾン様の登場が話題になったこの第5話では、ゾンビとはおよそ関係のない場面で正々堂々とパンツが描かれました。

18_20100811033028.jpg

19_20100811033047.jpg


これまでのゾンビとパンツの関係性、即ち「ゾンビのいるところにはパンツがありパンツのあるところにはゾンビがいる」という情報が刷り込まれていた我々は、パンツの襲来によって皆一様にゾンビの襲来を予感したはずです。

20_20100811033047.jpg

21_20100811033047.jpg

22_20100811033047.jpg


しかしどうでしょう、ここで現れたパンツたちは、ゾンビとは完全に分離されて描かれていました。
これはどういうことか、賢明な読者諸兄ならもうお分かりでしょう。

つまり、この「ゾンビ(=物語)」から独立した、一切の必然性に欠ける脈絡のないパンツこそが、この作品における「サービス」だったのです。

そう、この第5話こそが「サービス回」だったのですよ!


多くの視聴者は、パンツが出たことによって「これはゾンビが現われるフラグのはずだ!」とビクッとなって身構えたり、逆にゾンビの集団に遭遇しては「どこかにパンツが潜んでいるはずだ!」と見たくもないゾンビを凝視したことでしょう。
しかし、そうした我々の心理を嘲笑うかのように、この第5話では尽くパンツとゾンビが乖離していました。
そしてこのことによる我々の混乱は、まるで「え、何でいきなり海?」「温泉とか本編関係なくね?」という、サービス回に出くわした時の心境と酷似しています。

もちろん、これまでパンツに対して並々ならぬ愛情が注がれてきた作品ですから、ただサービスカットを連続しただけでは終わりません。
終盤のバトルシーンにおいては、「本編」と同じくゾンビと平行して描かれるパンツ「サービスの終了」を告げていましたし

24_20100811033046.jpg

25_20100811033100.jpg


あまつさえ、ゾンビ討滅後のパンツによる「勝利宣言」までもが描写されていました。

23_20100811033046.jpg


一同に会したパンツたちがゾンビを打ち倒したのです。

つまり、この第5話では、本筋(ゾンビ)とは無関係なパンツ(サービス)を描くことで「サービス回」を実現し、クライマックスでゾンビとパンツの戦いを描くことによって「サービスの終了=次回からは“本編”である」という宣言を成していたのです。
このことからも第6話のお風呂シーンが決して「サービス」などではないということが伺えますね。




と、いったあたりが学園黙示録におけるサービス回のお話でしたが、ここから少し余談にお付き合い頂きましょう。
今期はこの学園黙示録の他にも、暑い夏に相応しい身の毛もよだつ恐怖を提供してくれるガチホラーアニメが放映されていますよね。


そうですね、「ぬらりひょんの孫」ですね。
この、ぬら孫の第6話において、何という偶然か、はたまた必然か、学園黙示録と同じく「お風呂」シーンが描かれていました。

画面全体に謎の白い靄のかかった、あたかも心霊現象を思わせる温泉シーン。

26_20100811033100.jpg

27_20100811033100.jpg

28_20100811033100.jpg


思わず「志村ー!うしろ、うしろー!」と叫んでしまいたくもなるこの入浴シーンですが、前述の通り、「ホラー」というジャンルにはもはや「お風呂」は欠かせないわけですから、この回は決して「サービス回」などではありません。
(“入浴中の女の子が襲われる”という事態はまさしくホラーの定番ですから、ある意味学園黙示録よりも忠実にパロディとして機能していますよね)

そして、この温泉回がサービス回でないとすると、いいですか、ここからが重要ですよ、今後つららちゃんを含むサービス回が必ず出てくるはずなんです。

そう、メインヒロインのつららちゃんを差し置いたサービス回など絶対にあってはならない。
ホラーのお約束としてのお風呂などではない、ちゃんとしたサービス回が必ず、必ず出てくると信じてこの夏を乗り切りたいと、強く強く思う次第です。



というわけで、サービスサービスゥと連呼している間にもはや自分でも何が言いたいのかよく分からなくなってきたり、挙句の果てにはミサトさんの次回予告の幻聴まで聴こえてきましたので、このあたりで筆を置かせて頂きます。




※などという文書を書いている途中、第三のホラーアニメとして我々を恐怖のドン底に叩き落としてくれている「世紀末オカルト学院」でなんと競泳水着という「サービス」が行われたとの情報を入手して途方に暮れているわけでありますが、そのあたりは近々機会があればという感じで。











スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)

ぬるいエロゲじゃあるまいし。というわけで、「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」6話肌色天国の巻。うわぁ…サービス回ですね。なんだこれは…たまげたなぁ。女体入り乱れる風呂場...

アニメ徒然草 | 2010.08.11

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD (4) (角川コミックスドラゴンJr. (KCJ104-4))(2008/03/08)不明商品詳細を見る 肉感溢れるサービス回でした。元々性的なアピ...

破滅の闇日記 | 2010.08.11

大門っす 今回は・・・ まあ「サービス」の回です

バカとヲタクと妄想獣 | 2010.08.13

君子が人を嫌う(悪む)としたらどういう種類の人間なんでしょう? これは「論語」で二千五百年近く昔に論じられて久しいテーマです。 1....

Anime in my life 1号店 | 2010.08.14
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。