水の音、無形の雫

アニメやゲームのレビュー、日常の様々な事象に関する考察など。C86・3日目東P21a

FC2カウンター
プロフィール

Peace-AK

Author:Peace-AK
なんとなく気が向いた時に更新していきます。
連絡はpeaceak.mizuonあっとまーくgmail.comまでお気軽にどうぞ。
『シンシアニメ』もよろしくお願いします。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンクリクリ
OTHERS
検索フォーム
RSSリンクの表示
TOP > スポンサー広告 > 2011年春期新作アニメレビュー(3) ~Rio的な~『そふてにっ』TOP > 2011年春期アニメ > 2011年春期新作アニメレビュー(3) ~Rio的な~『そふてにっ』

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年春期新作アニメレビュー(3) ~Rio的な~『そふてにっ』   2011.04.17


第三弾にして惜しくも最終回となりました春期新作アニメレビューですが、今回は、今期のRio枠である「そふてにっ」に関してです。

まず最初に言っておくと、今期の学園ゆるふわ日常系アニメとしては、その名通り「日常」や、あるいは「Aチャンネル」あたりの人気が高そうですが、これらが主に女子高生の話であるのに対し、この「そふてにっ」は女子中学生の話である点は強調しておきたく思います。
女子高生よりも女子中学生の方がいろいろ捗ります。

soft1.jpg


さて、この作品では、ソフト◯ニス部の女子中学生たちが手に握った棒状のものを振り回しつつ柔らかいタマを弄り回す(野外で)、といった光景が描かれていますが、その際には、鮮やかな色彩のカットが挿入されたり

soft5.jpg

soft8.jpg

soft9.jpg


頻繁にタイポグラフィが用いられたり

soft10.jpg

soft13.jpg


脳内ビジョンとして、テレビゲーム的なシミュレーションイメージが描かれるなど

soft14.jpg


新房/シャフトアニメでよく見られるような演出に目が行く人も多いでしょう。
そういった部分に関しては、監督・シリーズ構成を務める上坪亮樹氏が、シャフトアニメにも多く携わっており、要するに新房フォロワーである、という事実を述べるだけで事足りるかもしれませんが、しかしこの作品の本質はただのシャフトオマージュに留まらないところにあるわけです。

例えば、女子中学生たちによる生着替えのシーンなんかでは、「お兄ちゃんのことなんか全然好きじゃないんだからね!(略称:ちんこ好き!)」で見られた規制表現であるアニマルガードが採用されていたり(ガードが入る基準も、恐らくは「おちんこ好きだ!」と同じく何かしらがハミ出ているか否かだと推測します。アップになるキャラは牛さんガードが入るが引きのキャラにはガードが入らない、つまりアップになった際に不都合なもの、具体的には処理し忘れたムダ毛などが映り込むのを回避するための規制、と考えるのが妥当でしょうか。)

soft3.jpg

soft6.jpg

soft29.jpg
股間のソフト◯ニスが思わずハード◯ニスになって


また、今期の話題作の一つである「シュタインズ・ゲート」からテレポートされてきた「ゲルバナ」が足と腰に纏わり付くこともあれば

soft31.jpg
股間のソフトバナナが思わずハードバナナに


「けいおん!」から持ってきたとしか思えないカエルさんが現れたりもするでしょう。

soft11.jpg

soft12.jpg
股間のソフトギー太が思わずハードギー太


あるいは、けいおん!と言えば、第2話Bパートの登校シーンで「遅刻ちこくー」と赤いモノの乗った食パンを咥えながらダッシュする明日菜の姿に

soft20.jpg


同じく赤いモノが乗った食パン齧りつつダッシュする唯の姿を幻視した人は多いと思います。

kon00.jpg


加えて、その際には、新キャラ・エリザベスとの遭遇を果たしていたわけですが

soft22.jpg


この食パンを一斤丸齧りする姿が、「日常」でのはかせのロールケーキ丸齧りとダブって見えたならば

nichijo00.jpg


この作品が、京アニへのリスペクトも欠かさない作品であることが分かるでしょうし、また、イギリスからのぱつきんっの留学生という要素だけ見れば

soft28.jpg


前期の人気作品「IS」への目配せをも感じ取らずにはいられません。(原作ではこのイギリス人留学生はもうちょっと後になってから出てくるらしいのですが、なるほど確かに、ISにおける金髪イギリス人(テニス部所属)の人気が冷めやらぬうちに、という思惑は納得ができますよね。)

こういった、(先述のシャフト的演出も含め)様々な作品の要素をパクr融合させ見事にチャンプルーした作風を、我々は前期にも目撃していました。
今現在、一期が“改めて”放映されている「Rio RainbowGate!」ですよね。

例えば、随所に見られる肌のハイライト(特にお乳)なんかを見比べてみたり

soft4.jpg

rio12.jpg


同じXEBEC制作であるとか、主題歌でのULTRA-PRISMの起用であったりだとか、そういった共通項も確かに存在はしているわけですが、しかし重要なのはそれらよりも、やはり先述したように、様々な作品の相似形――すなわち、他の数々のアニメのフラクタル図形――になっているという点でありましょう。
もちろん、どこかで見たような設定や演出が頻繁に見受けられる作品というのはいくつか存在しますが、ここで最も重要なポイントは、(Rioとそふてにっ両作とも)いろいろな作品から抜き出した要素が極めて高いレベルでドン滑りしているという点にあります。
このことを我々は「Rio的」と表現せずにはいられません。
そして、その「Rio的」という感覚は、何もただスベっていることを指すだけの言葉ではありませんよね。


「日常系」というバズワードに支配されて久しいアニメ界隈でありますが、一般的に想起されるであろう「日常系」のテンプレを考えてみると、露骨なパンツ描写(あるいは卑猥な表現)があったり

soft30.jpg

soft16.jpg


中心人物に「男」が存在していたり

soft26.jpg


あまつさえ、恋愛要素を思わせるような素振りがあってはならないはずです。
しかしこの作品においては、これまでの所謂「日常系(または空気系)」と呼ばれるような、ひらがな四文字アニメではあまり見られなかった光景が度々目撃されます。
つまり、既存のテンプレートから微妙に外れていると言えます。(そもそも作品タイトルが「そふてに!」ではなく「そふてにっ」となっている点をみても若干外しているのが伺える。)

複数の作品の要素を継ぎ接ぎし、ひらがな四文字(+「っ」)というタイトルで、女の子5人組の部活ものという、ある種の優等生的な萌えテンプレを目指す一方で、既存ジャンルからは微妙な逸脱を見せる。
こうした批評的な姿勢をこそ我々は「Rio的」と呼んでいるのでしょう。

そして、そうしたこの作品の批評性は、作画面からも大いに感じ取ることが出来るはずです。

soft15.jpg

soft17.jpg

soft21.jpg

soft27.jpg


遠近感が狂っていたり、一筆書きのような平易な線描であったりなど、キャラも背景も全体的にのっぺりとした、立体感の欠片もない平面的な作画になっています。
もちろん、おっぱいの作画にしても

soft18.jpg

soft19.jpg


大小様々そろっていますが、どれもXY軸の円周が違うだけで、Z軸のベクトルはすべて均一であることが伺えます。
もはや立体感などというものは存在せず、ただただ平面的な世界が広がっているのです。
そしてこのことは、我々に一つの疑問を投げかけてくれます。
つまり、「二次元とは何なのか」という極めてラディカルな問題です。

soft2.jpg

soft24.jpg

soft23.jpg


そこでは、ミクロな視点で言えば「谷間の存在論」、すなわち「二次元」という世界において「乳の奥行き」である「谷間」というものは存在し得るのか否か、また、そもそも二次元(=平面)の世界では「乳の大小(巨乳/貧乳)」という概念は実は存在しないのではないか、そういった、我々が今まで見て見ぬフリをしてきた問題が語られもするでしょうし、視点を広げると、「二次元嫁」とはどういった存在か、我々は今までどういった世界の物語を見てきたのか、といった問題にも直面することになります。
そして、そうした問題提起を考えると、この作品から「リアル=三次元」への批評的な姿勢をも感じ取らざるを得ないでしょう。
この作品はこれから先のペロ年代において、非常に重要な議論の場となるはずです。


さて、以上のように、この作品の構成や批評性の高さに目を向ければ、なるほど正しく「Rio的」な作品であり、今期アニメの中心核となり得る存在であることが分かると思います。
一期が“改めて”放映されている「Rio」は、「アニメを見るとはどういうことか」を考えさせられる作品でしたが、この「そふてにっ」では、「アニメの世界とはどういう世界か」を深く考えさせられます。

もしかしたら、これらの重要な問題を指摘してくれる素晴らしい作品に出会えた奇跡、実はそれこそが世界同時多発ラッキーによってもたらされた最大の幸福なのかもしれません。


以上。













にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。