水の音、無形の雫

アニメやゲームのレビュー、日常の様々な事象に関する考察など。C86・3日目東P21a

FC2カウンター
プロフィール

Peace-AK

Author:Peace-AK
なんとなく気が向いた時に更新していきます。
連絡はpeaceak.mizuonあっとまーくgmail.comまでお気軽にどうぞ。
『シンシアニメ』もよろしくお願いします。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンクリクリ
OTHERS
検索フォーム
RSSリンクの表示
TOP > スポンサー広告 > 新アニメが始まる前に――超簡易版便所論・序章――TOP > 2011年冬期アニメ > 新アニメが始まる前に――超簡易版便所論・序章――

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新アニメが始まる前に――超簡易版便所論・序章――   2011.04.02

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック Tag [便所]

当ブログでは以前、「放浪息子」における便所を介したドラマツルギーについて言及しましたが――女子便所から発生するドラマ 『放浪息子 第7話』――7話に続いて、第8話、及び第9話においても女子便所が有用な演出装置として働いていた点は指摘されねばならないでしょう。
この作品において、高槻くんと千葉さんのコミュニケーションは主に女子便所で行われます。

また、「STAR DRIVER 輝きのタクト」においても、便所は圧倒的な存在感を見せつけます。
例えば、タクトとミズノが邂逅を果たしたのは男子便所でしたし、ワコ、ケイトらヒロイン同士の会談も女子便所が主な舞台となります。


ところで、便所、とりわけ「公衆便所」には、公共の施設でありながら個のための空間が広がっている、という稀有な特性が備わっています。基本的に誰でも無料で使えて、なおかつパブリックとプライベートを完全に両立させた空間は他に類を見ません。
そして、そういった「パブリック←→プライベート」の共存は、人間にとって「建前←→本音」の相反する感情を表に晒け出させる場として機能し、故に時として大きな「物語」を生み出す起点となります。

「君に届け」なんかは、まさに「女子便所」から物語が始まっていると言っていいでしょう。
爽子に敵対意識を持つ女子同士の陰口、すなわち「プライベート」が、たまたまそこに居合わせた爽子本人(または爽子の味方)に露見(=パブリック化)したところから物語が大きく動き始めます。
便所とは、排泄物だけでなく「本音」も漏れる場所なのです。
(だからこそ、放浪息子にしろスタドラにしろ、ヒロイン同士の本音対談が実現したわけです。)

また、何かしらの「作戦会議」が行われるのも大抵が女子便所でした。
便所には作戦会議室としての機能も備わっています。
この、意外とスルーされがちな作戦会議室としての便所の有用性は、「フラクタル」においても描かれていましたよね。

第5話、雲隠れしたネッサを探すための拠点、作戦参謀室として選ばれたのが便所でした。
もちろん、この回では「便所掃除」という神聖な儀式も行われていたわけですから、便所という空間がいかに丁重に扱われていたかが分かるというものでしょう。


こうした、アニメにおける便所描写は、物語的に重要な会話/対話シーンを描きやすいという利点――先ほども述べた通り、公衆便所とは、半パブリック、半プライベートな空間であり、「他人にはあまり知られたくない情報(プライベート)」を「限定少数の人間と共有できる(パブリック)」機能が備わっている――に加えて、もう一つの重要な問題を浮き彫りにします。

アニメキャラの排泄問題です。
例えば、「アイドルはうんこしない」といった論は常に多くの支持を得ていますが、では、アニメキャラはどうでしょうか。
我々は、これまでアニメキャラの排泄をあまりに無視しすぎたのではないか。
上述のような便所描写――ギャグとしての便所/排泄ではなく物語の舞台としての便所――によって、アニメキャラはようやく「排泄する身体」を手に入れることが出来るようになったのではないか。
そういった問題と、我々は今こそ真剣に向き合わなければならない――――わけでありますが、この問題を考えるにあたっては、膨大な量の資料及び考察が必要になるので、今のところは「またの機会に」ということにしておきます。
とりあえずは、便所空間における物語的な有用性、この指摘までに留めておきましょう。


以上、ごく簡単にではありましたが、本格的に春アニメが始まるまでに見直しておきたかった問題に関するまとめでした。





にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。