水の音、無形の雫

アニメやゲームのレビュー、日常の様々な事象に関する考察など。C86・3日目東P21a

FC2カウンター
プロフィール

Peace-AK

Author:Peace-AK
なんとなく気が向いた時に更新していきます。
連絡はpeaceak.mizuonあっとまーくgmail.comまでお気軽にどうぞ。
『シンシアニメ』もよろしくお願いします。


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンクリクリ
OTHERS
検索フォーム
RSSリンクの表示
TOP > スポンサー広告 > 緊急特集・魔法少女まどか☆マギカ――最後に救われたのは誰だったのか――TOP > 2011年冬期アニメ > 緊急特集・魔法少女まどか☆マギカ――最後に救われたのは誰だったのか――

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊急特集・魔法少女まどか☆マギカ――最後に救われたのは誰だったのか――   2011.04.23


ついにと言うべきかようやくと言うべきか、冬期最大の話題作、魔法少女まどか☆マギカが最終回を迎えましたね。
読者諸兄においても、その結末に関しては様々な解釈/感想が持たれているでしょうし、多くの人のあいだで既に、「ほむほむはまどかから貰ったリボンを絶対に洗濯などしていないだろうし、貰ってしばらくの間は毎晩クンカクンカペロペロしていたはずだ」とか、「ほむほむはリボンよりもパンツを貰う方が幸せだったのではないか」などといった議論が盛んに行わていることでしょう。
そして、一アニメファンとして、やはりそうした議論の波にはぜひとも乗っておきたいと、そう思うわけでありまして。

mdk1.jpg


さて、まずは最終話の一つ前、第11話の内容を簡単に振り返ってみると、そこではまどかの途方も無い魔力の由来が、因果律平行世界といったSF用語を駆使しつつ語られました。
曰く、ほむほむのループによっていくつもの平行世界の因果が収束されることになったと。
そしてその結果、まどかは途方も無い魔力を手に入れることになった。
なるほど確かに、当ブログで提唱しているアカシックパンツ論を援用すれば一定の理解が得られます。
つまり、ほむほむがループすることによって、その都度まどかのパンツには味や匂いが蓄積されていく、という理屈ですね。

また、この回では、ほむほむとワルプルギスの夜との死闘が描かれもしました。
最終話との連続放送だったこともあり、派手なラストに目が奪われがちではありますが、このバトルシーンもなかなかに面白かったのではないでしょうか。

そして最後、ほむほむの魔力が尽き、グリーフシードも真っ黒に染まろうかという中、ついにまどかが戦場へとあらわれ――――というところで最終回へ。
この流れも、連続して見ると印象が薄れがちですが、仮にここから一週間の間おあずけ状態になると思うと、ハッピーエンドにもバッドエンドにも転がりそうな、次回への想像を掻き立てられるいい切り方でしたよね。


―― 一方そのころリオとリナは最後のゲートバトルを繰り広げていた。

rio2.jpg

rio3_20110423040155.jpg


いよいよもって最終回、まどかはついに魔法少女になることを宣言するわけでありますが、ここで注目されたのは契約に際しての「願い」の内容でした。
まどかが魔法少女になる場合の願いの内容は、多くの人によって様々な予想がなされていましたが、その答えは、「過去から未来すべての魔女を生まれなくする」というもの、つまり、魔法少女→魔女というシステムそのものの破壊でした。

その際、まどかは過去から未来すべての魔法少女の希望/絶望をかいま見、また、ほむほむのループの歴史も視認することになります。
ほむほむの行いがようやく報われるとともに、まどかのパンツを盗んだり靴下の匂いを嗅いだりしていたこともバレバレユカイです。
しかし、まどかはそれらの行為すらも受け入れ、「希望」に変えてしまうのです。


―― 一方、リオとリナはそれぞれの過去と向き合っていた。

rio7_20110423040213.jpg


そしてついに、まどかによる時空改変が始まります。
世界中にそげぶ弾幕をバラ撒き、絶望に染まる魔法少女たちを救済していきます。
卑弥呼(らしき少女)やクレオパトラ(らしき少女)やジャンヌ・ダルク(らしき少女)、果てはヴァルキュリア(的な少女)など、歴史の教科書に載っているような人物が実は魔法少女であったと思わせる演出はベタながら面白かったですよね。


―― 時を同じくしてリオはゲートバトルに勝利、ついにレインボーゲートが起動。

rio4_20110423040155.jpg


すべての絶望を希望に変え、魔法少女→魔女というシステムは根本から書き換えられます。
宇宙の再編という途方も無い作業が行われるわけです。
(その際には、ほむほむとのニュータイプ会話が行われるなど、「お約束ごと」も決して忘れません。)


―― その時、リオはアルティメットロールルーラーを発動し、世界中にラッキーをバラ撒いていた。

rio1_20110423040156.jpg


果たして、まどかの「願い」は成就され、世界中の魔法少女は救済されたのでした。
もっとも、これが「救済」と呼べるのか否かは解釈が分かれるところかもしれません。
なぜならば、魔法少女→黒化→死という根本的な問題は解決されず、また、そうした問題を解決してしまう(具体的には、さやかが死なないようにする)と、今度は世界の歴史そのものが変わってしまうというパラドックスに陥るのです。


―― ちょうどその頃、リオの「願い」が成就され、世界同時多発ラッキーによって世界中の人々が救済された。

rio8_20110423040213.jpg

rio9_20110423040213.jpg

rio6_20110423040153.jpg


さて、こうして振り返ってみると、「まどか☆マギカ」において描かれた「世界救済」は、あくまで「魔法少女」に対する救いであり、一般人(特に、この作品においてはゴミクズ以下の存在としてしか描かれなかった「男」)にとっては感知することのできない、身も蓋もない言い方をすれば「ありがたみを感じづらい」救済システムでした。
まどかが救ったのはセカイではなく魔法少女だったわけです。

一方、「Rio RainbowGate!」では、セカイ中の人間に認識される形ですべてをダイレクトに救済してみせました。
Rioによる世界救済(=世界同時多発ラッキー)は、一人一人それぞれの事情に考慮した救いの道、言わば幸福の個別指導でありました。
過去、人知れずセカイを救っていたヒーローは沢山いましたが、公衆の面前であれだけの規模の幸福を撒き散らしたのはRioが初めてなのではないでしょうか。

また、まどかの魔法少女救済のプロセスは、過去(及び未来)の因果に干渉し既存のシステムを書き換えるというものでしたが、Rioの場合は、過去も未来も変えることなく、現在の「ありのままの世界」を「そのままの形」で救ってしまいました。
しかも、実質的には「自己犠牲」によって成り立ったまどかの「願い」とは真逆に、Rioは一切の犠牲を払うことなく世界救済を成立させてしまったわけです。

そしてなにより、そうしたプロセスを、因果律だの平行世界だのループだのエントロピーだの謎の白い液体だのといった使い古しのSF用語に頼ることなく、「資質」というたった一言ですべてを乗り切ってしまった「Rio RainbowGate!」こそが、冬期アニメの覇権を握る作品であると強く断言したく思います。

まどかマギカという作品は、時に「エヴァンゲRioン」なんかと比較されもしますが、何のことはない、世界同時多発ラッキーによって人類補完計画を上書き/克服し、誰よりも、視聴者たる我々を救済してくれたのは他ならぬRioだったのです。
2011年、我々はついに、Rioによって「セカイ系」の呪縛から解放されました。


以上、「緊急特集・Rio RainbowGate!――最後に救われたのは誰だったのか――」でした。













にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

釣られたクマー(棒)

まどかの救済って、パチンコで例えれば2通ありのバトルスペックを出玉有のNewバトルスペック(潜伏もループもあるんだよ)に変えた程度なんですよね、実際のところ。
一方、リオがURRを発動して起こした「世界同時ラッキー」は、「物事見てからハッピー余裕でした」というファンタジスタぶりw

パチスロ原作なのに権利=搾取の因果越えてますよ…
Rio「はい」

2011.04.23 | URL | フル・風呂 #- [ 編集 ]

いやほんと、まどかマギカの最終回を見て感じたのはRioの圧倒的な余裕と慈悲深さでありまして。
比較として、まどかはAパートで世界に救済弾幕をバラ撒いてBパートでほむほむやさやかなどの個人を処理したのに対し、Rioでは前半でリナ個人を救済したあとで世界救済を行ってるんですよね。
このあたりにも何かしらの意義を見出すことは可能なはず。

2011.04.23 | URL | Peace-AK #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)

窮地に陥った暁美ほむらを救うべく、鹿目まどかが選んだ道は、自ら魔法少女になること。そして、鹿目まどかの命の代償としての願いは

ゼロから | 2011.04.24

リボンと弓矢が、二人の絆。 というわけで、 「魔法少女まどか☆マギカ」12話(最終回) 少女よ希望となれの巻。 全ての因果を肩代わり。 断ち切るのではなく、引き受けるという結論に感じ入った。 ...

アニメ徒然草 | 2011.04.29
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。